« Nikon D800E (7台目のニコン一眼レフ) | Main | D800E 用に AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G レンズ »

May 06, 2012

Leica R Lense の Nikon マウント改造

 Nikon D800E を入手したので今まで EOS 5D2 にマウントアダプターで付けてたまに使っていたライカRマウントのレンズをニコンマウントに改造することにしました。

 
 今まで使っていた 5D2 の EFマウントはフランジバックが短いのでかなり多くのメーカーのレンズがマウントアダプターで使うことが出来ますが、ニコンマウントはそのようなことがあまりできません。という訳で、D800E で自分のいま持っているニッコール以外のレンズは、ハッセル用レンズと至近距離でのみ使える C/Y マウントの(中間リングにニコンマウントを接着ため)コンタックスレンズという状態です。

 
 経済事情が許すなら新型のニッコールレンズを購入すれば良いのですが、以前に投資した当時はかなり良質だったレンズをムダにするのももったいないので、できるだけ再利用するため、今後使用頻度が上がると思われる D800E 用にライカRレンズをニコンマウントに改造することにしました。

 
 改造は、当初 2/50、2.8/60、4/100 の3本を考えていましたが、4/100 はレンズ内側の内面反射防止のスリーブの処理が難しそうなので、今回は改造を見合わせました。

 
 改造の方法は、今回改造マウントを購入した panproduct さんのサイト(ttp://panproduct.com/blog/?p=2361)に詳細に出ているので、比較的簡単に作業できました。

 
 
■ ズミクロン 2/50

 
 大昔にライカR4を購入した時に同時に購入したものです。25年位前だったと思います。遮光用の黒リングプレートが少々抜きにくかったですが、3カムでないので作業自体は簡単でした。なお、絞りリングのクリック用の溝にはヘリコイドグリスを付けました(ジャパンホビーツールさんの#10です)。

 

 
R4用なので、3カムではありません。

 

 
 内部の鉄ネジは赤さびになっていました。外観はそれほど古さを感じませんが、このようなところに年代を感じてしまいます。

 

 

 

 
■ マクロエルマリート 2.8/60

 
 このレンズは3カムなので、ネジで外す部品が多くなります。また、遮光用のリングはスリーブとなり、内部で広がっているので抜きにくかったですが、樹脂製のため無理に引っ張ることでやっと抜けました。しかし、重要な遮光機能となっていそうなので、ニコンマウントには固定するネジ穴がないため固定できません。しかし、差し込んでおくだけでも簡単には抜けないしガタも気にならない程度なので固定なしに入れています。

 

 

 

 
■ マクロエルマー 4/100

 
 このレンズの遮光スリーブはとても長いので、ネジで固定出来ない今回の改造マウントでは上手くないと考え改造を止めました。スリーブを抜いてしまうとヘリコイドを繰り出したときに大幅に内部の反射が増えてしまいそうなことと、スリーブを 2.8/60 のように差し込んだだけではヘリコイド動作時にいろいろ不具合が出そうに思えたからです。

 

 

 

 
■ D800E へ取り付け

 
 改造したマウントはなかなか具合が良いです。ただ、絞りのクリックが改造マウントが汎用のため f2.0 のレンズでもそこより開放側に無意味に回ってしまいます。同様に絞り込み側でも 2/50 は f16 までしか絞れませんが、f22 相当の位置まで無意味に回ってしまいます(未意味に回るという意味は、絞り環は回っても絞り自体は変わらないということです)。2.8/60 は f22 側はそれ以上回りませんが、f2.8 より明るい方向へは 2/50 同様 f1.4 相当位置まで回ってしまいます。
 
 マウントアダプターでの使用のため、開放測光にはならず常に絞り込み測光となります。しかし、私の使用方法は開放に近い側で使うか、絞る時は三脚を使うので。あまり気になりません。

 

 

 

■ マクロエルマリート 2.8/60 にて

 


近所で花の写真

 


