« スピーカーのエッジ軟化処理を試す | Main | 自転車用LEDライト (データー編) »

February 12, 2012

自転車用LEDライト (外観編)

 だいぶ前から気になっていた自転車用のハブダイナモを自転車屋さんで取りつけてもらいました。昨年の震災後に電気の自給というのは必要なことだと感じていましたので、少しでも発電出来るモジュールを備えておく方が良いのでは、という発想ですが、自転車の夜の走行でいちいちライトを付け外しや電池の充電を気にしなくて良いので便利です。また、自分でライトを自作して付けたいと思っていますが、そちらは何時のコトになりますか・・・、まぁ。気長に考えたいと思います。

 
 自転車は、かなり古いママチャリ1台と震災後に買ったマウンテンルック1台の合計2台にハブダイナモを付けてもらいました。マウンテン(ルックでないもの)も1台あるのですが、メンテが必要なので後回しにしました。なお、ママチャリは昔はローラーダイナモと白熱電球のライトが付いていましたが、何度も倒れるアクシデントでライトが壊れてしまっていました。また、ローラーダイナモはどうしてもペダルが重くなるので値段はかなり違いますがハブダイナモに付け変えました。

 

 
写真 左:ママチャリです、右:マウンテンルックです

 
 マウンテンルックは写真のようにルックのためクイックリリースではありません。ハブダイナモはいずれも SANYO 製で1端子タイプのため、両方ともに2端子にするアダプターを付けています(シマノ製アダプターをムリやり取りつけて頂きました)。

 
 ライトはドイツで販売されている Pillips さんのライトが良さそうなので、それを1台と比較のため性能のいかにも大したことがなさそうなママチャリ用の Panasonic さんのオートライトをネットで購入してみました。

 
 今回は、外観編です。

 

 
■ Panasonic NL896

 
 比較的ポピュラーなモデルだろうと思って購入しましたが、かなり暗いモデルで LED はおそらく日亜化学さんの昔セミパワーと呼ばれたタイプのようです。

 
 光センサーが付いているので、暗くなると自動的に点灯します。これは便利ですね。

 

 
パッケージのないバルク品です、配線は1本です。

 

 
写真 左:LED がピンボケです、右:底面に光センサーが付いています

 


ローラーダイナモ付きライトの場所に簡単に置き換わりました。


 

 

 
■ Philips BF60L60BBL

 
 自転車用ライトはドイツでは規則がありそこで示されている明るさ/配光をクリアする必要があるようです。日本ではJISで配光/明るさなどの決めごとはありますが法的な規則ではありません。このドイツの規則での明るさ測定が10m先なのでドイツ規格品はそこでの明るさを標示しています。6V 2.4W のダイナモでのライトは10ルクス以上と規定されています。

 
 内部にキャパシターを持っていて充電されていると停止中でも弱く光続けるので自身の安全に対しては安心です(Panasonic NL896 にはその機能はありません)。

 
 今回 amazon.de で購入したライトは60ルクスというものです。この値は、1mでは6000ルクス=6000カンデラ、イルミナムの比較時の50cm中央照度の場合は、24,000 ルクスという明るさが公称値です。

 

 
パッケージは英語とドイツ語です

 

 
規定での10ルクスと比べた明るさ比較図があります(写真右)

 

 
ライトの取りつけアーム部に白色の反射板が付いています。

 

 
上面のボタンで ON/OFF します。またリヤのランプ用にサービス端子が出ています。

 


配線は2本タイプです。

 

 
 このライトはリフレクター上面に2個の LED が下向きに付いています。Philips 製なので Philips Lumileds の Rebel が使われていました。結構複雑な反射鏡です。

 


Lumileds Rebel が2個です

 

 
 取り付けは、フロントフォークのブレーキが付くステーにある M6 のネジ穴にボルトを別に用意して取り付けました。今回は Panasonic NL896 の取り付けは元から有ったボルトナットで行い、そこで使わなかった NL896 用のボルトで取り付けました。

 


取りつけた様子、前面に迷犬タルト号の毛が付いてしまっています (^^;

 


 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、自転車用ライト (データー編)の予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

|

« スピーカーのエッジ軟化処理を試す | Main | 自転車用LEDライト (データー編) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/53964458

Listed below are links to weblogs that reference 自転車用LEDライト (外観編):

« スピーカーのエッジ軟化処理を試す | Main | 自転車用LEDライト (データー編) »