« June 2012 | Main | August 2012 »

July 29, 2012

増殖する Speaker(夏休みではないけれど工作もどき)

 遠い遠い昔、40年近く前の渋谷のヤマハは、オーディオコーナーがありオーディオ機器を販売していました。そのコーナーが閉鎖になるということで在庫放出セールがありました。

 
 当時学生で、当時新品は8万円程度(だったと記憶していますが・・・)なのでとても買えずあきらめていたスピーカーが、在庫品販売ということで4万5千円程度で販売されることになりました。それが、タンノイ IIILZ でした。当時すでに不人気機種だったので売れてしまうことはないと思い込み、時間がとれたセール2日目の開店時間に何とかかき集めたお金を持って出かけました。

 
 結果は、見事撃沈でした。

 
 当時、長岡鉄男氏の最初代位のバックロードホーンスピーカーを自作し、フォスター20cmフルレンジとヤマハの 0506 ホーンツイーターで聴いていたのですが、定位が抜群によく、細かい音まで良く聴こえ素晴らしい音なのですが、音楽性に乏しいような気がして海外の名スピーカーを自分のシステムとして聴いてみたいと思っていたころの出来事でした。

 
 タンノイを買い損なったことが、その後 JBL で自作スピーカーの道を進むことになったと言って良いと思うのですが、IIILZ へのあこがれは心の中へトゲが刺さったように残り今に至ります。

 
 IIILZ を含め古い TANNOY スピーカーはキャビネットを鳴らし音楽性を補っていると言われ、それの性能が発揮するのはイギリス製のオリジナルBOXでしか出ないと言われていました。当時ヤマハで売られていたのはオリジナル箱なのか、国産のレプリカなのかは今となっては不明ですが(記憶の価格を考えるとレプリカの可能性が高いですが)、オークションなどで IIILZ のオリジナルBOX入りのモデルは20万円位で出品され、さすがにコストパフォーマンスが悪い懐古趣味になってしまうので主に経済的な理由で手を出さないまま今まで来てしまいました。

 
 今回、IIILZ のユニットだけですが(ネットワークや箱はありません)、何とか入手する機会に恵まれ、積年の心のトゲが抜けるかもしれない機会が訪れました。倹約生活に入ったにも関わらずこれを逃すと一生後悔するという思いで・・・ (^^;

 

 
 と、長い前置きですが、金曜の晩から土曜日一杯を使って夏休み前の「夏休みではないけれど工作もどき」を始めました。

 

 

 先にも書いたとおり、昔の TANNOY は箱を鳴らして音に響きを付け音楽表現を加えている、と言って良い方式のスピーカーシステムなので箱の作り方は結構難しいことが分かっています。これは、コンサートホールの床材のような音響効果で録音にもそのような効果音は含まれているハズですが、目前で箱が響くことで再生環境で心地よく聴こえる理由ではないかと考えています。ダイヤトーン DS-A5 もそのような考えのスピーカーでBOXを楽器用素材で作っています。また、有名な TANNOY オートグラフは、12mm のラワンの単板で作られているそうなので自作素材や板の厚み、大きさや方式も大いに研究の余地があります。また、1ユニットですが、低音と高音の同軸 2way でネットワークも工夫が必要なのかもしれないなど、自作にはなかなか手ごわいユニットです。また、ユニット自体も古いしいつ壊れても(コーン紙も破れるかもしれない)おかしくない状態です。

 

 
 という訳で、考えて分かるものではないことが分かっていますので、考えなしに普通の箱に入れ、ネットワークも推奨クロス 1.2kHz(本当は 1.5kHz?) の -12dB/oct のバスレフで作り味見(様子見)をすることにしました。

 

 
 箱の大きさはあまり場所をとらず少しコンパクトでシナ合板3x6で1台分になる箱を適当に設計し、東急ハンズさんにカットを依頼しました。本当はBOXのレシオは厚みが少ないバッフル板の大きい方が向いていると言われていますが、置き場などのスペースの関係でバッフル板を小さくしました。このため、少しキューブスタイルとなり内部で定在波が出やすい形ですが、構わず強行しました。

 


届いたカット済み材料(21mm 厚です)

 

 
 バスレフポートの高さは16mmと薄く 80Hz 位を補うような条件です。今までの自作スピーカーでの低音が出ない現象が多いので、無理に下に伸ばさず 100Hz 以下を充実させようと考えました。

 

 
写真 左:側板天地板を DS-A5 改を重しとして接着
写真 右:ナットを打ち込んだバッフル板とアッテネーターを付けた背面板

 

