« December 2011 | Main | February 2012 »

January 29, 2012

古いフルレンジスピーカーのターミナル交換

 前回、2Way スピーカーを自作したとき、部品を少し余分に買いました。そこで、その部品を使って古い 10cm フルレンジスピーカーのスピーカーターミナルと内部の配線を交換することにしました。

 
 何時頃作ったか記憶が定かではありませんが、現在のメインの JBL のスピーカーシステムも自作した後なことは間違いありません。このユニットが発売されてすぐに買ったので30年くらい前だと思います。一時、1年位の間、クルマのリヤシートに乗せてカースレオのスピーカーとしてつかったこともあるというかなり酷使し愛用したスピーカーです。

 
 最近はほとんど出番が無いことに加え、ちょっと鳴らしてみたいと思っても昔のスピーカー端子は現在の太めのスピーカーコードが入らずバナナプラグも使えないので使う機会がますます遠ざかっていました。

 
 という訳で、ターミナルと内部のコードを交換して少し使いやすくなるようにメンテナンスすることにしました。

 
 スピーカー保護のパンチングメタルのプロテクターを付けています。周囲の軟質樹脂でぎゅっと押しこんで固定します。


コーラルのスピーカーなので CR マークを自作して付けています。

 
 昔はこれがごく普通に使われていた端子です。穴も細くバナナも使えません。


 
 先ずはプロテクターを外してユニットを取り出します。当時、ごく普通に使われていた赤白のスピーカーコードです。とても懐かしいです。また接続はハンダだと思っていましたが、M サイズの平ラグでした。

 
 この 10cm フルレンジユニットはコーラル 4A-70 でアルニコマグネットです。オーディオの流行りが下火になりコーラルはスピーカー部門を FOSTEX に売ってしまいました。そのため、その後は FOSTEX ブランドになっているハズです。

 
写真 左:BOX の上に有るのが新たに使う平ラグ、写真 右:スピーカーユニット背面

 
 BOX 背面のターミナルを外しハンダを外します。また、穴は共用できないため、少し上に 16mm 径の木工用ドリルで穴をあけ直しています。


迷犬タルト号が「上手くできるのかな?」と心配そうに見ています。

 
 内部のコードはいつも使っているベルデン 8470 です。内部の吸音材が少し少なかったように感じましたが、いつでも増やせるのでとりあえずこのままです。


少しクリーニングしましたが・・・。

 
 端子を接続し、ユニットをネジ止めして完成です。


端子以外は全く外観変化はありません。

 

 
 早速、音を出してみました。アンプはいつもの 付録アンプ です。

 
 凄く音が良くなった、と書きたいのですが、残念!!、何も変わりません。改めて結構大音量で鳴らしてみると、昔は気付かなかったいろいろな部分(主に欠点)が聴こえてきます。

 
 (良い点)
・ 音が前に良く出て、メリハリがある。とても元気な音とはまさにこのこと
・ 高能率なため、付録アンプでもとてつもなく大きな音が出る
・ 低音はスペンドール S3/5 と同じくらい良くでる。

 (良くない点)
・ 音にキツさがある
・ ボーカルは肥大してしまう
・ 分解能が高いが潤いがないためちょっと聴きづらい
・ ラワン合板(BOX 素材)の響きと思われる固く乾いた音が乗る

 
 分解能が高くなり過ぎるようで、付録アンプのような音に色付けの無いクールなアンプとは相性がかなり悪いようです。このようなスピーカーは真空管アンプと相性が良いのでは、などと妄想してしまいました。

 
 今回は、今まで使いにくかったターミナルを交換したので、これからはちょっとした何かの時にお手軽に使えるようになり、作業としては予定どおり上手く行きました。一応成功ということにしたいと思います。 でも、音が少しは良くなるかと思った期待は全く外れました (^^;

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、未定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2012

付録アンプで鳴らすスピーカーを作る 制作編

 今回は前回の記事の続きでデンマークの Vifa 製のツイーター(TC25TF06 6ohm)とウーハー(P11WG-00 8ohm)ユニットを使い密閉型スピーカーシステムを作る制作編です。

 
 素材は、東急ハンズさんでシナ合板をカットとタイトボンド、ネットワークパーツや吸音材などはコイズミ無線さん、他にコルクシートやネットワーク用の基板、ネジなどは手持ちを流用しています。

 

 


素材一式です(ネジ類とタイトボンドがありませんね)先週の再録です

 

 先ずは、穴などがユニットとマッチしているか確認しました。


ユニットの端子が上手く接続できる状態かの確認です

 

