« moon | Main | MAG-Lite XL100(外観編) »

February 27, 2011

PCオーディオ始めます

ヘッドホンアンプを買ったことをきっかけとして全く予期せず始まったデジタルオーディオがなかなか良いので、ついにPCオーディオを始めようと思っています。

 
現在、iPad に CD から iTunes WAV 形式で取りこんだ音楽データーを入れ USB 出力でヘッドホンアンプ(DAC120SE)に入れて、家のビンテージオーディオで鳴らしています。これは、iPad もヘッドホンアンプも USB 1.1 サポートなので 16bit/44.1kHz での再生となり、CD と同じサンプリング周波数の音源として再生できています。

 
しかし所詮 CD クオリティなのでCDプレーヤーから同軸デジタルでヘッドホンアンプ(DAC120SE)に入れた音と比較するとCDプレーヤー(マランツ CD-16D )の方が少しツヤのある音という好ましい音だと思います。しかし、iPad も十分に良い音で、CD入れ替えの手間が無い分 iPad が便利でCDは使わなくても良いと思うようになっています。

 
また、現在は USB 1.1 ですが、ヘッドホンアンプ(ここでは DAC 機能)を USB 2.0 サポート体制にすれば 24bit/96kHz のハイサンプリング音源を再生することが出来るよになります。

 
ということで、ハイサンプリングのPCオーディオを経験したいと思い、PCオーディオ開始宣言をいたします。

 
24bit/96kHz 対応 DAC は来月(2011.3)購入を予定していますが、PC側で音源は今日先行して購入してみました。

 
今回購入したのは、八城一夫トリオ の Side by Side で大昔は LP 盤レコードで、その後CDを購入し、現在は iPad で聴いていますが、同一演奏であれば音の比較が出来やすいので全10曲をHD版で購入し、ノートPC(DELL Studio XPS16)にDLしてみました(これは DRM コピーガードが掛かっています)。

 
まだ、PCオーディオが分かっていない部分も多いのですが、DRM 付きなので Windows Media Player での再生となります。ノートPCを使って USB 出力をする時、現在は DAC が対応していませんので、多分PC内で 24/96 のハイサンプリング音源をダウンコンバートして USB 出力していると思いますが、この辺はまだ良く理解できていません。

 
そんな状態でハイサンプリング音源をノートPCを電池駆動とし(ACアダプターを付けずに)USB からヘッドホンアンプに入力すると、DAC 側が 16/44.1 にもかかわらず音質は本当に素晴らしいの一言でした。

 
音にツヤが出て実体感が良くなりました。はっきり言ってマランツ CD-16D でピックアップするCDの音より数段良い音に感じました。

 
 
 
24/96 対応 DAC を購入した後、いろいろ聴き比べてみたいと思います。

 
 
 
 

・おまけ

 
今のシステム設置場所の関係で USB コードが1mでは短いのでオヤイデさんの銀線 USB ケーブルキット(1m)に銀線と被服を追加購入して2mの USB ケーブルを自作してみました。

 
予想に反して大苦戦で、一時はギブアップしようと思うほど大変でした。

 
ノイズ防止のために銀線をよじるとのことですが、これに思い切り時間がかかりました。端をテープで固定し、ねじっていくのですが、キットの1mでなく2mなのでよじっていない側の線が絡まり大変でした。

 
次に大変だったのは、被服を被せる作業ですが、これは被服に入った銀線を押え被服を線に被せるように進めると上手く行きました。

 
本当に大変だったのは、銀線が単線のため、単線の被服をカットする際に銀線にキズが入るとちょっと力が掛かっただけで銀線が簡単に折れて断線してしまいます。

 
導通チェック後にコネクターを固定する作業中にコードがたわんで断線してしまいます。2回断線し、やり直し3回目でやっと断線せずに固定できました。

 
簡単だろうと高を括っていたのですが、とんでもない大仕事になってしまいました。またコネクターカバーはボロボロで写真でお見せできないほどひどい状態になってしまいました (^^;

 
 

 


キット+銀線4m、右上に2m分の被服

 


「よじる」のはとにかく手間がかかりました

 


綺麗に出来たと思ったのですが、この後悲惨な状況が待っていました

 


何とか完成しましたが、FOSTEX の USB コードより音が・・・ orz

 
 
肝心の音は、なんとなく残念な結果です。高域が少し出なくなった感じで、楽器などの分離は何となく良くなったような気がしますが、高域が出ない感じかする分音のヌケが悪くなった感じです。

 
今後、時間が有ればコードの半田部分の空間をエポキシで充填したり被服をシールド線のような被服処理などを追加しようと思います。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« moon | Main | MAG-Lite XL100(外観編) »

Comments

更新楽しみにしています。E1eとE2eに入れていて配光は満足していますが、実際の分布としてどうなのか、光束どれくらい出ているのかとても気になります。

Posted by: なかた | March 15, 2011 at 01:58

なかた さん、こんばんは。

> ホームページ更新していないだけで注文すれば作れるはずです。

なるほど、そうでしたか。もろもろ片付いたら昨年すでに到着している Veleno Designs E series Drop-In Neutral White LED 2 Mode も早くUPしないといけませんね。

Posted by: イルミナム | March 14, 2011 at 22:32

ああ、周波数帯域20khzは44.1khzの場合でしたか。だとしたら納得です。ローパスフィルタけちってハイデフ音源でも20khzで遮断しているのかと思いましたが、この豪華構成ならあり得ないですよね。
E系モジュールについては、自分が「充電池対応のモジュール作ってくれないか」と問いかけ、じゃあ作るといった経緯があります。その後これが正規ラインナップになりました。このため自分のは唯一充電池対応でCool Whiteです。ガンダムです。
自分手慰みで個人輸入の代行やっていて、GD版を求められた方がいらしたがSold outと言われ、よく聞いてみたらGDが無いというので自分がサンドイッチショップで購入して彼に送りました。彼は毎回それを使うたびにこちらに断りを入れるので、ホームページ更新していないだけで注文すれば作れるはずです。

Posted by: なかた | March 11, 2011 at 12:51

なかた さん、こんばんは。

izo の f特が 20K は 44.1 なのでこんなものだと思います。96k なら 48k 程度までそこそこフラットに伸びるのでは?と良いように解釈しています (^^;

ネットでいろいろ勉強していると、192kHz 音源より 96kHz 音源の方が音が良いという意見があったりしますね。196K は音が薄いといったことらしいです。私は、すでに 24/196 音源を1つ購入たのですが、まだ DAC が対応していないので多分 16/44.1 でしか再生できていません。

> E系のLEDモジュールはSOB/GDともに自分が彼に送ったため

そうでしたか、良い回路を使っているのですね。でも " GD and SOB series modules are sold out." となっていますね。

SOB/GD と言えば、サンドイッチショップさんはちょっとご無沙汰しています。LED 効率が飛躍的に向上したので変換効率の高い高性能電子回路でなくてもそこそこ電池が持つので安物に浮気することが多くなってしまいました (^^;

Posted by: イルミナム | March 10, 2011 at 23:57

DAC-1000(S)は、96khzまでならドライバ無しでいけるはずなので、192khzいける可能性もありそうですね。逆にizoは、周波数特性が20khzまでとなっている点が気になります。こちらも実際にはもっと上まで伸びていて表記だけ簡略している可能性も高いとは思いますが、ローパスフィルタで20khz近辺で切っているとしたら周波数の意味がなくなってしまう。
いずれにせよ周波数帯域は上が44khzあれば充分と思いますので、自分は96khzまででもいいかと思っています。自分のDACが96khz/24bitまでな事の負け惜しみじゃありません。ありませんったら。
E系のLEDモジュールはSOB/GDともに自分が彼に送ったため充電池仕様も在庫あるはずなのですがホームページ更新しませんね。SOB/GD版のCoolはないようですが……

Posted by: なかた | March 10, 2011 at 15:16

なかた さん、こんばんは。


> ONKYOのDAC-1000(S)

価格.com のスペックを見ると USB の入力サンプリングレートが 24/96 S/N 比が 116 dB のように書いてありますが、onkyo のHPでは“24bit/96kHz や24bit/192kHzの音楽配信サービスなどで入手可能なHD音源にも対応” と書いてあるので気になります。

しかし、似たような価格で USB 接続で 24/192 に対応していると表記されている ttp://izo.co.jp/zbxe/iha21 の iHA-21 を候補にしています。

このメーカーについては予備知識が無いのと、製品に使用しているオペアンプが不明なのですが、前のモデル iHA-1 V2 はオペアンプに 627AP を使っているのと、iHA-21 はオペアンプ交換が出来る仕様のようなので、これにする予定です。なお、発売が延期になってしまいましたが・・・ (^^;


PS.
Surefire の E タイプ用互換 LED (ガチャガチャのカプセルのようなパッケージでした)を昨年 Lighthound さんで買ってデーター取りまでしているのですが、外観写真をまだ撮影していないのでUP出来ていません。Lighthound さんにはナチュラルホワイトしか無かったのですがご本家で cool white を売っていたのですね。でもちょっと高いので買い足すのはかなり先になりそうです、・・ってその前にナチュラルホワイト版をブログにUPしないといけませんね。

Posted by: イルミナム | March 09, 2011 at 22:58

DAC120SEって検索してみましたがすごいですね。バーブラウンPCM1793にOPA2604積んで2万ですか。昔使ってたDENON DA-500GはPCM1792×2に安物OPAmpで7万5千円だったなあ。とはいえ構成伺うとますます、USBDACをがんばりたい気がしますね。ONKYOのDAC-1000(S)とか心動きますがどうなんでしょう。
うちは先述の通り一点豪華主義でDACだけStelavoxですが、プリはパッシブのCreek OBH22、パワーはICEPower搭載デジアンのAcoustic Reality eAR252、スピーカーはELAC FS248です。本当はDACももう性能的に旧式なんだろうなあ。

Posted by: なかた | March 09, 2011 at 02:46

なかた さん、こんばんは。

家のビンテージオーディオ(大昔のそこそこ高級オーディオ機器を勝手にこう呼んでいます)は GOLDMUND のようなハイエンド製品ではなく、プリアンプ YAMAHA C-2a、パワーアンプ YAMAHA B2X + B5(2台)というパワーアンプ3台の疑似マルチアンプシステム(チャンネルデバイダーではなくスピーカーネットワークで周波数分割しています)で自作の JBL 4 way + 0.1(サブウーハー)を鳴らすというアッパーミドルクラスです。

このシステムに 24/96 ソース( 八城一夫氏の Side by Side シリーズ)を DELL XPS16 に入れた ulilith (これはソースの bit 数やサンプリング周波数が表示されます)で再生し、USB DAC として使っている DAC120SE からのアナログ出力を C-2a に入れています。

とても安価な DAC120SE で 96/24 対応でもないにもかかわらず 16/44.1 とは次元の違う音に聴こえます。

ハイレゾ音源は DRM フリー化していく可能性があるので、これから高音質が欲しい楽曲は、CD は買わずに e-onkyo さんなどから音源を買う方向にしようと思っています。しかし、まだ DRM フリーのハイレゾ音源が少ないので今後に期待です。

Posted by: イルミナム | March 07, 2011 at 21:02

うちはLet's NoteにiTunes、Airmac Express経由でStellavox ST2 96/24に入れてます。iTunesを主軸にしているためハイデフは出来ませんが、まあ満足しています。しかしDVD-Audioを一枚購入し、この音は本当に素晴らしいものでした。とはいえPCオーディオに慣れるとディスクのかけかえも面倒で、SACDでもDVD-AudioでもいいからPCにエンコできるようにして頂きたいです。

Posted by: なかた | March 07, 2011 at 00:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/50989058

Listed below are links to weblogs that reference PCオーディオ始めます:

« moon | Main | MAG-Lite XL100(外観編) »