« January 2013 | Main

May 25, 2013

野球をするお花たち

 写真も結構撮影しているのですが、マンネリから脱却することができません (^^;

 ならば、たまには息抜きです。

 ちょうど1年前は、「森を泳ぐ魚たち」をUPしましたが、今年は、「野球をするお花たち」です。あまりにバカバカしいと言って外野からモノを投げないでくださいね (^^;

 

 
 

ピッチャー、優雅なサイドスローで投げました。

 

 
 

あ!!、デッドボール

 

 
 

ドンマイ、ドンマイ、気楽に行こう

 

 

 
 

ノーアウトランナー一塁

 
リーリー、リーリー、フレーフレー

 

 

 
 

ランナーサードへ滑り込み、セーフ

 

 

 
 

緊張の場面、ピッチャー暴投、キャッチャー取れません。

 

 
 

バッター振り逃げ

 

 
 

サードランナー余裕でホームイン

 

 
 

ゲームセット

 

勝者には綿毛のトロフィーが授与されました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、未定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2013

NEX 用 Planar Lense 2/45

 前回(昨日)のブログでは「とてもコンパクトなのに 2/45 のシャープさと柔らかさの混在にびっくりしてしまい、・・・」と記載しましたが、2/45 の写真は無かったので、今日(2013.5.6)撮影した写真をUPします。

 
 写真は、RAW を LightRoom で現像し彩度の調整などをしています。なお、シャープは0(シャープを掛けない)としています。

 


 

 
■ Contax G 用 Planar 2/45 レンズのフィールド写真

 
 撮影は、NEX-7 ISO400 で Kenko さんの中間リング 10+16mm を入れています。

 


タンポポのUPです。 f2.8

 


上の写真の中央付近の等倍です(クリックして拡大された写真が等倍となります)

 

 

 
 等倍で見ると花粉の丸いツブも見えて解像感が十分にありながら、溶けて行くようなボケが画像を柔らかく見せています。撮影後の再生拡大画面を見ると「おー、よしよし」と写真としての出来に関係なくうれしくなってしまいます (^^;

 
 このレンズは APS-C で使うと短めの中望遠レンズ(35mm 換算で 67.5mm レンズに相当)なので、中間リングの付けはずしが面倒ですが、f2.0 という大口径中望遠マクロレンズの代わりになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、未定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2013

NEX 用 Planar Lenses

 ブログを長期間ご無沙汰していますが、連休なのにどこへも出かけなかったので、レンズの写真と、今日入手したレンズの試し撮りをしました。

 
 本ページの写真は、全て RAW を LightRoom で現像し彩度の調整などをしています。なお、シャープは0(シャープを掛けない)としています。後述しますが、Contax G 用の Planar 2/35 画像は全て色収差補正をしています。

 
 普段は、NEX-7 で花・植物の写真を撮っているので、使うレンズは Carl Zeiss の Planar(プラナー)レンズが気に入っています。そして、先日入手した Contax G シリーズ用の Planar 45mm f2 があまりに素晴らしかったので、勢いで Contax G シリーズ用の Planar 35mm f2 レンズも購入してしまいました。


 
 Planar 35mm f2 は、本日到着です。


 
 しかし、2/35 は、ネットでの評判ではピントが甘いなど良くない意見も少なくないため、簡単な撮影でのレンズチェックを兼ねることにしました。

 

 

 
■ NEX-7 で使用できる手持ちの Planar 群

 
 Planar レンズは、30年ほど前から持っていたものから、今日届いたものまで、総勢11本ありました。(全てマウントアダプターで NEX に取付ます)

 
 先ずは、11本全部の写真です。Nikon D800E にレンズは30年ほど前に当時中古で購入したマイクロニッコール 55mm f3.5 レンズでの撮影です。



NEX-7 で使える Planar 群 3.5/55 f11 ISO100


 
 並べて見ると、レンズのコーディングの色がいろいろあり、面白いです。

 

 

 
 次に、本日入手した Planar 2/35 での撮影です(35mm 換算で 52.5mm 相当となります)。

 
 流石に、APS-C の NEX-7 で f11 での撮影は小絞りボケぎみなので f8 で撮影し LightRoom で 1/2 減感しました。

 


Contax G 用 2/35 f8 半段減感 ISO100

 

 

 
 D800E + 3.5/55 での画像と NEX-7 + 2/35 の画像を比較すると、NEX-7 + 2/35 の画像のレンズの白文字が少しハレーションを起こし幾分甘いことが分かります。また、露出オーバーから減感しているのでハイライト側が少し大きいようです。

 

 
 しかし、この差はボディー側の差(ローパスキャンセル vs ローパス入り、またそもそも画像サイズが D800E の 7360x4912 と NEX-7 の 6000x4000 などといろいろと違います)も影響していると思われます。以下に中央に置いた C/Y Planar 1.4/85 のシリアル番号付近を等倍で左右にならべてみます。

 
 この撮影で、Planar 2/35 は色収差が僅かに出ることが分かりました。LigthRoom の色収差修正で簡単に消えたので、このページでの 2/35 の画像は全て色収差処理をしています。(本当にごくわずかなマゼンタのため補正前の画像提示は省略いたします)


 


左 D800E+3.5/55、右 NEX-7+2/35 いづれも等倍

 

 

 
■ Contax G 用 Planar 2/35 レンズのフィールド写真

 
 本日(2013.5.5)の夕方5時ごろなので少し条件が悪いのですが、フィールドテストを行いました。以下、全て NEX-7 ISO400 です。

 
 私の撮影はほとんどが花・植物のクローズアップなので、必要に応じて Kenko さんの NEX 用中間リング 10mm と 16mm を入れての撮影です。

 

 
1.近接テスト1

 


f2.8

 
 ボケがとてもきれいで、解像感も十分です。色のりも彩度を少し上げていますが、十分です。

 

 
2.中間リングなしの最短距離付近

 

 
f2.8 左:全体 f2.8、右:中央部等倍

 
 この位の距離では前ボケにかなりきつい2線ボケがでました。しかし、後ボケはきれいです。解像感は十分です。f2.8 ではまだコントラストが幾分低く解像度が高いレンズのようです。

 

 
3.近接テスト2

 


f2.8

 
 タンポポの綿毛です。Planar レンズはこのような柔らかい描写をしてくれるので大好きです。

 
 余談ですが、通常撮影で非常にシャープで名レンズの SONY 50mm f1.8 はこのような中間リングを入れた近接撮影では綿毛がワイヤーブラシのような硬質感が出てしまうことが多いように思います(絞るとてきめんです)。このため硬質感なく表現出来そうな Contax G 用 Planar 2/45 を手に入れてみようと思い、とてもコンパクトなのに 2/45 のシャープさと柔らかさの混在にびっくりしてしまい、勢いで 2/35 まで買ってしまったという訳です。(私の買った 2/45 が当り玉だったのかもしれませんが・・・)

 

 
4.近接テスト3

 


f2.8

 
 かなり綿毛の抜けてしまったタンポポです。この写真の解像感は今一つですが、このソフトな表現はやはり Planar そのものです。

 

 
5.中遠景テスト

 

 
f4 左:全体、右:中央部等倍

 
 撮影場所を見上げると高圧電線の鉄塔が立っていました。チョロスナです。あまり明るくないのでマイナス補正でシャッタースピードを稼ぎ、現像で増感(+0.7 位)しています。

 少し絞っているためと夕方で日が弱いためかディテールが予想以上に良く出ています。現像でノイズ低減処理をいていないので少しザラザラしていますが(ISO400 でもアンダーで撮影するとこうなります)これだけ見えれば私には十分です。

 

 

 

 
■ まとめ

 
 今回私の入手した Contax G 用の Planar 2/35 レンズは、花・植物の写真を多く撮る私には十分高性能なレンズだと分かりました。

 使用感も 2/45 とあまり変わりません(焦点距離が短いだけワーキングディスタンスが短いのと当然画角が広いので背景の整理も大変になってきます)。また、NEX-7 の撮影後の再生拡大画像でシャープさに驚く率は、G 用 2/45 や E マウント純正の Sonnar E 24mm F1.8 に少し劣る気がしますが、近接撮影で十分使える良いレンズした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、未定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main