 
 ネットワーク回路は大きめのガラエポ基板にターミナルを付けてバラック空中配線です。このターミナルのおかげで、ユニットへコードをハンダ付けしても(ユニットとの接続用の4Pプラグが無いのでハンダ付けしています)ネットワークと取り外しが出来るようになりました。

 
 ネットワークの素子類は接着しようと思ったのですが、部品交換を視野に入れ(後から交換できるように)荷造りひもで縛り振動しないように抑えつけました(コイル1つのみ接着しています)。

 

 
写真 左:基板に部品を付けたところ、写真 右:荷造りひもで固定し背面からのコードと接続

 
 最終固定の前に、ネットワークなどに異常がないかの確認です。ユニット到着後のチェックのためのスイープジェネレーターからの入力以降、初の音出しです。悪くありません。

 


外付けマイクを付けた iPhone での簡易観察です

 
 IIILZ ユニットは、こんな感じです。

 

 
内部の配線はベルデン 8470 です。この後、背面板を接着します

 
 背面板を接着し数時間放置し、バスレフポートの上にニードルフエルトをひきその上にネットワーク基板を銅クギで固定しています。その後バッフル板を接着しました。おもり代わりはここでも DS-A5 改です。

 


バスレフダクト端面は手抜きです (^^;

 
 ユニットをネジ止めする前にグラスウールを入れ、スタンドに載せて試聴です。新・秘密基地は少しスペースに余裕があります。

 


一つ目小僧みたいです (^^;

 

 

 
 早速音出しです。

 
 ごめんなさい、謝ってしまいます。TANNOY をなめていました。コーン紙がかなり古そうでちょっと心配な部分もあったのですが、まだそこそこしっかりしています。

 
 他の新しいブックシェルフ型スピーカーやメインで使っているようなマルチウエイの大きなシステムのようなライブ感などとは違う臨場感ですが、音の分解や定位など非常に良い線いっています。

 
 もっと古臭く抜けは悪いものの高調波が出て響き感のようなモノが出るスピーカーだと思っていましたが、全く間違いでした。何を鳴らして美しくレンジ広い音で鳴らしてしまう B&W PM1 のような美音系とは明らかに違い、どちらかと言えば JBL の音にかなり近いです。甘いところなんてありません。しっかりとした低音で全体にソリッドに響きます。良い録音の楽曲が良く聴こえるようですが、新しいから良い、ハイレゾだから良い、という訳ではなく、ソースと相性があるようです。また、再生音量が大きいと比較的なんでも良く聴こえるようです。ユニットの再生リニアリティが落ちているのかもしれませんが、現在の状況で自分の環境では十分です。

 
 音を聴き、改めて IIILZ を思い出すとこれはモニターゴールドです。このユニットは本来モニター用で、たまたま弦楽器の再生が得意だと評判が立っただけのように思いました。

 
 なお、低音は予想に反しすごく出るので今回のバスレフ設定では低音が出過ぎでした。また箱形状のためと思いますが低音がブーミー(過剰に響く)になってしまうのでポートにニードルフエルトを差し込んだところブーミーさは消えました。なお、重低音のチェックに使っている Avril Lavigne の Sk8er Boi では重低音は聴こえませんでした。しかし、低音は締りが良くパルシブで大したものです。

 
 今回のユニットは古く使い込まれたと思われるものなので、ユニットのエージングというのは無いと思いますが、ネットワークは今回新しく自作したのでコンデンサーなどがエージング効果がありそうです。鳴らし始めは少し聴きづらい感じがありましたがどんどん聴きやすくなり明らかに音が変わっているので、エージングはしばらく続けた方が良さそうです。

 
 想像していたのと全く違いはるかにモダンなモニターライクな音でした。また、弦楽器の再生が良いというのは意識に刷り込みがあるためそう聴こえるのかもしれませんが、確かにクラシックの弦の響きが美しく聴きやすく感じました。今回のBOXはテスト用と割り切るつもりでしたが、十分に良く聴こえるのでしばらくこのまま使ってみようと思います。

 

 積年のリベンジを果たしたような気分になりました。

 
 工作とユニットは、大成功でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、未定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2012

増殖する SONY

 ドッグランの迷犬タルト号の写真には Nikon 1 V1 J1 が動体への AF 特性が良いので使い易いのですが、小さく薄いハズの J1 も薄型レンズ 2.8/10 を付けると結局通勤のカバンの膨らみにガマンできなくなってしまいました。その結果、RX100 を衝動買いしてしまいました。

 
 昔から結構こだわり、画角は 24mm(35m 相当)位広くないと使えないとか、レンズは明るくないとダメだとか、いろいろ思うところはあったのですが、結局そのようなこだわりは無視してしてしまうほど魅力的に感じてしまいました。

 
 今まで、NEX-3、NEX-7 と続き、今回は RX100 とジワジワと SONY 増殖中です。

 
 Nikon 1 と同じ1型センサーで 2,000万画素で、見たところの作りも良く、ライカみたいで気に入ってしまいました。

 
 またジャパンホビーツールさんから RX100 用のライカ風のグッタペルカ(人工皮)が発売されていたので購入し貼り付けました。また、ストラップは、以前自作した( 荒くれランヤード)パラシュートコードを使っての自作です。カラビナでストラップが分離出来るので、肩掛けスタイルも左側ストラップを外しリストストラップにも使えます。

 
 カメラの外観写真を撮り忘れてしばらく使っていましたが、数週間ですっかりキスだらけです。

 
 RX100 を NEX-7 に f1.8 の 50mm レンズ E50 で撮影してみました。

 

 


NEX-7 に E50 での撮影です f9.0 ISO800

 

 


NEX-7 に E50 での撮影です f9.0 ISO800

 
 RX100 の話ではありませんが、上の写真を撮った NEX-7 に付けた E50 はかなり良い描写をします。SONY さんのレンズ技術も結構良いようで、RX100 のレンズも同様になかなか良いです。E50 は Carl Zeiss ではありませんが、RX100 は Carl Zeiss T* レンズです。

 
 RAW 現像で色収差補正を忘れたので色収差が目立ちます (^^; またちょっと照明の調整に手を抜き ISO800 で撮影したため画像が少し荒れていますが、それらを割り引いてもも E50 は良く写ります。

 

 

 
写真いずれも、公園で迷犬タルト号 37.1mm トリミングしています

 
 ドッグランでの撮影も試みましたが、私の腕では動く迷犬タルト号の撮影はちょっとムリなことが分かりました。ここは Nikon 1 か 1.8/50G を付けた D800E でしょう。しかし、迷犬タルト号も止まっていてくれれば、十分に良く写ります。

 


ISO 800 です

 

 
 高感度もそこそこ使えるようですが、とりあえず ISO800 あたりまでで使っています。また、このカメラは Nikon 1 レンズの 10-30 ズームの 30mm 側が結構寄れるのに対し、RX100 は望遠側は寄りに弱いので花・植物の写真には全く向きません。クローズアップレンズ手持ちといったワザを使うと少しは出来るかもしれませんが、・・・・。

 

 


 
 今年に入り写真関連機材でだいぶ散財してしまったので、しばらく倹約生活に入ります (^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、未定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 15, 2012

ダイヤトーン DS-A5 ウーハー交換 その2

 新・秘密基地のスピーカー DS-A5 のウーハーを交換しましたが、先週やり残してしまったことを今回追補として実施しました。

 
 先週からチェックを続けていましたが、高音が少しキツく簡易スペアナの iPhone +高性能マイクで測定すると 5kHz 以上が 10dB 以上盛り上がる高音過多状態で、さらに、大きい音も耐性が弱い(すぐに破綻する)傾向でウーハー止めネジ2本はやはり弱いようだ、ということが分かってきました。

 
 これらのことからツイーターはアッテネーターを入れないとダメ、交換したウーハーのネジはきちんと4本止めないとダメなことが分かりました。

 
 アッテネーターは秋葉原へ買いに行くつもりでしたが、配線の改造が結構面倒なので、徹底して手抜きの方法は無いかと考えた末、ツイーターの出力を物理的に遮って音圧を減らすことにしました。

 
 ツイーター全体を何かで覆ってしまうと超高域が落ちてしまうので、スリットを入れツイーター中心部は遮蔽のない紙で数日テストしてみました。これが思ったより良いことが分かったので、使わないデーターCDを使ってツイーターの前にテープ止めし、遮蔽物としてみました。CDは中央に穴があいているので、ツイーターの超高音域は出てくるハズです。遮蔽効果は十分にありツイーターの音圧は明らかに下がることが分かりました。

 
 ウーハーのネジ止めはこのウーハーがネジ6本仕様のフランジなので、アルミのフランジに電気ドリルで穴を明けて先週まで2本だったネジ止めを4本に増やしました。

 


聴いているときはネットがあるので、この姿は見ないで済みます

 

 
 見た目はちょっと・・・、ですが音は凄いです。iPhone + マイクでの簡易スペアナでは見事に5kHz 以上の盛り上がりが消えました。かなり良いです。

 
 今回は、アンプの故障から貴重なダイヤトーン DS-A5 のウーハーを壊してしまうというアクシデントに見舞われましたが、安価な代用ウーハー(2本で1万円しません)で素晴らしい音に生まれ変わりました。なお、残念ながらオリジナルの音とは似ても似つかない音ではありますが、非常に反応の良い音でこちらの方が好みです。

