« November 2010 | Main | January 2011 »

December 26, 2010

NiteCore New EZ-AA (外観編)

今回は NiteCore New EZ-AA 外観編です。

 
単三電池1本タイプのLEDライトは電池の入手性の良さ、コンパクトさなどから大好きなタイプです。今回は、NiteCore さんの New EZ-AA を購入してみました。このライトは9月初めに購入したものです。

 
このライトは、以前の黒いタイプの EZ-AA のモデルチェンジ版ですね。

 
このライトで使われているLEDは、Cree さんの XP-G R5 (Cool White)です。

 
明るさを切り替えることができ、点灯させた後すばやく off > on させると暗いところから少しづつ明るくなり 50% で一度点滅しその後 100% で2回点滅します。この間の好きな明るさで止める(off にする)と次回からはその明るさで点灯開始する仕様です。

 
パーッケージは透明樹脂の箱で、付属品は取扱説明書、ストラップ、スペアOリングで電池は付属していません。

 

 

 
 

 
 

 
電池は付属していないので、eneloop を置いています。

 
 
EZ-AA は、単三電池1本としてはかなりコンパクトです。

 


写真左から:LED LENSER M5、旧 EZ-AA、New EZ-AA

 
 
旧 EZ-AA とほぼ同じですが、少し太くなっています。明るさ調整回路の分が太いのかもしれませんね。

 


写真:左 旧 EZ-AA、右 New EZ-AA

 
 
 
 
 
 
 
次回は、データー編の予定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 19, 2010

EOS 5D2 で マクロリングライト ML-3 を使ってみる その2

先日購入した安価な中古のリングストロボ(Canon マクロリングライト ML-3)で切手の写真を撮影しました。

  
スキャナーと比較してメリットが全くないことに気が付いてはいるのですが、とりあえず撮影してみました。無反射ガラスのテストをしてみましたが、リングライトの反射が入ってしまうため、結局無反射ガラスは実用になりませんでした。

 
レンズは Canon コンパクトマクロ 50mm f2.5 にライフサイズコンバーターと ND4 フィルター を付けて f22(実効値)での撮影です。

 
撮影した切手はもっと沢山有るのですが、あまり絵にならないので日本最初の切手(竜文切手)4種類のうち持っている3種類をUPしました。この切手は140年近く前に発行されたモノです。

 
四十八文、百文、二百文です。日本の初期の切手は印刷の版が手彫りで、このため一シートの中のそれぞれが少しずつ違ったりしています。紙質も和紙で縞が入っているモノや無地、版も種類がありバリエーションに富んでいます。

 
若い頃、父とともに収集し、切手整理は老後の楽しみにしようと思っているモノで、40年以上前に購入したコレクションです。

 
切手の分類は、今日のブログにはUPしていませんが、消印もなかなか面白くバリエーションが豊富です。

 


第1版 無地

 


第1版 縞

 


第1版 縞 銭字肩点落ち

 
緑色の五百文切手は、結局入手しそこないました。しかし、将来機会があれば入手したいと思っていますが、・・・・。

 
未使用の切手の写真なので、念のため黒線を入れました。

 
 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2010

近所で写真 その13

家の近場での紅葉写真はすでに終わりに入っているのですが、昨日今日とお天気も良かったので、撮影を強行してしまいました。そんな写真をUPしたいと思います。

 
先週同様バリオゾナー 3.5/70-210 ズームレンズを付けた EOS 5D2 での撮影です。

 

 

 

 
上の写真左は紅葉のリースのような感じですが、210mm では望遠が足りませんでした。テレテッサー 4/300mm を持っていこうかと思ったのですが、迷犬タルト号とのお散歩なので今回はあきらめたのですが、ちょっと惜しいことをしたように思います。

 

 
 
 

HDR処理もやってみました。逆光狙いなのでコントラストが高いため、HDRもいけそうに思ったのですが、案外色が少なく面白みに欠けてしまいました。±2の3枚合成です。

 

 
いずれもかなり大幅にトリミングしています。

 
紅葉写真を撮りに行く途中に前から気になっていたザクロの実があり、ちょうど上手い光りだったのでそれもHDRしてみました。風が強かったため合成した3枚中に被写体ブレしたカットが1枚入っていますが案外上手く行ったようです。

 

 
今回の写真も全て 210mm f5.6 です。今回の写真ではザクロの枝にかなりパープルフリンジが目立ったため、Lightroom でパープルを消してからHDRし少しトリミングしています。

 
HDRはやはり面白いので、今後ももっといろいろ試してみたいと思います。

 
 
 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2010

近所で写真 その12

今回もLEDライトネタの準備が間に合わなかったので、最近撮影した近所での写真をUPしたいと思います。

 
昨年の家の近くの紅葉撮影では 100mm レンズを持って行ったため、画角が広すぎてかなりトリミングしましたが、今回は、久しぶりにズームレンズを出して持って行ってみました。

 
このズームレンズは、バリオゾナー 3.5/70-210 でこれも25年ほど前に購入したレンズです。一時はプレミアがついてかなりの高額で取引されていましたが、最近はネットオークションでも一時の最高価格の1/4程度でたまに見かけます。

 


写真では フィルムの CONTAX ボディに付けていますが、実際に使用しているのは EOS 5D2 です。

 
一般的に古いビンテージレンズでも単焦点レンズの性能は十分良いのですが、ズームレンズはかなり性能が劣り今のズームレンズより随分性能が劣るのが普通ですが、このレンズは古い割に良いレンズです。

 
しかし、流石のバリオゾナー 70-210 レンズも 210mm 側ではデジタルで初めて気付いた色収差があり、フィルム時代から目立っていた背景ボケが円周方向に流れる円周ボケがあり現代のズームと比較すれば性能は劣ると思います。

 

 
写真左:もみじですが、もみじ以外の葉も入っています (^^;
写真右:サザンカです。1/100 での撮影なので止まっていません (^^;

 


もみじです。葉がかなり傷んでいます (^^;

 

 
写真右は左の中央左部分のピクセル等倍です(クリックして開く画面のことです)

 

今回の写真は全て 210mm f5.6 です。今回は写真に赤い部分が多いのでほとんど目立たないため色収差修正はしていません。しかし、空に抜ける電柱を撮影すると電柱、電線周りにかなりハッキリと赤の色ずれが出てきます。

 
今年は、家の近くではもみじの紅葉の良い場所はありませんでした。遠出しないと良い写真はとれないのかもしれませんね。

 
 
 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »