« June 2011 | Main | August 2011 »

July 31, 2011

My Audio System

相変わらずPCオーディオを楽しんでいますが、先日試聴させて頂いたホーム商会さんの JBL から出る低音がすごく気になってしまいました。

 
試聴させて頂いた D66000 は 40cm ウハーが4個もあります。これに良いアンプが加わってバスドラムのドスンという音がちゃんと出ます。

一方、家のオーディオシステムはドスンの部分がパタという感じに聴こえます。昔からのことなのでここはあきらめていたのですが、待てよ、と考えてみました。

家のシステムは 1200Hz 以下を 25cm ウーハー(フロントホーンもどき)2本とサブウーハー 38cm 1本でまかなっています。25cm は2本で 38cm 1本にほぼ相当します。しかし、25cm は f0 がかなり高いのとチャンネルデバイダーで 90Hz 以下を切っているので、問題の重低音部分はサブウーハー 38cm 1本なので、D66000 の 4本と完全に 1/4 の放射量しか出せません。

しかし、自宅は狭く小さいので現在よりパワーを4倍入れることは可能です。しかし、サブウーハーは、ヤマハさんの B-5 パワーアンプの BTL 接続(ステレオアンプをモノラルとして使っている)で使っていることに問題がありそうと考えるようになりました。
 
そもそも、サブウーハーは JBL の 2235 というウーハーが入っているのですが、先の震災でエッジが破れてしまったので耐入力性は劣るコンシューマー用の 136A というウーハーに換えています(エッジ張替えより 136A を買った方が安かったので・・・)。これらのウーハーは昔から重いためバスドラム再生のようなスピード感の有る低音再生には向かないと言われていた(もっと軽いコーン紙のモデルが向いている)のですが、D66000 は自宅の 38cm と似たようなコーン紙のウーハーでバスドラムを再現しているため、やり方によってはバスドラムの音が改善できるのでは、と思った訳です。

 
先ず試したのは、バスレフポートからの音を減らして少しコーン紙の動きに制動を加えるため、ポートより少し細い水を入れて栓をしたガラス瓶を差込んでみました。これで、少し低音が硬く締まってきましたが、低音の量感は減ってしまいました。これはイメージ通りでした。

 
次に、ガラス瓶を入れたままスピーカーコードに1Ωの抵抗を直列に入れてみました。ダンピングファクターが変わるので、アンプによるスピーカー低音部の駆動が変わる可能性があります。音が一層硬くなりました。ここで、最初に試したガラス瓶を抜くと低音の下の方(バスレフの音)がきちんと出てきます。

 
次は抵抗を2Ωにしてみました。1Ωの抵抗は1個50円のセメント抵抗器でしたが、今度はそこそこ良い値段(数百円)の無誘導巻線抵抗器です。しかし、この1Ωと2Ωの差は分かりませんでした。

 
こんな実験をして結局、JBL のスピーカーに合うアンプはダンピングファクターが低いアンプなのかもしれないと考え、ホーム商会さんで委託中古品の30年ものの SAE A501 を購入してしまいました。サイズやパワーが家での使用条件に上手く合うので、前からちょっと気になっていたモデルです。スペック上では B-5 とほとんど同じクラスなので差が出ない可能性も高い選択でした。

 
アンプを交換した結果は、第一目標のバスドラムの音の改善は微々たるものでした。この意味では成功ではありませんでした。

 
しかし、このアンプだと低音の低いところまでが再生できるようです。低音の設定は B-5 より音量とトーンコントロールを絞っているにもかかわらず、体に低音の響きが伝わってきます。これは、今までかつて無かったことです。静かな音量で聴いていても振動が伝わってきてお腹が震えます。

 
データーを取っておきたかったのですが、現在測定用のマイク2本が行方不明でどこを探しても出てこないため、今、新たに2本を手配中です。また、手元にあるマイクは低音が正しく測定できません。また、旧アンプの B-5 は、再設置が大変なのでデーターは取らない予定です。

 
比較は出来ませんが、交換したアンプが現在どのような低音特性かは分かると思います。(経済的に買える範囲でのマイクは低音特性がそれほど良くないのでどこまで測定できるのかがちょっと不安ですが・・・)

 
昔から、JBL にマッキントッシュのアンプを組み合わせる例が多くこれは定番でしたが、マッキントッシュのパワーアンプもダンピングファクターが低く、この組み合わせが JBL の重いコーン紙のスピーカーと相性が良いのかもしれませんね。

 


現在のイルミナムのオーディオ構成


 
ダンピングファクターというスペックは普通はダミー抵抗で計る数字なので、アンプがドライブする相手が実際には周波数で値が変わる奇妙なモノなのでやはり相性があることが分かりました。

 
結局、当初の目的のバスドラムをドスンと鳴らすことは微々たる改善しかできませんでした。しかし、全く予想していなかった本当の低音という感じの低周波の空気の振動が十分に出てくることが分かりました。という訳で、今回は、あまりコストパフォーマンスは良くありませんでしたが、結果オーライの中成功としたいと思います。

 
 
 
 
と、ここまで来たのですが、何となく音がおかしくなってきたので周波数分析をしながらいろいろと確認をしたところ、どうも 25cm ウーハーのハイカットフィルターが上手く働いていないようです。

 
ネットワークも最終形にしてから20年以上になっています。そこに使っているのは、大昔に買ったフィルムコンデンサーですが、ハイカットが出来ていない原因はもしかしたら容量抜けを起こしたのかもしれません。いろいろテストとしてこの2日間でのべ20時間ほど連続で聴いていたのでついにネットワークに寿命が来た(すでに寿命になっていたことに今頃気が付いた)ようです。

 
新しく作るなら 800Hz か 1kHz に下げたいと思っているので、スコーカーのショートホーンが 800Hz は厳しいかもしれませんが、もし出来るなら夏休みにでも新たにウーハー用のネットワークを組もうと思います・・・・、まいった (^^;

 
 
 
 
 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2011

近所で写真 その14

このところ、SONY さんの NEX-3 に C/Y Cral Zeiss 1.4/85 を付けて撮影するのにかなりハマっています。

 
EOS 5D2 の Makro Planar 2.8/100 がメインなのですが、1.4/85 を APS-C で撮影すると 120 ~ 130mm 相当程度になるのでかなり自分の好きな画角の上、1.4 Planar のボケがなかなか綺麗で、これは、2/100(マクロでないプラナー)や 2/135 Planar より前後とも良い感じなので画素数は 5D2 よりかなり劣るものの NEX-3 に 1.4/85 に 27mm の中間リングをほぼつけっぱなしにして撮影しています。

 
そんな訳で、今日は、先月の撮影ですが近所を迷犬タルト号と一緒にお散歩に行った時の花のスナップ写真をUPいたします。

 

 
写真:びょうやなぎ:いずれも f1,4 他 Auto

 
写真:サフラン擬、ブルーベリー?:いずれも f1,4 他 Auto


 
 
 
私は、結構解像力がありピントがきっちり合っている写真を撮りたいと思っている方ですが、1.4/84 の開放での柔らかい描写を見ていると画素数の多さで解像感を求めるより美しい仕上がりを求める欲求が強くなって行くようです。 (^^;

 
 
 
 
 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2011

The Beatles

PCオーディオを開始しておよそ半年が経過しました。震災で休止期間もありますが、メインのオーディオでは、ほとんどPCと USB 接続で聴き続けています。ハイレゾ音源の方が圧倒的に良い気がしていましたが、CDをリッピングした曲もボリューム調整とイコライザー設定を上手くやるとハイレゾ音源とあまり変わらないような気がしてきてしまいました (^^;

 
この半年で、スーパーツイーターを JBL の 2405(家のシステムではツイーター JBL 2402 の上に 1uF で切って乗せているのでスーパーツイーターと呼んでいます)高域は 21.5k(-10dB)が限度なので 24/96 のようなハイレゾ音源の効果の中で超高音再生の効果は期待できませんでした。そのため、100kHz 以上までも再生できるパイオニアの PT-R7A リボンツイーターを 2504 に変えて見ましたが、組み合わせている他のドライバーと音圧が違いすぎ独立したパワーアンプで駆動しないと PT-R7A の出力が全く不足で高域が聴こえないことが分かりました。

 
PT-R7A を付けた状態でしばらく聴いていましたが、他の中高域スピーカーと高域のどこかで干渉するのか超高域が出ないだけでなく高域自体が減る方向に影響するのかバイオリンの音がいかにも金属弦がキンキンとするようになり、倍音が無い潤いの無い音になってしまうようになってしまったため、結局 2405 に戻してしまいました(接続極性を変えるなどいろいろトライしましたがダメでした)。

 
MDF を東急ハンズさんで切ってもらい設置用専用 BOX まで作った PT-R7A でしたがお蔵入りとなってしまいました。しかし、これは、将来 JBL の LE-8T を復活させたときに超高域用で使うことにする予定です。

 
ハイレゾ対応のための超高域再生設備の設置は失敗してしまいましたが、音源側で超高音は入っていないものの音の良さそうな 24bit/44.1kHz 音源を買ってみました。

 
2009年にリマスターされた The Beatles の UBS モデルです。

 
今までは、CD(パーロフォン版)でしたが、音があまり良くなかったので、聴く頻度はあまり高くありませんでした。リマスター版も発売後2年も経って今さら感が強いのですが、ビートルズさんもたまには聴きたいのと The Fool On The Hill. が入っているので買ってみることにしました。

 
ビートルズさんのレコードを初めて買ったのは40年以上前にシングル版(当時のドーナツ版)で The Fool On The Hill. でした。この曲は今でもかなり好きな曲の一つですが、持っている CD に入っていないので USB 音源にはちょっと期待してしまいました。

 


写真:CD は25年ほど前に買ったものです。青りんごのくきの部分が USB です。

 
USB の曲はかなりクリヤーです。ネットの批評でもリマスター版の CD より音が良いという意見が多いので本当に良いのだと思います。リマスターの CD 版は聴いたことが無いので自分では比較は分かりませんがパーロフォン版の WAV データーと比較すると、CD は温かみのある音で USB が歯切れの良い音という感じで音の左右への広がりは USB 版が圧倒的に広い感じがしました。

 
 
 
 
 
現在、PCオーディオを勉強中ですが、今後、USB ケーブルの違いでの音の違いなどを勉強していきたいと思います。

 
USB 転送は、USB 1.0/1.1 では4種類の転送方法があり、デジカメの画像データーを USB リーダーで読み込むときは非周期的に大量データを扱う転送方式のバルク転送(誤りがあれば再読み込みをする時間的余裕がある)、オーディや映像の転送ではリアルタイム性が要求されるのでアイソクロナス転送(転送失敗によるリトライは時間の概念の維持を困難にするので、USB では行わない)などが有るそうです。現時点では、USB オーディオのデーター転送はエラー補正のない出しっぱなしの信号を DAC で受け取るだけで動いているようです。

 
ttp://www2.renesas.com/usb/ja/about_usb/USB1_2.html

 
デジタル信号は0と1の信号だと言われますが USB ではどうやって送りどうやって区別しているのでしょう。ある閾(しきい)値を境に低い電圧を0、高い電圧を1とみなしているようで、USB 2.0 での信号は 400mV なので、閾値はその半部位なのでしょう。USB 1.0/1.1 の信号振幅は 3.3V なのでしょうか?、信号にノイズが混じっていた場合、エラーの起きる可能性やそのエラーで影響されるものが何かなど知りたいところです。地デジの信号劣化の代表的なものは、画面のブロックノイズと音声の途切れですが色彩への影響、再生音質などへの影響はあるのでしょうか(ただ気付かないだけ?)、ピュアオーディ系ではどこまで分かる差として出てくるのか、などを勉強していきたいと思います。

 
ちなみに、EOS 5D2 のPC接続撮影で普段使っている 5m の USB ケーブルをPCと DAC の接続に使うとプチというノイズと音切れの連続でまともな音楽再生は出来ません。音が途切れなければビット単位でのエラーなく転送できているのか、なども知りたいところです。

 
今自分の使っている DAC (izo iHA-21)は非同期転送だと思っていたのですが、本体内にはリトライするなら必要だと思うバッファになる ROM も無さそうなので良く説明を読むと “USB接続ではアシンクロナスモードを使用したアイソクロナス転送をサポートしており、非常にジッタの少ない高品質音声データ再生が可能”と記されていました。

 
アシンクロナスモードは非同期、アイソクロナスは同期のことなので、非同期方式で同期転送を行っているということで、DAC 内でエラーが有ったときはリトライするといった非同期ではなくPC側のクロックを使わないという非同期転送だと分かりました。

 
PCオーディオFANさんの USB DAC研究 (ttp://www.pc-audio-fan.com/special/usb-dac-research/)なども合わせてこれから良く勉強して行きたいと思います。

 
オーディオは、本来なら存在する音源が見えないため、さまざまな錯覚(錯聴)が起きているようです。変な話ですが、もし、お金を掛けず錯聴で良い音に聴こえるなら積極的に錯聴を取り入れたいと思います(音源のジャケットを正面に据え付けるなど)。一方、お金の掛かった錯聴はちょっとご勘弁頂きたいですね。

 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2011

小型バッテリー用荒れくれLEDランタンの作成

クルマの補充電用に太陽電池を購入したのですが、小型のバッテリーとセット販売だったのでそのバッテリー(12V8Ah)を使って荒くれLEDランタンを作成しました。

 
そこそこの明るさで長時間持つような簡単な光源と考えて、Cree XP-G を1個使用しました。

 
12V 電源なので降圧回路を入れるのですが、バッテリー容量が 8Ah もあるので少々効率が悪くても良いかと思ったのですが、かなり以前にサンドイッチショップさんから買った DownBoy 500mA を使うことにしました。

 
回路もむき出しで、LED もむき出し、ドーム状の樹脂を2個使用し重た間にティッシュを挟んだ簡単な拡散板を乗せるだけという思い切り手抜きの荒くれ工作です。

 
 
 
■ LED と電子回路

 
Cree XP-G と DownBoy 500mA です。XP-G は カッターエレクトロニクスさんから購入した小型円形アルミ基板付きですが、別の用途で使用した周囲をヤスリで削ったものです。

 
下の写真左側は部品で、右側はコードを配線したところです。

 

 


 
 
 
■ ヒートシンク

 
ヒートシンクは、使わなくなったPC用 CPU のアルミヒートシンクを流用しました。表面をかなりクリーニングしたのですが、CPU を付けていた時のシリコンが取れず、また表面が荒れて平滑度が下がると LED の金属基板との接着時の熱伝導が悪くなりそうで、あまりこの部分は触らないで LED 基板を接着しました。

 
接着には、2液性のセラミックエポキシを使いましたが、このエポキシも買ってだいぶたつので硬化剤(PART B)が硬化しノズル部分は全て硬化してしまっているので内部までほじくって少し残っていた液状部分を使用しました。

 

 

 
 
 
■ 消費電流

 
12.6V 電源で電流値は、148mA でした。これで消費電力は 1.86W です。LED 側は 500mA 時の Vf がおよそ 3.1V なので 1.55W なので回路の効率はおよそ 83% でした。DownBoy の効率もそこそこ良いと思います。

 

 
 
 
■ 拡散板

 
直径7cmの半球形の透明樹脂を2つ重ねています。その間にティッシュを挟んでいます。これで小さな行燈(あんどん)のようになっています。

 

 
 
 
■ 完成

 

 
バッテリーの上のヒートシンクを乗せただけ、拡散板は被せるだけ、電源スイッチはコードに付いた平型ファストン端子をバッテリー端子に差すだけですが、それぞれが結構な重量があるんので十分安定して使えるというモノで、160ルーメン程度の明るさで 50 時間以上(バッテリーが満充電時)の点灯が可能です。

 
連続点灯での温度上昇は測っていませんが、ヒートシンクサイズが大きいので多分問題は無いと想像しています。

 
耐久性はほとんど無いと思いますが、非常時に1回使うだけの予定なので壊れないように保管できれば、また必要な時にどこに行ったか分からなくならずに取り出せれば良いと思います。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »