« December 2010 | Main | February 2011 »

January 30, 2011

Wolf-Eyes DefenderIII Cree XP-G R5 (データー編)

先週の Wolf-Eyes DefenderIII Cree XP-G R5 (外観編) に続いて今週はデーター編です。

 
このライトはタクティカルタイプでボディの質感がとても良いフィーリングです。配光は、MAX(100%) 、MID(20%)、LOW(2%) 、ストロボですが、照射角も変えられるので、今回はそれぞれの明るさを照射角のワイド端とスポット端でデーターを取りました。

 
 
 
Wolf-Eyes DefenderIII Cree XP-G R5 ビームショットとデータ

 
 ● 電池:Li-Ion LRB-168A 電池 1本(付属しています)

 
 ・ ワイド配光 2%
 

 
写真:Low level でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Low level での3Dグラフです(縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 

 ・ ワイド配光 20%
 

 
写真:Low level でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Low level での3Dグラフです(縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 

 ・ ワイド配光 100%
 

 
写真:Low level でのビームショットと20段階図です

 

 
グラフ:Low level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール、右:縦軸 1040 ポイントスケール)。

 
 

 ・ スポット配光 2%
 

 
写真:Low level でのビームショットと20段階図です

 



グラフ:Low level での3Dグラフです(縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 

 ・ スポット配光 20%
 

 
写真:Low level でのビームショットと20段階図です

 



グラフ:Low level での3Dグラフです(縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 

 ・ スポット配光 100%
 

 
写真:Low level でのビームショットと20段階図です

 

 
グラフ:Low level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール、右:縦軸 1040 ポイントスケール)。

 
 
 
 
 ・ 3Dグラフ内の Illuminum Index(イルミナムインデクス)とは = http://www.illuminum-led.com/fl_017.html
 ・ イルミナムインデクスでライトを比較したモノは、http://www.illuminum-led.com/flm_021.html をご参照ください。左ペインのライト名がそのライトのページにリンクしています。なお、データーは 2006.7.2 以前のモノで、最新のデータはまだ整理できていません m(_ _)m 
 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ Li-Ion LRB-168A 電池 1本

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
wolfeyes Difender III 2% Wide 21 15,521 1
20%Wide461 431709 29
100%Wide2,175 1,793,436 121
2% Spot 273 65,504 4
20%Spot5,380 408,464 28
100%Spot23,280 1,100,000 74

 
 
 

 
今回も、同じLEDの出力でワイドとスポットでイルミナムインデクスに差が出ています。測定誤差もあると思われますがレンズの位置による光取り出し効率の違いの可能性も高いと思われます。

 
 
ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

 ・ 配光角の変化の様子

 


 
 
 
 


■ まとめ

 
そもそもこのライトはタクティカル用途なので、ワイド配光といっても大きく広がる配光ではありません。一方、スポットは、LED の素子の表面形状が映るような集光の仕方をします。

 

 
 
このライトも LED LENSER さんの照射角可変ライトのようにスポットでのイルミナムインデックスが低い値となりました。

 
アウトドアなどで広く照射しようとする用途には向きませんが、いかにもタクティカルなライトで、ターボヘッド(リフレクターを大型化して集光性を高めたモノ)同等の集光性だと思われます。このため、コンパクトでターボヘッド並みの集光性と言う意味で良いライトだと思います。

 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 23, 2011

Wolf-Eyes DefenderIII Cree XP-G R5(外観編)

本当は、昨年中にUPする予定だった Wolf-Eyes さんの DefenderIII Cree XP-G R5 の外観編です。

 
照射ビーム角が可変出来るタイプなので、どのような様子か興味があったので購入してみました。ベゼル(ヘッド)部分をスライドさせることで照射角を変えることが出来ます。なお、防水性能が高いためか、スライドさせても内圧で位置が戻ってしまったりとスライド操作はスムーズでは有りません。

 
電池はリチウムイオンの( Li-Ion )LRB168 1本タイプです。専用充電器と電池が付属しています。

 
このライトで使われているLEDは、Cree さんの XP-G R5 (Cool White)です。

 
明るさも切り替えることができ、MAX(100%) 、MID(20%)、LOW(2%) ストロボと変更できます。なお、点灯はプッシュクリックですが、切り替え時は半押しで希望のモードになるまでの回数軽く押します。

 
パーッケージはしっかりした箱で、付属品は取扱説明書、ストラップ、ポーチ(ホルスター)、Li-Ion 電池、専用充電器です。

 

 

 

 

 
 
 
Wolf-Eyes さんの製品の品質はとても良い感じです。

 


写真はベゼルを縮めた状態(ワイド配光)です。

 
 

 

 
 

 
写真 左:ベゼルを伸ばしたスポット状態、右:ベゼルを縮めたワイド状態

 
 
大きさは、標準的な CR123A 2本タイプと同じです。


写真:左 Pelican M6、右 DefenderIII

 
 

 
 
 
 
 
 
 
次回は、データー編の予定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 16, 2011

カワセミさんのお食事 (動画です)

ちょうど1年前に行った洗足池に出かけ、先日購入した SONY さんの NEX-3 の試し撮りをしてみました。カワセミさんはこれで2回目の撮影です。

 
APS-C センサーなので画角が 35mm 換算で 1.5 倍などと長くなるので昨年使ったレンズと全く同じ構成で再びカワセミさんの撮影をしてみようと出かけました。

 
今回は迷犬タルト号も一緒でしたが、撮影中おとなしく待っていてくれました。

 
昨年は EOS 5D ですが、C/Y テレテッサー 4/300mm に2倍テレコンの Mutar II を付け f5.6 (実効値 f11 )で ISO 1600 で撮影をしました。

 


2倍テレコンで 600mm (35mm換算 900mm)です

 
 
 
しかし、コンデジ型(ビューファインダーが無いタイプ)は操作性が著しく悪く 1/400、1/500 といったシャッター速度ですがライブヴューでカワセミを捉えピント合わせをしているうちに違う場所へ移動してしまったり、拡大してピント合わせをしているのですが、セルフタイマーで撮影してもピントが甘く昨年の 5D と同等の写真は撮れませんでした。

 
2時間位の撮影でスチルはちょっとムリだと判断し、動画に切り替えて少し撮影してみました。

 
NEX-3 はフルでないハイビジョン仕様での撮影が可能で 720 ライン 30 フレームで撮影してみました。

 
ちょっとピントが悪いですが、毛づくろいをしたりと動きのある場面です。

 

 
 
 
カワセミさんがお食事をしているところです。3分位の間に3回食べています。1回目はピンボケで良くみえませんが・・・ (^^;

 

 
逆光になっているため、カワセミさんの表情が見にくかったので +2.0 補正しました。カメラのモニター上でそれほど気にならなかったのですがオーバーになり過ぎてしまいました。

 
 
 
カワセミ撮影をマニュアルフォーカスで行う場合は、ファインダーの付いているカメラが圧倒的に良いと思いました。また、NEX-3 は合成 600mm (35mm換算 900mm)レンズとはバランスがあまりにも違いかなり使いづらかったです。素直に 5D2 でトリミングした方が良かったのでは、と思いました。

 
動画は思ったより面白かったです。もし、NEX-5 であればフルハイビジョン(1080 ライン 60 フレーム)撮影が出来るのですが、NEX-3 ではちょっと力不足でした。しかし、動画を視野に入れるカメラ選びであれば パナソニックさんの GH2 といった選択もあるものの、新機材が欲しくなってしまうといけないので動画は避けて通りたいと思います。

 
 
 
次回は未定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 09, 2011

エネループ カラーラメ入り限定版

私の好きなLEDライトは単三電池を使うタイプです。以前は、使う電池は大容量(2600mAh など)のニッケル水素(Ni-MH)をメインで使っていました。しかし、2000mAh などの電池と比較し、安かった GP さんの大容量 Ni-MH は特に扱いにくく直ぐに放電して使えなかったりかなり頻繁に放電/充電しなくてはいけないため、手間が掛かっていました。

 
しかし、最近は昔と違いLEDライトのLED効率が高くなって大容量の Ni-MH でなくてもそこそこランタイム(連続点灯時間)も伸びているので特に容量が大きい必要も減っているため自己放電が劇的に少ないエネループ(1900mAh)に切り替えているところです。

 
そんな中、先日エネループにカラーバージョンの限定版が売られていたので早速購入してしまいました。色モノの限定版は以前にもありその時には全く気付かず買い逃してしまったので今回は速攻で注文してしまいました (^^;

 
届いたエネループはラメも入ってなかなか綺麗だったので、写真撮影の練習を兼ねて写真に撮っておくことにしました。

 


パッケージは簡易なケースになっています。

 


電池手前の映り込みがグチャグチャになっています (^^;

 


いつも単三 Ni-MH 電池2本で使っている ARC LSL MOD を置いてみました。
これも ARC LSL の影がグチャグチャになっていますね (^^;

 
 
今回は、電池本体の色が良く出てラメが写ることを主眼にストロボ2灯で撮影してみました。

 
電池本体だけが綺麗に写ればと思い切り抜き前提で撮影したのですが、実際に切り抜いてみるとちょっと物足りない写真になってしまうことが分かりました。そのため、手前の映り込みがかなりグチャグチャですがそれも面白いと勝手に解釈し映り込みを残しています。なお、2枚目の正面写真では電池本体のene文字付近が少しハレぎみです。

 
今回の撮影で、下地に反射の強い素材を使うことで電池本体の色やラメが綺麗に出ることが分かりました。今回はアルミホイルの光沢側を使ってみましたがビシッとならないためもっと厚手でしっかりしたミラー状の地の素材があれば良かったと思いました。

 
しっかりしているミラー状のシートなど今回の撮影であったら良かったと思えるような素材が東急ハンズさんででも見つけたら、撮影をするかどうかは別にしても買っておこうかと思っています。

 

 
 
 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2011

NiteCore New EZ-AA (データー編)

先週の NiteCore New EZ-AA 外観編 に続いてデーター編です。

 
このライトの LED は Cree XR-G 明るさランク R5(cool white)です。このライトは多段階とのことですが事実上無段階という感じに明るさを切り替えることが出来ます。このため、今回は明るさの区切りが分かる 50% と 100% でデーター取りをしました。

 
このライトは電源にアルカリ電池、ニッケル水素(Ni-MH)電池、14500 Li-Ion 電池(保護回路付きが指定されています)などが使用できますが、今回のテストは eneloop です。

 
 
 
NiteCore New EZ-AA ビームショットとデータ

 
 ● 電池:単三電池 1本(ビームショット・データー測定は eneloop で行っています)

 
 ・ 50% mode
 

 
写真:50% mode でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:50% mode での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 
 ・ 100% mode
 

 
写真:100% mode でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:100% mode での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 

 
 
 
 
 ・ 3Dグラフ内の Illuminum Index(イルミナムインデクス)とは = http://www.illuminum-led.com/fl_017.html
 ・ イルミナムインデクスでライトを比較したモノは、http://www.illuminum-led.com/flm_021.html をご参照ください。左ペインのライト名がそのライトのページにリンクしています。なお、データーは 2006.7.2 以前のモノで、最新のデータはまだ整理できていません m(_ _)m 

 
 
 
 
 


 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ 単三電池 1本(データー測定は eneloop で行っています)

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
NiteCore
New EZ-AA
50% 1,549 988,536 67
100% 2,854 1,649,248 111

 
ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

■ まとめ

 
このライトは調光が可変出来ること以外に使用する電池が単三乾電池以外にニッケル水素(Ni-MH)電池、14500 Li-Ion 電池(保護回路付きが指定されています)でも使用できるのでユーアーにとっては大変使いやすいライトだと思います。

 
おそらく、Li-Ion 電池であればもっとデーターは明るい値が出たものと推測されますが、今回は諸般の事情でテストできませんでした m(_ _)m

 
このライトは、良いです。私が個人的に好きな単三1本タイプで、質感も良く、明るさ調節の機能もある上で明るさは十分だし、コンパクトで、Li-Ion 電池も使えるということで、現時点で単三電池1本のタイプの中では最もお気に入りの1本になりました。

 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 01, 2011

2011 年 新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

 
 
旧年中は、このブログを見に来て頂いた多くの皆様、ありがとう御座いました。

今年も宜しくお願いいたします。

 




<2011.1.1>


 
今年も写真がメインになりそうで、ライトネタは相変わらずご無沙汰状態ですが、それに懲りずに宜しくお願いいたします。

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »