« 壱式 SS XP-G(外観編) | Main | 久しぶりの「荒れくれMOD」 »

April 24, 2011

壱式 SS XP-G (データー編)

先週の 壱式 SS XP-G (外観編) に続いて今週はデーター編です。

 
今回は、2種類のLED発光色のモデルがそろっていますので、その両方のデーターを取ってみました。

 
 
 
壱式 SS XP-G ビームショットとデータ

 
 ● 電池:CR2 電池 1本(付属しています)

 
 ・ Cool White model
 

 
写真:ビームショットと20段階図です

 

 
グラフ:Low level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール、右:2080 ポイントスケール)

 
 
 

 ・ Natural White (3D) model

 

 
写真:ビームショットと20段階図です

 

 
グラフ:Low level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール、右:2080 ポイントスケール)

 
 
 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
壱式 SS XP-G Cool White 6,580 2,310,368 156
壱式 SS XP-G Natural White 3D 5,810 2,130,032 144

 
 
ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。また、Cool White を基準としていますので、Natural White や Warm White の場合の誤差は大きくなる傾向があります。

 
 
 
 

 

■ まとめ

 
リフレクターが深いため比較的小型のライトにしては周辺への拡散光が少ない傾向です。「小さいのに高性能」を絵に描いたようなモデルです。

 
非常にシンプルな 350mA 駆動なので明るさが XP-G 本来の力を出し切っている感じの結果となりました。

 
 
 
 
 

次回は、「久しぶりの 荒くれMOD」 を予定しています。

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« 壱式 SS XP-G(外観編) | Main | 久しぶりの「荒れくれMOD」 »

Comments

monozof さん、こんばんは。

最終に間に合ったのですね、ゲットおめでとうございます。

今回は、同時に Surefire G2X pro といっしょにデーター取りをしたのですが、G2X がリフレクターが大きい分十分に集光するので中心照度は 壱式の4倍位明るいです。しかし、イルミナムインデクスは、壱式の半分でした。

壱式は間違いなく明るいです。公称:約 350mA の回路としてはトップクラスではないでしょうか。もしかしたらもう少し流れているかもしれませんが・・・。

本体が小さいので点灯してその明るさに驚くパタンです。


Posted by: イルミナム | April 25, 2011 at 23:47

おお!あのリフ径でここまで集光されてるは。
ニュートラルホワイトの方のデータもあって大変参考になります。

ええ、実は前回こちらでチラとボヤいたら最終分のカート設定を親切な方に教えて頂けまして、おかげでかろうじて私も1本ゲット出来たっぽいです。
いや、しかしニュートラルホワイトの144ルーメンでもかつてのSUREFIRE L6の倍なんですもんねえ。
今なら更に出力半分に落としても充分明るいかも。

Posted by: monozof | April 25, 2011 at 20:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/51485755

Listed below are links to weblogs that reference 壱式 SS XP-G (データー編):

« 壱式 SS XP-G(外観編) | Main | 久しぶりの「荒れくれMOD」 »