 
 弦楽器の細かい表現も以前より良く分かります。ハーモニーも綺麗で以前より美しく分解して聴こえます。大きい音を出してもかなり気持ち良いです(うるさくありません)。低音は 13cm ウーハーなので重低音はそもそも期待できませんが、チェック音源に使っている Avril Lavigne の Sk8er Boi で確認すると、重低音はかすかに聴こえるような気がする程度なのでやはり全く出ないと言って良いのですが、80Hz 程度の低音ならかなり出ているようです。

 
 サブウーハーシステムは、2本にして通常のウーハー仕様にしてしまったので、現時点では DS-A5 にサブウーハーを加えることが出来ませんが、とりあえず 100Hz 以下が少し出ているようなので(iPhone 用マイクでは低音が良く測れないので経験的な勘ですが・・・)しばらくはサブウーハーなしで聴いてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、未定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2012

ダイヤトーン DS-A5 ウーハー交換

 秘密基地を今までより少し大きい場所に引っ越すことにして移動を開始しました。先ずは、ダイヤトーン DS-A5 と月刊 Stereo 誌の付録アンプ、音源のノートPCを移動し、音だしをしました。

 DS-A5 は秘密基地で愛用し、ポリメイト処理で低音も出だしで調子の良かったのですが、部屋が少し大きくなったのでこちらでは付録アンプでは少しパワー感が不足気味に感じたため、よりパワーがある Counerpoint Sold M1 で鳴らすことにしました。

 Counerpoint Sold M1 は秘密基地でのデジタル 3way(6ch)マルチアンプ駆動でミッドバスに使っている MG-850 用でそこそこの頻度で使ってるモノで、今回はマルチアンプシステムの方はまだ設置スペースが確保できないため、DS-A5 だけで音を出しました。


 初日は快調で、スピーカーのセッティングにちょっと問題はあるものの十分に使える感触でかなり期待出来ることが分かりました。

 

 
 ところが、翌日、いつものようにPC起動電源入れなど行いPC音源から信号を出しているのですが、電源投入時にポツポツ、ガリガリと小さなノイズが出ただけで音が出ません。

 気が付くと、Counterpoint の電源インジケーターランプが点灯していません。

 昨日まで普通に使っていたアンプが壊れてしまいました。

 気を取り直して、アンプを月刊ステレオ誌の付録アンプにつなぎ換え、音だししてみたところ、シャカシャカする音しか出なくなってしまいました。

 なんと、DS-A5 のウーハーから音が出ません。アンプの故障の時にスピーカーを壊してしまったようです。

 とりあえず新秘密基地では Spendor S3/5 と付録アンプでしのぐことになりましたが、DS-A5 とアンプをどうするかが問題です。
 

 

 アンプの修理は手に負えないので、ホーム商会さんに持ち込み修理依頼中です(直ると良いのですが・・・)。

 
 問題は、スピーカーです。ユニットを外してみるとバスレフポートからでは分からなかったベークライトを焦がしたような嫌な臭いがします。またウーハーを押すとザラザラとボイスコイルがギャップに当る音がします。ウーハー端子間の導通を測ると導通が無いのでボイスコイルが断線しているようです。

 

 
写真左:ウーハー周囲のネジを目隠ししているセーム皮のような素材を剥がしネジを抜こうとしているところ。
写真右:オーハー周囲は綿で囲ってあります。端子部分の綿が外せたのでそこを外してテスターをあてました。

 

 
 この症状で各所に問い合わせしたりネットでメール問い合わせしましたが、交換用部品はメーカーには残っていない(念のため三菱電機さんにまで問い合わせしましたが、部品は無いとのことでした)という状況で、分かったことは、1本2万円以上かければ音が出るような修理は出来るが元のような音にならないだろう、ということでした。

 このスピーカーはエンクロージャー(BOX)にとても良い素材を使っているので、捨てるにはもったいないし、ウーハー修理に5万円程度かけるのなら、中古が買えてしまう位です。

 ということで、ダメ元でウーハーを他のユニットに交換してみることにしました。

 
 取付上で問題となるのは、BOX側がウーハーフランジ部分を凹ませていることで、ここに入りそうなウーハーはいくつかあったのですが、いずれも1mm程度大きく、BOXを削るかユニットのフランジを削るかしないと使えそうもありません。また低音性能も f0 が少し高めだったので気に入りません。

 
 そんなことで、BOXの座ぐり部分は無視して上から止める方法にすることにしてユニットはサイズが似ている普通の13cmウーハーの Hi-Vi Research F5 (中国製のケブラー入りコーン紙タイプのミッドバスに近いウーハーです)にしました。特性は、オリジナルウーハーが6Ωで、F5 は8Ωですが、特性表を見ると最低インピーダンスは6Ω程度なのでオリジナルのネットワーク特性は大幅には狂わないだろうと見込みました。

 
 ウーハーとBOXの間に座ぐりがあることはBOXの空気が漏れる可能性が高いことです。バスレフなので少しいい加減でも良いとは思いますが、それでも通気する可能性が高いことはいただけません。このため、この部分をシールするスペーサーを作り隙間に入れることにしました。

 
 曲線切りを依頼できるところを探したのですが見つからなかったため自分でジグソーを買ってカットすることにしました。また、板はシナベニヤのような合板が良かったのですが、凹みが 5mm のところ板厚が 5.5mm なので、東急ハンズさんで探すと 5mm のアガチスの単板があったので、スピーカーの入る丸穴だけくり抜いてもらい、周囲を自分でジグソーでカットすることにしました。

 


カットしてもらった板にガイドラインを貼った状態と買ったジグソー

 

 

 
 単板は木目から割れるというリスクがあり、カット中に一部が割れてしまい破片を接着剤で付けるなどアクシデントがありました。

 
割れた破片、カット後ガイドラインのスピーカー穴の紙を切り抜いた状態

 

 
 ガイドラインの紙はボロボロですが、板のカット面はそこそこ綺麗になっています。

 

 元のスピーカーの凹み部分に入れてとりあえずエア漏れ防止のスペーサーの役には立ちそうです。
 


スペーサーが大きく出来てしまうと面倒なので小さ目に作ったので、本当に小さ目ですが良しとしましょう。

 

 

 
 ここで、新ウーハーのネジピッチ径(PCD)が旧ウーハーのピッチに非常に近いので、ネジ止めは従来のBOXのネジ穴を使うことにしました。しかし、新しいスピーカーの止めネジ穴は6ヶ所で、2ヶ所以外は新ウーハーのフランジに新たに穴を明けて止める方法としました。新ウーハーの他の4ヶ所の穴はBOXの座ぐり部分に半分かかってしまうため下穴が明けられません(キリが逃げてへんなところに穴が明いてしまいます)。

 
 しかし、とりあえず2本のネジで止めて音だしをしたところ、思ったよりしっかり止まっているので、それほど大きな音を出す訳でもないので、フランジへの追加穴明けは後日に回し、この2本固定で様子を見ることにしました。(スペーサーには下穴φ4.5を明けています、片側はφ5に広げようとしたところスペーサーの穴の部分が割れてしまいました。しかし、割れは僅かなので無視してスペーサーとして使っています。)

 


現在のところ、ウーハーは2本止めです。


 

 

 
 試聴結果は、予想以上に上出来で、大成功の雰囲気があります。半日音を出した様子では、ツイーターのレベルが少し高いようで、高域の音の分解が必要以上に良くなっていますが、全体に「音の分解能がかなり高い」、「立ち上がり良く反応が非常に良い」、「定位が非常に良い」、「低音はそこそこ出る」とかなり良いです。しかし、従来のウーハーの特長だった音の厚みのある広がりはあまり感じられません。しかし、定位が良くなったのと音の広がりもちゃんとスピーカーの外側まで広がるので音の厚み感が少ないだけで音が広がらない訳ではありません。DS-A5 とは完全に別モノといった感じはしますが、これはこれでオリジナルの DS-A5 より良いのでは、と思うような現代的な音がでています。

 

 
 将来、必要に応じてツイーターにアッテネーターを追加する、ウーハーフランジに穴を明け、ネジを4本止めにする、ということなどを行いたいと思います。また、f特などの特性がまだ取れていませんが、これらもおいおい測定するなどいろいろやってみたいと思います。

 
 今回は、ネットワークが焼損していないようだったので、ウーハーの交換で何とか DS-A5 を再利用する道が見えましたが、古いアンプは壊れると今回のようにスピーカーを道連れにすることも有るので(フューズは3本とも切れていなかった)、ビンテージオーディオも結構なリスクがあることを実感しました。

 
 このスペーサー方式は、オリナルのBOXをほとんど傷めずにウーハーが乗せ換えられるので、10cmなど小さいウーハーを使えばスペーサーだけ別に作ることでウーハーユニットの交換があまり苦にならずにできそうです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、未定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »