« 近所で写真 その11 | Main | HDR (high dynamic range) 写真 その3 »

November 21, 2010

久しぶりに CD

最近は音楽CDを買うことがかなり少なくなっているのですが、最近たて続けにかってしまいました (^^;
 

NHKさんのTVドラマ「ゲゲゲの女房」の主題歌を歌っているいきものがかりさんは曲がなかなか好みなのでDVDも付いているので買ってみました。

 
CD2枚組でDVDが付いています。最近は初回限定でDVDを付けるのが普通になってしまったようです。

 
パッケージは白バックにいきものがかりさん達が白いつなぎを着ている写真です。背景を白飛ばしして人物は影を付けるのですが、白さを残して薄い影を3人並んでいるところに付けるのでかなり大がかりなセットと照明だったのではないでしょうか。

 
という訳で、私も白バックにして撮影してみました。もっとも、セットはただ白い紙の上に置いただけです・・・(^^;

 

 

 
 
 
次は、昔買って持っているCDです。グラモフォン(づっとグラムフォンだと思っていました)のCDです。価格が見えるでしょうか。1枚3500円とか、2枚組6000円です。カラヤンさんとアバドさんのCDは当時最新鋭のデジタル録音です。

 

 
 
 
グラモフォンのCDはこの他にまだまだいろいろ有りますが、ドイツグラモフォンが111年ということで、111枚(2枚組が何曲か有るため曲数はこれより少ないのですが・・・)のセットを55枚と56枚のセットで販売していました。

 
知らなかったので、55枚組は定価では購入できずにプレミアム価格になってしまいましたが、現在販売中の Vol.2の56枚組と合わせて両方とも購入しました。それでも1枚当たり250円位で、1枚3000円の時代から比べると大変なデフレ状態ですね。
 
曲は総花的に幅広くなっているので、私の持っているCDとのダブりはあまりありませんでした。ハッキリ分かっているのはムラヴィンスキーさんの1枚ですが、他にもあるかもしれません。

 

 
昔からドイツグラモフォンの音が良いということはオーディオマニアの間では言われていましたが、今はどうなのでしょう。これから時間を掛けてゆっくり聴いて行こうと思っています。

 
中は、CDジャケットがLPレコードのジャケットのようです。なかなかカラフルだしノスタルジックだしとても楽しいセットでした。(CDの方には赤箱は赤地、黄箱は黄色地にグラモフォンのマークと番号が大きく入っているだけのシンプルなものです)

 

 

 
なお、ドイツ語が多用されているので曲のリストが直ぐに分かりません。パッケージ外箱にシールで英語のリストが貼られていますが、これもかなり見ずらいので、ネットで曲と演者のリストを見ています。しかし、懐かしい名前ばかりで本当に懐古感たっぷりで、私にとってツボな商品でした。今回収録されているポリーニさんのピアノ曲も楽しみの一つだったので、早速聴いてみました。なかなか良い音でしたが、オーケストラモノは家のビンテージオーディオはちょっと力不足なのでそちらでは音の良さは良く分かりませんでした (^^;


 
 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« 近所で写真 その11 | Main | HDR (high dynamic range) 写真 その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/50094490

Listed below are links to weblogs that reference 久しぶりに CD:

« 近所で写真 その11 | Main | HDR (high dynamic range) 写真 その3 »