 早速、組み立て開始です。側面と天地面の板をタイトボンドで貼り合わせしました。重しの代わりに JBL のドライバー 2441(約10kg)を使っています。2420 の約 3kg よりづっと重いので、こういった用途には最適ですが・・・、こんなことに使うと何かバチが当たりそうですが・・・。


側板天地板の接着です

 

 ネットワーク部品を並べて確認です。配線はどうしようかとしばし考えましたが、休むに似たりで結局適当にハンダ付けすることにしました。

 
 今回は、回路をバイワイヤー(バイアンプ)対応にすることと、ウーハーの回廊にインピーダンス補正回路を入れました。今回使用した Vifa のウーハー(P11WG-00 8ohm)は、補正回路が無いとクロスオーバー周波数でのカットが上手くいかないようです。4.5kHz で 12dB/oct 仕様です。


組み立て前の部品です

 

 今回は何となく回路に付ける内部配線のスピーカーコードを平ラグで接続することにしましたが、これは完全に失敗です。ハンダ付けで全く問題ないのに、なまじ平ラグにしたため将来接触面での不安要素が残ってしまいました。これが原因で背面板を当初予定の接着からネジ止めに変更しています。奥行きが長いので背面板を接着してしまうと基板のメンテが出来なくなってしまうからです。

 

 ツイーター側のクロスは、5kHz 12db/oct とウーハーと少し離し、固定抵抗2本を組み合わせて -8dB アッテネーターにしています。ツイーターのデーターが入手できなかったので特性が不明なのですが、Vifa の似ているモデルの特性を参考にしました。データーが入手できなかったので、ネットワーク設定は、ほとんど賭けのような無謀さです。


ユニット側は平ラグ、スピーカー端子側はハンダで接続します

 

 しかし、賭けとは言ってもチキンハートなので組み立てが進む前に一応チェックです。ネジ止めも固定も密閉もしていませんが、回路をBOXの中に入れてユニットを乗せたバッフル板でフタをしていますが、回路からのコードを出さなければいけないので端材を利用して背面側に隙間を開けています。


一応回路はBOX内に入れています。右の回路はもう一台用です

 

 簡易測定は iPhone 4S です。内蔵マイクより 10kHz 以上が少し精度良さそうな TASCAM iM2 を付けています。特に問題は無いようです。ツイーターの減衰量は最悪の場合バイアンプで独立して音量調整すれば何とかなります。


こんなに簡単にチェックできるとは夢のようです

 

 18mm のシナ合板ですが、側板の面積が広いので、いい加減な場所にいい加減な角度で連結板を入れています(左右はなるべく同じ位置になるようにしています)。スペンドール S3/5 は補強棒の角を削ってRが付いていましたが、省略してしまいました。これは、後から考えると削った方が良かったとおもうことと、また違う方法として少し挿入間隔より長い(0.5mm 以下?)固い木の丸棒を差し込みバイオリンの心棒のようにすれば良かったのではと思っています。

 


将来気が向いたら補強板のカドを削るかも・・・

 

 回路のコイルはナイロンコードで固定した上でボンド(木工用ボンドです)を付けて固め、素子の鳴りや移動時や天地を逆転させたときに悪さをしないようにしました。


BOXは前向き(写真左)と後ろ向き(写真右)です

 

 裏蓋となる背面板にターミナルを付けます。バイワイヤー対応なので、2組づつの取り付けです。コードとターミナルはハンダ付けです。


コイズミ無線さんのターミナルは FOSTEX さんのモデルによく似ていますがガスケットが付いています

 

 いろいろ作業をしているので、回路のボンドの表面は乾いて傾けても作業ができるかと思ったのですが、甘かったです。沢山付け過ぎたことと気温が低いこともあり全く乾きません。このため、まだ接着していないバッフルにユニットの取り付け下穴をあけました。しかし、他に出来ることが無いのでユニットのネジ止めと配線までを行いましたが、その後の作業は完全に中断してしまいました。


端子を取り付けジャンパー線を付けたところ

 

 翌朝、作業再開です。ユニットのネジ止めまで進んでいるので、ユニットのフレームをよけるように端材を使って圧縮接着です。1時間くらい放置しますが、その後の作業で接着部分が浮いてこないように2ヶ所クギで止めています。なお、ここで使っているクギは銅のスクリュー状になって抜けにくいモノです。磁性体を嫌ったのではなく、ただ何となく銅を使ってみたかっただけです (^^;


再びバチ当たりな行為です

 

 完成間近で、背面板の固定です。当初は接着の予定だったのでガスケットを使う予定はなかったため、急きょ手持ちのコルクシートを切り抜いてガスケット代わりにしました。ネジ止め用の下穴位置を簡単に出せるようにPCでガイドラインを作って印刷し、コルクの切り抜きの型紙に使っています。


配線済みでもこのサイズのパッキングなら内側へセット出来ます

 

 Diatone DS-A5 は背面板がネジ固定で、その数が結構多かった(12本もあります)ので天地面と側板面の間隔のバランス良かった間隔(60mm)で深く考えずチェックもせずに下穴のガイドを作りそれに合わせて電ドルでポコポコと調子よく下穴をあけてネジ止めも電ドルでサクサク締めこみましたが、ここで、なんとなく失敗に気付きました。14本も止めてしまいました。DS-A5 より一回り小さいのにネジの数は多い! 10本で十分でした。


なぜかタッピングネジを箱でストックしていました
(^^;

 

 鉄ネジですが数が多くてもユニットや回路から遠いので悪さは無いでしょう。


どう見てもネジが多すぎです (^^;

 

 正面はこんな感じです。


先週の写真を再録です

 

 付録アンプに来る直前までの信号は全てデジタルで、上海問屋さんの DAC(本当はヘッドフォンアンプ)でアナログにしています。


これも再録です


 
 音は、予定どおり低音が出ません (^^; しかし、スペンドール S3/5 はウーハーが気持ちサイズが大きいですが、同じ密閉式で容量も小さいにもかかわらず低音は結構出ます。それと比較すると Vifa では低音は全くダメで Diatone DS-A5 と良い勝負です。しかし、低音はサブウーハーで受け持つのでバスレフのように低音特性に少しクセがあるより良いと見越しての密閉型なのでこの部分は予定通り具合よくサブウーハーとつながりました。

 
 月刊ステレオ誌の付録アンプとの相性はかなり良く、スペンドール S3/5 を音楽性豊かな音として比較すると、分解とメリハリが良く甘いところが無いモニター用の音といった感じです。

 
 また、しばらく聴きこんでみると、ドームツイーターの性格がかなり指向性が強くリスニングポジションがわずかに動いただけ(頭を振っただけ)で音が変わるという神経質な部分が気になりました。そこで、吸音材で残ったニードルフエルトを切ってツイーター周囲に貼ってみるとかなり改善されることが分かりました(写真はありません)。また、ニードルフエルトの代わりにスポンジ状のモノを貼ったり、バッフル板にコルクを貼っても類似の効果が出るようなので、今度いろいろ試してみようと思います。

 
 このスピーカーはいろいろと実験できるようになっているので、秘密基地から出てリビングに持ち込みました。Vifa の上に上下逆さまにしたスペンドール S3/5 を乗せてこの Vifa スピーカーと並列接続して疑似的なバーチカルツインにして鳴らしてみました(両方ともバイワイヤー対応なので並列接続はとても簡単です)。これによりクラシックのオーケストラもののホールトーンが一層出るようになりなり具合が良いことがわかりました。サブウーハーが無い状態で1組のみで聴く場合はスペンドールが低音が出る分良いですが、クラシックは今回の Vifa と組み合わせることで一層雰囲気が良くなるように感じました。

 


バーチカルツインもどきも作れます
しかし、危険:地震で倒れます!

 


 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、未定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 15, 2012

付録アンプで鳴らすスピーカーを作る

 前回の記事のスペンドール S3/5 は、ツイーターがデンマークの Vifa 製でした(ちなみに、現行機の S3/5R Spendor 自社製になっています)。という訳で、縁有って Vifa 製のツイーター(TC25TF06 6ohm)とウーハー(P11WG-00 8ohm)の各ユニット(スピーカー単体のことです)が家に来ました。ネットオークションで2つが別々にほとんど同じ時間に終了という奇縁です。

 
 いろいろ、あんなことや、そんなことを考えて、こんなことになりました。


 


素材です。

 


出来上がりはこんな具合です。

 


こんな状態で聴いています。

 
 秘密基地で付録アンプで鳴らすサブウーハー使用が前提の自作スピーカー(スピーカーシステム)が完成しました。

 
 制作過程を記事にする予定でしたが、制作が予想外に手間取り予想以上の時間が掛ってしまったので制作記事は、次回のとさせて頂きます。手間と時間と体力を使ったので、久しぶりに疲労困憊状態になりました (^^;

 
 結果は、単体で鳴らすと低音不足ですが、サブウーハーと組み合わせると今まで秘密基地で鳴らした中では最高の音になりました。 これが手前味噌というヤツです。


 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、付録アンプで鳴らすスピーカーを作る 制作編 を予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 08, 2012

付録アンプでスペンドールを鳴らす

 電源とオペアンプを換えた月刊「ステレオ」誌の付録アンプ LXA-OT1 がすっかりお気に入りになってしまいました。ということで、今回は、いつもの Diatone DS-A5 に換えて急きょ入手したスペンドール S3/5 を単体で鳴らしてみることにしました。

 
 家の DS-A5 は低音が出ないため、単体で鳴らしても大幅に低音をブーストするイコライジングをしないと使えないので、普通に使うことができません(サブウーハーと必ずセットです)。しかし、スペンドール S3/5 は一応 90Hz までは -3db に入る特性のようで、口径が小さいので重低音は期待できませんが、そこそこ低音は出そうです。このスピーカーを持って秘密基地を出てメインのオーディオのある部屋でメインのスピーカーの前に置き付録のアンプで鳴らしてみることにしました。

 
 まず、丸太の上に乗せて鳴らしてみました。しかし、残念なことにこのスピーカーは言われているほど良くありません。音に厚みがなく、音が薄っぺらでスカスカです。低音は DS-A5 より明らかに良く出ているのに惜しいとことです。

 
 初めは導入失敗ということで撤収しようと思ったのですが、念のため鳴らしているスピーカーを触ってみると、重さは公称 4.7kg と軽量なので箱の板厚も薄いようで箱がかなり振動しています。念のため、いつもはサブウーハーの上に載せている重り代わりの JBL 2420 ドラーバー(約 3kg)を S3/5 の上に乗せてみました。そうしたところ、スカスカだった音が一変して結構な音の厚みが出てきました。ただ、音の厚みという点では DS-A5 に敵いませんが低音がちゃんと出るので DS-A5 よりまともな音で聴こえます。

 
 と、なんとか S3/5 が聴けるようになったので、付録アンプの音をさらに良く観察しました。しかし、電源を 16V4A に交換しているとはいえ出力が小さく S3/5 は 8ohm で 84db/W と低能率のためさすがにメインのスピーカーの音と比較すると聴き劣りしています。やはり 8~10畳の部屋で低能率スピーカーを鳴らすにはさすがに力不足が分かってしまうことが分かりました。

 
 ちなみに、付録アンプで鳴らす S3/5 の音は、スピーカー周囲に十分空間を開けて鳴らすと音像がスピーカー周囲に広がりソロボーカルもスピーカー中央少し後ろに空間にポツンと浮かぶように音源があるように感じ、とても面白い音場感ができることが分かりました。オーディオショップさんなどで試聴させてもらうと B&W 805D などで出来る音場のようです。しかし、もっと音のエネルギーが欲しいと思い音量を上げて行くと全体の鳴りに歪感が出てきてしまいます。これは、おそらくアンプの側の問題だろうと想像します。同時に Counterpoint Solid-M1 とも比較しましたが、音の透明度、繊細感、分解の良さで付録アンプの圧勝でした。なお、家の Counterpoint は、トランジスタのバイアス電流を Hi/Lo 切り替えできるので、Lo として電流を下げて省エネ仕様にしていますが、本来の性能は Hi で A 級動作に近づける方が音が良いハズなので、Coounetrpoint に比較して必ずしも改造付録アンプの性能が良いとは言い切れません。また、組み合わせるスピーカーとの相性もあると思います、念のため (^^;
 

 


写真は秘密基地にスペンドールをセットした状態です。


 
 秘密基地で付録アンプでスペンドール S3/5 を使う場合は、サブウーハーとのクロスオーバーを 60Hz まで下げています。重低音も少し出て(サブウーハーのBOXが小さいので重低音が出切らない)かなり良い感じです。Diatone DS-A5 と比較するとやはり音の厚みが少ないですが、長時間両者を比較していると DS-A5 は高級中華料理のようなコッてりさと、S3/5 のフランス料理のような上品さといった違いのようで、どちらが良い悪いではなく、それぞれがそれぞれの特徴を持った音だと思います。

 
 しかし、付録アンプでも両スピーカーの音の違いを際立って変えてしまうという力があるは、ある意味すごいコトだと思います。

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
次回は、未定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 

 

 

イルミナムのページ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

January 01, 2012

2012 年 新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

 
 
旧年中は、このブログを見に来て頂いた多くの皆様、ありがとう御座いました。

今年も宜しくお願いいたします。

 




<2012.1.1>


 
今年もライトネタは相変わらずご無沙汰状態で、オーディオネタと写真の話題ばかりですが、それに懲りずに宜しくお願いいたします。

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »