« エネループ カラーラメ入り限定版 | Main | Wolf-Eyes DefenderIII Cree XP-G R5(外観編) »

January 16, 2011

カワセミさんのお食事 (動画です)

ちょうど1年前に行った洗足池に出かけ、先日購入した SONY さんの NEX-3 の試し撮りをしてみました。カワセミさんはこれで2回目の撮影です。

 
APS-C センサーなので画角が 35mm 換算で 1.5 倍などと長くなるので昨年使ったレンズと全く同じ構成で再びカワセミさんの撮影をしてみようと出かけました。

 
今回は迷犬タルト号も一緒でしたが、撮影中おとなしく待っていてくれました。

 
昨年は EOS 5D ですが、C/Y テレテッサー 4/300mm に2倍テレコンの Mutar II を付け f5.6 (実効値 f11 )で ISO 1600 で撮影をしました。

 


2倍テレコンで 600mm (35mm換算 900mm)です

 
 
 
しかし、コンデジ型(ビューファインダーが無いタイプ)は操作性が著しく悪く 1/400、1/500 といったシャッター速度ですがライブヴューでカワセミを捉えピント合わせをしているうちに違う場所へ移動してしまったり、拡大してピント合わせをしているのですが、セルフタイマーで撮影してもピントが甘く昨年の 5D と同等の写真は撮れませんでした。

 
2時間位の撮影でスチルはちょっとムリだと判断し、動画に切り替えて少し撮影してみました。

 
NEX-3 はフルでないハイビジョン仕様での撮影が可能で 720 ライン 30 フレームで撮影してみました。

 
ちょっとピントが悪いですが、毛づくろいをしたりと動きのある場面です。

 

 
 
 
カワセミさんがお食事をしているところです。3分位の間に3回食べています。1回目はピンボケで良くみえませんが・・・ (^^;

 

 
逆光になっているため、カワセミさんの表情が見にくかったので +2.0 補正しました。カメラのモニター上でそれほど気にならなかったのですがオーバーになり過ぎてしまいました。

 
 
 
カワセミ撮影をマニュアルフォーカスで行う場合は、ファインダーの付いているカメラが圧倒的に良いと思いました。また、NEX-3 は合成 600mm (35mm換算 900mm)レンズとはバランスがあまりにも違いかなり使いづらかったです。素直に 5D2 でトリミングした方が良かったのでは、と思いました。

 
動画は思ったより面白かったです。もし、NEX-5 であればフルハイビジョン(1080 ライン 60 フレーム)撮影が出来るのですが、NEX-3 ではちょっと力不足でした。しかし、動画を視野に入れるカメラ選びであれば パナソニックさんの GH2 といった選択もあるものの、新機材が欲しくなってしまうといけないので動画は避けて通りたいと思います。

 
 
 
次回は未定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« エネループ カラーラメ入り限定版 | Main | Wolf-Eyes DefenderIII Cree XP-G R5(外観編) »

Comments

monozof さん、おはようございます。

F505 はレンズ優先のスタイルでしたね。SONY さんは、あまりそのモノらしさにこだわらないようなので面白いです。

今のデジカメの動画は確かに良くなっているようですが、35mmのフィルムに匹敵するのかは良くわかりません。

しかし、5年以上前の話ですが、当時のデジタル撮影後の処理で、今の DxO FilmPack のようにフィルム撮影で現像処理違いによる異なる画質が作れてフィルム違い/現像処理違いによる好みの画質の絵作りができる。このことは、フィルムからデジタルに変えても監督さんの好みに対応できると説明でした(当時はハードウエアーエンコードダーでの話です)。

そのときのデジタル撮影機材が数千万円と言っていましたが、EOS 5D2 や 7D を使うと一桁安く同じクオリティのシネカメラが用意できるという話のようです。

ただ、5D2 は 60p が無いでの(30フレーム・プログレッシブなので)本当はフルHD(1080)で60フレームほしいのだろうと思います。( 7D は 720 で 60p 撮影が出来ます。ちなみに NEX-5 の フル HD はインタレースで 60フレーム仕様と50フレーム仕様があるようです)

自分にとって、どのレベルの動画記録仕様が良いのかなど良く分かっていませんが、デジ一動画は通常のハンディカムと決定的に違いレンズを比較的自由に選べるので、ハンディカムでは撮れない被写体をそれないりに良い画質で撮ることが出来ることが一番のメリットだと思っています。

Posted by: イルミナム | January 23, 2011 at 11:25

デジ一最小ボディとの組み合わせがなんともシュールな造形でF-505をちょっと思い出しました。

しかし720P:フルスクリーンで観させて頂きましたが最近のデジカメの動画クォリティは本当にすごいですよね。
フルサイズのEOS 5Dだともう映画用35mmに匹敵あるいは凌駕してるんでしたっけ?

Posted by: monozof | January 22, 2011 at 22:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/50606718

Listed below are links to weblogs that reference カワセミさんのお食事 (動画です):

« エネループ カラーラメ入り限定版 | Main | Wolf-Eyes DefenderIII Cree XP-G R5(外観編) »