« 古いフルレンジスピーカーのターミナル交換 | Main | 自転車用LEDライト (外観編) »

February 05, 2012

スピーカーのエッジ軟化処理を試す

 秘密基地で活躍している Diatone DS-A5 は、中古で買ったので初めから低音が全くでないのでサウブーハーで補完しているのですが、スペンドール S3/5 を聴くとやはり DS-A5 はこんな低音ではないハズだ強くと感じていたので、エッジの軟化処理を試みてみました。

 
 ネットで調べると、主に3つの方法が有るようで、クレ・ポリメイト、アーマオール、ブレーキフルーヅを塗る方法が良く行われているようです。エッジの材質によって効果は変わるを思われるので、比較的無難でダイヤトーンユーザーが行っているらしいポリメイトを試してみることにしました。

 
 高度な技術としてはエッジの裏からシンナーを使いダンプ剤を溶かし除去しダンプ剤を新たに塗るような方法もあるようですが、DS-A5 はユニットの表面に皮(人口皮?)のようなモノが貼ってあるためユニットを外すのは大ごとなので、表から処理できるらしい上記3点の候補に絞った結果のポリメイトです。

 
 amazon さんでポリメイト以外に筆も買いまいした。素材集めは簡単です。

 
 ポリメイト(クリア)はエアゾールではないので、作業が簡単です。直接エッジに液をたらして筆で周囲にまんべんなく塗ってみました。先週の土曜日と日曜日に1回づつ、そして、昨日の土曜日に1回の合計3回処理してみました。塗った後はしばらく放置しておくと液は無くなります。しみこんだのか、単に蒸発したのか?

 


同じ方法で合計3回試してみました

 
 ツイーターのエッジにもポリメイトをしみこませた筆で塗っています。

 
 f特データーを取っておけば良かったのですが、実はポリメイト処理など軟化処理にちょっと懐疑的で効果を期待せずに試してみたのですが、予想は大幅に裏切られ、予想外に効果がでました。

 
 先週の段階で低音が以前より出るようになりました。DS-A5 単体で鳴らすと明らかに低音不足だった音がそこそこ出るようになっています。少々感動してしまいました。

 
 ツイーターにも効果が有ったようで分解が上がったような気がします(気がするだけかもしれませんが・・・)。なお、昨日(3回目)の効果はほとんど分からず、先週の2回で十分だったようです。今後は、低音不足を感じた時などに筆で塗ると良いのかもしれません。

 
 アンプはこのところ使っている月刊 Stereo 誌の付録アンプ(オペアンプ・電源交換品)での結果です。秘密基地はとにかく狭く小さいスペースなのでこのクラスのアンプで十分な音が出ます。

 
 サブウーハーの有る状態では低音はあまり変わった感じがしませんが、全体の分解が良くなり、もともと有る音の厚みとともにかなり聴きごたえのある音になりました。今回は予想外の大成功でした。

 
 なお、DS-A5 のエッジは布エッジですが、他の素材でも効果が有るかは不明です。


 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、未定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

|

« 古いフルレンジスピーカーのターミナル交換 | Main | 自転車用LEDライト (外観編) »

Comments

ip2005 さん、はじめまして、こんばんは。

コメントありがとうございました。
DS-A5 は上質なモデルなので、エッジが回復するとだいぶ良くなりますね。もともと情報量が多いように聴こえ、音の広がりも大きいのでかなり質が高いことは感じます。

私は昔からの YAMAHA ファンのため B-5 や B-2X もあるので鳴らしてみましたが、エッジのポリメイト処理前だったので結局低音は出ず、案外 STEREO 誌の付録アンプと低音面では違いがでませんでした。広い部屋で大音量で鳴らす場合は明らかに違いますが、いかんせん3畳程度の狭い場所で鳴らしていますので、残念な結果でした。

なお、10畳程度の場所へ持ち込み「低音よ出ろ」とcounterpoint Solid-M1 パワーアンプでガンガン鳴らしたことがありましたが、これも低音回復にはあまり効果がなく、その後のポリメイト処理の方がずっと効果的でした。広い部屋は階が違うため、B-2X や B-5 は重くて持って行けませんでした・・・ (^^;

YAMAHA A-2000 は定評のあるアンプですよね。DS-A5 もこれならアンプの力に不足はありませんね。

これからも宜しくお願い致します。

Posted by: イルミナム | May 15, 2012 at 22:26

はじめまして、
DS-A5の記事捜していたらこちらのページに…
私もDS-A5を所有してますが、なかなか頑固なスピーカーで、
普通のアンプだと仕事してくれません、
三菱のエンジニアもアキュフェーズ等で製作段階のとき
試聴してると聞きました。
小さいアンプをあきらめてヤマハのA-2000と言うのを
買いました。
簡単な説明はここに

http://ip2005.exblog.jp/10190272/

Posted by: ip2005 | May 15, 2012 at 10:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/53908770

Listed below are links to weblogs that reference スピーカーのエッジ軟化処理を試す:

« 古いフルレンジスピーカーのターミナル交換 | Main | 自転車用LEDライト (外観編) »