« 迷犬タルト号の「待て」 | Main | ダイヤトーン DS-A5 ウーハー交換 »

June 17, 2012

増殖する Nikon

 迷犬タルト号の写真は、D800E での撮影で AF がとても良く合焦精度が高かったことと、NEX-7 の AF では迷犬タルト号の動きに追従できず、合焦精度があまり良くないため、撮像素子に位相差 AF 素子を組み込み合焦精度を高めた Nikon さんの 1 シリーズを使ってみることにしました。

 
 迷犬タルト号は、9kg 程度の小型犬なので、昨日9才のお誕生日を迎えた歳にもかかわらず良く走り良く遊びます。ドックランでは、動きが比較的早くどこへ行くか予測が付け辛く、また小さいのでカメラは片手で腰をかがめて小走りで追わないと追いつきません。そんな状態なので液晶モニターは見えないし、シャッターを押してもピントがなかなか合わないため、案外難しい被写体です。

 
 という訳で、D800E ほどを期待することは出来ませんが、通常のコンデジやミラーレス一眼のコントラスト AF より早いのならば今までよりもシャッターチャンスが増えるかもしれないと期待して Nikon 1 シリーズを購入してみました。

 
 このカメラは発売後しばらくは結構良いお値段でしたが、今は、1000万画素クラスのコンパクトの部類相応の価格に低下しているので買い易くなっています。

 
 初め迷犬タルト号の写真と通勤時でも持って歩けるようにと 2.8/10mm レンズ付きの V1 を購入したのですが、思ったより大きく厚いため通勤カバンに入れると膨らんでしまうので、後日 J1 を買い足しました。

 
 また、使う可能性は低いのですが、歴代のニッコールレンズが使えそうで面白そうというだけの理由で、マウントアダプター FT1 も買ってしまいました。なお、購入してみて初めて一部のニッコールレンズは取付かないことが分かりました ・・・(^^;

 

 


左:Leica 2.8/60 を FT-1 で付けた J1、右:10-30mm を付けた V1

 
 J1 と V1 は微妙に仕様が違い、V1 にあるイメージセンサークリーニングは J1 に無いかわりにプロテクトガラスがイメージセンサーのかなり手前にありダストの影響が出にくくなっていたり、J1 にはストロボがあるのに V1 にはなかったりと J1 は V1 から電子ビューファインダーを除いただけではありませんでした。連続撮影時の撮影可能最大枚数も少し違うようです。

 
 ドッグランに向かって一直線に向かう迷犬タルト号です。しかし、いつもこの後寄り道をしてしまうのですが ・・・ (^^;

 


一直線に走ってみる

 
 ドッグランで、早速 AF 撮影を試してみました。感想は、まぁ、NEX-7 より良いかな、という感じでした。スマートフォトセレクターという20枚連続して撮影し、その中から5枚が自動で選ばれる機能も面白いのですが、向かってくる迷犬タルト号には AF-C が効かないようでピント外れが多発しました。

 
 被写体が近寄ってくるような場合は、AF-A(AF モード自動切り替え)か AF-C での通常の撮影が良いようです。まだこのスマートフォトセレクターは使いなれていないので、少し慣れてから今後どう使うかなどを考えたいと思います。

 
 という訳で、普通にローアングルのノーファインダー撮影です。(下の写真2枚はいづれもトリミングしています)

 


負けないぞ

 

 


どうだ

 

 
 マウントアダプターの FT1 は、ニコンFマウントのレンズが付くのですが、3.5/55 マイクロニッコールレンズは取付きませんでした。レンズ後方に出ているレンズガードのような出っ張りが FT1 の内部の壁に当り装着が出来ませんでした。あと 0.5mm 位なのに惜しいところです。

 
 古いマイクロニッコールはダメでしたが、Fマウントに改造した Leica レンズは問題なく取り付きました。

 
 まぁ、これは使えるというだけで、花・植物の写真にはまったく向きません。

 


Leica 2.8/60 で 1/2 倍まで寄ってみる


 
 FT1 に D70 で使っていた 18-70 DX ズームレンズを付けると AF で普通に使えます(AF-S の中央部だけの測距になります)。D800E 用に 先日買った 1.8/50G も同様に使えるので、少し遊べそうです。

 
 なお、ISO 感度はのオートで使っていたのですが、この働きがまだ良く理解できていません。表示が ISO 3200 と出るのですが、シャッタースピードは遅くこの明るさならこの位のシャッタースピードというイメージとかなりズレがあり ISO400 などで固定するとシャッタースピードは上がるので、少々不思議です。このことは、ISO オートの 3200 や 800 では感度が上がりシャッタースピードが上がって手ブレなどし難くなるハズがそうならず、かえってシャッタースピードが遅くなって手ブレしてしまうという感触です。面倒なので検証していませんが、ISO オートは使わず 400 を基本に手動でセットした方が間違いは無さそうです。

 

 
 新しいカメラは慣れるまでに少し時間がかかるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

今週のスナップ


「アザミ」

 
 「アザミ」は、NEX-7 に中間リングを付けた C/Y 1.4/85 での撮影です。

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、未定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

|

« 迷犬タルト号の「待て」 | Main | ダイヤトーン DS-A5 ウーハー交換 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 増殖する Nikon:

« 迷犬タルト号の「待て」 | Main | ダイヤトーン DS-A5 ウーハー交換 »