公園の日

 


しながわ水族館にてクマノミ

 

 

 
 今回の Lieca R lense は、ニッコールでは Ai-S 1.8/50、Ai マイクロ 3.5/55 があるのでレンズの画角という意味ではほぼ同じ MF レンズがあります。しかし、Leica のレンズは比較的ソフトで解像力の高い傾向にあるため、常に絞り込み測光状態のうえ絞り環が無意味に回ってしまい絞り環を回すクリック数で現在の絞り値を予測しにくくなりますが(慣れで対応できそう)、ニッコールよりこちらを主に使って行きたいと思います。


 

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、未定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

|

« Nikon D800E (7台目のニコン一眼レフ) | Main | D800E 用に AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G レンズ »

Comments

みやがわ さん、こんばんは。

しかし、思いきった強硬策でしたね。でも無事交換出来て良かったです。

これからも、宜しくお願いいたします。

Posted by: イルミナム | July 09, 2012 at 20:33

詳しいアドバイスをいただきまして、ありがとうございます。

レンズを壊す位の気持ちで、スライディングハンマーを使って思いっきり、
がんがん力をかけたところ、黒い部品のマウントに接続されている部分が曲がって、
無事にマウントだけはずす事ができました。
黒い部品の曲がってしまったところは、ネジで留める部分なのですが、
この部分の構造が、他の方のものと違い、切り欠きもないものでした。
組み立てる場合、はめ殺しのようにしているのかもしれません。

黒い部品は、穴の部分が内側に曲がっただけで、レンズ本体には
つながったままなので、そのままにして、外したRマウントだけ、
ニコンマウントに取り替えました。

アドバイスのおかげで、無事にうまくいきました。
本当にありがとうございました。

Posted by: みやがわ | July 09, 2012 at 13:09

みやがわ さん

 リンクの写真を確認しました。

 私のモデルと少し違うようにも見えます。

 私のモデルは、リンクの19枚目の写真の右の黒い部品ようにガッチリしたものではありません。黒部品は全てが樹脂製でした。

> 写真の樹脂製の黒い部品とありますが、この部品をはずせば、
> マウントがはずれるのでしょうか?
> それとも、マウントをはずしたあと、この部品の方がはずせなかったのでしょうか?
> また、左のパレットの億においてある部品が、その樹脂製の部品でしょうか?
> 私のものは、この部品が金属のような質感です。

 ブログのパレットに乗っているのが外した黒部品とRマウントです。

 Rマウントの内側に3ヶ所の出っ張りがあり(2ヶ所が短く1か所が長いフランジです)、そこに小さな穴が開いているのが見えると思いますが、黒部品はこの上に乗ってネジ止めされています。

 Rマウント側の6本のネジは外さず、Rマウントと黒部品を固定している黒い小ネジ3本を先に外せば黒部品の固定が無くなるので回転させることが出来、Rマウントのネジ用のでっぱり部分を避け、鏡銅側の絞り開放レバーと黒部品の切り欠きを合わせるように回転させ、そのまままっすぐに引っ張ってムリに引き抜きました。

 なお、このとき、ヘリコイドは目いっぱい繰り出し、レンズ後玉をレンズ前方に送りだした状態で作業をしています。レンズ後玉周辺はキズを付けたくないので、十分に距離を離しました。

 リンクの写真では初めにRマウントを外しているのですが、私は 2/50 ズミクロンと同じ手順で先に黒部品を外しています(だから簡単に抜けなかったようですね)。

 黒部品が抜ければRマウントのネジ6本を外せば他のRレンズ同様外れ、カムもその後外しました。

 私は以上の手順ですが、前回頂いたコメントで、

> 外側の6本の銀色のネジ、> 内側の黒い3本のネジ、をはずしました。

と、すでに黒い小ネジを外されているとのことですので、もしかしたらRマウントと黒部品が固着してしまっているのかもしれませんね。また、Rマウントのネジは付けておいた方が黒部品はRマウントから外れやすいかもしれません。

 私は夜作業したため、黒ネジが見難くLEDライトで照らして位置と本数を確認しながら作業しました。念のため黒部品を固定している小ネジ3本が全て外れているか、間違って他のネジを外していないかなどを確認し、それらが正しく外れているなら部品の固着の可能性が高いと思います。

 ただ、くれぐれもムリな作業はしないでくださいね。間違って後玉にキズが入ると致命傷です。

 上手く行くことを願っています。

Posted by: イルミナム | July 06, 2012 at 20:50

アドバイスいただきましてありがとうございます。

写真の樹脂製の黒い部品とありますが、この部品をはずせば、
マウントがはずれるのでしょうか?
それとも、マウントをはずしたあと、この部品の方がはずせなかったのでしょうか?
また、左のパレットの億においてある部品が、その樹脂製の部品でしょうか?
私のものは、この部品が金属のような質感です。

私のレンズも、同様の3カムです。まず、私は、
http://www.leitax.com/conversion/leica/elmarit-60-macro/index.html
このサイトを見て、同様にはずす行程をとろうと思いました。
しかし、5枚目の写真にあるような切り欠きみたいな箇所が黒い部品に
ありません。

マウント部分をもちあげようとすると、1ミリほどはもちあがります。
しかし、内側の黒い部品もマウントにがっちりくっついていて、
一緒についてきます。

Posted by: みやがわ | July 06, 2012 at 08:44

みやがわ さん、こんばんは。

 お困りですね。高価なレンズを間違って壊すようなことがあってはいけないので、慎重に行う必要があります。

 私のレンズは304万代の3カム(ROM なし)レンズなので同じかどうか分かりませんが、私のレンズの場合は、ブログの写真でボケて分かりにくいのですが、内面反射防止の黒い部品が樹脂製でレンズ先端側が内部で広がっているため初めは抜けませんでした。

 樹脂なのでもしかしたらたわんで抜けるかも、と思いそこが割れるかもしれないことを覚悟して思い切り引っ張ったところ、無事抜けました。

 この反射防止部品なしでニコンマウントを付けると内部が反射の元になりそうでしたので、黒部品は固定せずグラグラするし回ってしまったりしますが元の場所に置いています(固定できません)、そうしてニコンマウントを取り付けました。今のところトラブルはありませんが、ちょっとリスクがある作業と使用状況です。

 私のレンズは樹脂だったのでこのように外れましたが、この部分が金属だとちょっと方法がわかりません。また樹脂も割れてしまうと元にもどりませんので、くれぐれもムリしないでくださいね。

 上手く外れると良いですね。

Posted by: イルミナム | July 05, 2012 at 20:37

はじめて書き込みいたします。

私もマクロエルマリート 2.8/60にて、同様の
マウント改造を行おうとしたのですが、
どうしても、マウント部分が外れません。
外側の6本の銀色のネジ、
内側の黒い3本のネジ、をはずしました。
ここから全くはずす事ができず、大変に困っています。
ライカRのレンズのマウント改造は、
スーパーアンギュロン、マクロエルマリート100、
の2本を行いましたがこの2本は問題なく改造できました。
マクロエルマリート 2.8/60だけネジをはずしたあと、
どうにもできずにいます。
もしよろしかったら、アドバイスをいただくことはできませんか?

Posted by: みやがわ | July 05, 2012 at 18:47

Very useful blog. Keep up the good work.

Posted by: Olli Warelius | May 28, 2012 at 19:22

今井 さん、こんばんは。

未発表の(ブログなどにまだ出していないという意味です)カラーの花の写真を1枚ですがメールで送らせて頂きました。

宜しくお願いいたします。

Posted by: イルミナム | May 13, 2012 at 21:08

イルミナムさん、こんにちは。

>私の写真は「日常の中に非日常を見つけ、驚いたり面白がったり、できれば感動したりして現代のあわただしい生活のなかに疲れた心がリフレッシュするような刺激を感じたい」というのが基本のスタンスです。~~街の中に非日常を見つけ(普段見過ごしてしまうようなところにある面白い形などに注目するということです)、それを撮りたいと思っています。このような写真は白黒で表現する方が良い場合が多々あることに気付きました。このため、今、白黒写真にものすごく興味があります。
⇒イルミナムさんは、既に「表現したいテーマ」をお持ちです。創作の原点に、「テーマ」が無ければお金と時間の無駄使いになります。アマチュア写真家の殆どは、はテーマを持たないで、写真を撮っています。これではを100年撮っても少しも上手くならないと思います。 

>自分なりの作品が何枚かたまったらメールで送らせて頂きたいと思います。
⇒作品は、白黒・カラーに限らず、ご自分の「テーマ」を撮った写真を見せて下さい。何でも良いです。1枚でも良いです。

※イルミナムさんの写真のブログを拝見しました。
白黒の市と公園のお爺さんは、「テーマ」が感じられると思います。
私も、20年前にケルン大聖堂に行きました。その時の印象は、黒く煤ぼけていて勿体ないと思いました。また、前庭が狭く、広角レンズでないと塔の先端が写らないと感じました。
   今井 明

Posted by: 今井 明 | May 13, 2012 at 18:12

 今井さん、こんにちは。

> 一度メールに作品を数点ご送付して下さい。写真作家の入口までは、ご案内出来ると思います。

 白黒での写真をどう勉強しようかと考え中でしたので、すごく有りがたいです。私の写真は「日常の中に非日常を見つけ、驚いたり面白がったり、できれば感動したりして現代のあわただしい生活のなかに疲れた心がリフレッシュするような刺激を感じたい」というのが基本のスタンスです。

 花・植物の写真はクローズアップすることでそれらを見つけたいと思っていますが、この場合は色が重要なファクターです。一方、最近になって、いつも歩き通っている街の中に非日常を見つけ(普段見過ごしてしまうようなところにある面白い形などに注目するということです)、それを撮りたいと思っています。このような写真は白黒で表現する方が良い場合が多々あることに気付きました。このため、今、白黒写真にものすごく興味があります。

 といっても。カメラを持って出かけるものの目が節穴でなかなか被写体を見つけれれないでいる、というのが現状です。すでに、白黒用としてスナップしたものも撮り始めていますが、まだ作品と思うほどには仕上っていません。しかし、自分なりの作品が何枚かたまったらメールで送らせて頂きたいと思います。勝手言ってすみませんが、よろしくお願いいたします。

Posted by: イルミナム | May 13, 2012 at 15:36

イルミナムさん、こんばんわ。
 
>本格的ですね。最近、白黒に興味が~~機会があれば、ご指導頂けると有り難いです。
⇒現在は、年に一度の展覧会用に一枚だけ伸ばしています。半年前に、フィルム用機材一式、引伸機とキャノンカメラ2台、レンズ5~6本、露出計などネットで無償でお譲りしました。現在は、デジタル一眼レフ1台とコンパクトカメラが3台位です。
⇒私が撮った写真の分野は、ドキュメンタリー(アマチュアバンド)が中心でした。風景写真等は、あまり撮りませんでしたが、写真の狙い所は分かります。一度メールに作品を数点ご送付して下さい。写真作家の入口までは、ご案内出来ると思います。

>4sevens Maelstrom:26650 1本で 800lm
(単二電池位の大きさのリチウムイオン電池で、ちょっと太いです)
⇒早速に貴重な情報を有り難うございます。大きさは許容範囲内です。リチウムイオン電池は汎用性が無いので躊躇するところです。

> 新潟精機のLEDライト付きルーペは初めて知りました。
⇒今年の5月連休に秋葉原に行きラジオセンター2F(と思います)でカードタイプのルーペを購入しました。後で女房が欲しがっていましたので、先程楽天で2個購入しました。

 よろしくお願い致します。
  今井 明
  

Posted by: 今井 明 | May 12, 2012 at 22:12

 今井さん、こんばんは。

 趣味が似ていますね。これからも宜しくお願い致します。


> カメラは、プロの写真家に教えて頂き、白黒写真でアマバンドを撮ったりして結構本格的に取組ました。

 本格的ですね。最近、白黒に興味が出てきたので、いろいろ教えてください。学生時代は白黒フィルム現像も引き伸ばしもやっていましたが、作品作りのようなことはやっていませんでした。機会があれば、ご指導頂けると有り難いです (^^)


> 小型で500ルーメン位のライトが発売されたら即購入しようと思っています。

 小さいと感じる大きさかはちょっと・・・ですが、以下のようなものならあります。

Surefire FURY:CR123A 2本で 500lm
(lm 値の表示信頼性は高いです、価格も高いですが)
http://www.surefire.jp/product/detail.php?p_arrIndex[brand_cd]=1&p_arrIndex[category_cd]=1&p_arrIndex[subcategory_cd]=111&p_arrIndex[subsubcategory_cd]=111112&p_arrIndex[shohin_cd]=P2X-B-BK&cnodeNm=0&subNodeNm=0

4sevens Maelstrom:26650 1本で 800lm
(単二電池位の大きさのリチウムイオン電池で、ちょっと太いです)
http://www.4sevens.com/product_info.php?cPath=297_406&products_id=2617

 Surefire の FURY は CR123A 2本タイプなので、強力ライトの中では小型(全長 13.7cm)だと思います。ただ、従来の Surefire のような強固な表面処理ではないようで(多くの Surefire 品は硬質アルマイト仕上げです)あまり使っていないのに黒い表面のカドに下地らしい銀色が出てきています。外観には価格にみあった高級感はありません。

 なお、単三2本のタイプなどのサイズでは現時点で公称 200lm 程度ですね。私はほとんど都内でしか活動しないので 200lm クラスで一応満足しています。

 また、中国製の自転車用ライトに 900lm、1000lm といった表示のライトがありますが、以下の製品は知人に依頼し積分球で測ってもらったところ 460lm 程度でした。彼らは LED のカタログ値を書いているだけのようで、表示値は信用できませんが、500lm クラスの明るさは実際に出るので、熱くなるため手で持って使うには何か工夫が必要ですが、安価に 500lm クラスが経験出来ます(外観品質はそれほど悪くありませんが、安価な中国製のため信頼性は不明です)。

http://www.dealextreme.com/p/mj-808-ha-iii-ssc-p7-c-sxo-3-mode-900-lumen-led-bike-light-set-44459


> 最近LEDライト付きのルーペ(新潟精機)を購入しましたが結構便利に使っています。

 新潟精機のLEDライト付きルーペは初めて知りました。ライト単体は私の使っている PERK のルーペに後付け出来るようなので便利そうですね。でも、ポジで撮影していた頃は必需品でしたが、最近はすっかり出番が減ってしまいました。

Posted by: イルミナム | May 11, 2012 at 22:51

イルミナムさん

 お世話様になります。
 オーディオ以外のページを拝見しました。

 イルミナムさんと同じ様に私もカメラ、LEDライト、ルーペ等に興味が有ります。
カメラは、プロの写真家に教えて頂き、白黒写真でアマバンドを撮ったりして結構本格的に取組ました。
LEDライトは、小型で500ルーメン位のライトが発売されたら即購入しようと思っています。
最近LEDライト付きのルーペ(新潟精機)を購入しましたが結構便利に使っています。

 よろしくお願い致します。

 今井 明

Posted by: 今井 明 | May 10, 2012 at 23:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/54645132

Listed below are links to weblogs that reference Leica R Lense の Nikon マウント改造:

« Nikon D800E (7台目のニコン一眼レフ) | Main | D800E 用に AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G レンズ »