« September 2010 | Main | November 2010 »

October 31, 2010

EOSで C/Y Carl Zeiss 2.8/45 「撮影編」

先週の記事のとおり、昔から持っているコンタックス用のカール・ツアイスレンズ Tessar 2.8/45 を荒くれMOD(改造です)しました。今回は、そのレンズの撮影編です。

 
キヤノンのレンズとの比較はできませんでしたが、一部レンズ比較をしてみました。

 
 
 
 
■ 公園でのスナップ 1

 
細かい木々の葉などとレンズ中央部での比較的遠い距離での描写を見てみました。Tessar 2.8/45 の開放はやはり甘いようですので、f4 で Planar 1.4/50 と比較してみました。なお、シャープを掛けていないので少し甘く見えます。(下の「ピクセル等倍」とは、クリックして出てくる画面がピクセル等倍となっているという意味です)

 
 ● Tessar 2.8/45 f4

 
写真 左:オリジナル画角です、写真 右:中央部分のピクセル等倍です。

 
 ● Planar 1.4/50 f4

 
写真 左:オリジナル画角です、写真 右:中央部分のピクセル等倍です。

 
写真右側の拡大写真で遠方の階段が有る程度見えますので、そこそこ良く写っていると思いました。思ったより Tessar 2.8/45 は遠い場所も良く写ってくれることが分かりました(特に中央部)。

 
 
■ 公園でのスナップ 2

 

 
写真左:たまたま遭遇した消防のイベントです。 写真右:ちょっと近めのゴチャゴチャした場所です。

 
いずれも f5.6 です。写真右の草花の写真では右下隅の像が流れています。このブログの写真サイズではほとんど分かりませんね (^^; 

 
 
■ 公園でのスナップ 3

 


写真:迷犬タルト号です。

 
これも f5.6 です。これもブログのサイズでは分かりにくいですが、タルト号の毛が少し剛毛ぎみになっています。

 
これらの写真を見ていると、ピントのボケが小さいことが分かります。どうやら、ピントが外れていった時、Planar レンズは芯を残し周りが消えていくようなボケが出やすいのと比べ、Tessar は形を残して像が薄く大きくなっていくボケです。2線ボケではないので見苦しくはないのですいが、ふわっとした部分がありません。このため、写真が硬く見えるようです。

 
今回は試しませんでしたが、f16 でピント位置を 3m にするとほぼパンフォーカスになる(ピント指標で 1.5 ~ ∞ )設定です。このレンズは特にパンフォーカスで使うレンズのような位置づけでしたが、これは、少しピントが外れても形が良く分かるという特性が特にパンフォーカスに適しているからなのかもしれませんね。

 
 
■ マクロ撮影

 
ボケが甘くないので、近接撮影に向いているのではないかと思い試してみました。近接専用であれば無改造でもこのレンズは 5D2 で使えます。

 
12mm の Canon さんの中間リングを入れて手元にあった日亜化学さんの NCSW119T LED をおよそ 1/3 倍(左右が 115mm 程度の範囲)で撮影してみました。

 
なお、Tessar 2.8/45 レンズは MTF 特性から見ると周辺の特性はかなり悪いのでマクロレンズとしては使えない感じですが、中央部はまぁまぁではないかと思い試してみました。

 
今回は、ニコン 3.5/55、Leica 2.8/60、Carl Zeiss S-Planar 2.8/60 と比較してみました。キヤノンのコンパクトマクロ EF 50/2.5 も用意していたのに撮影し忘れてしまいました (^^:

 
 ● Tessar 2.8/45 f22 ( 12mm の中間リング入り) / Nikon 3.5/55 f22

 

 
写真左:Tessar 2.8/45、 写真右:Nikon 3.5/55

 
 
 ● Leica 2.8/60 f22 / CZ S-Planar 2.8/60 f22

 

 
写真左: Leica 2.8/60、 写真右:CZ S-Planar 2.8/60

 
 中央部分のピクセル等倍画像です(下の写真をクリックするとピクセル等倍画像を見ることが出来ます)。

 


写真:左上 Tessar、右上 Nikon、左下 Leica、右下 Planar

 
画像は全てシャープが掛かっていないのと f22 まで絞っているため画像が甘く見えますが、Tessar 2.8/45 はひずみも目立たず(公開されているデーター上は -1% あります)今回確認した中央部ではきちんと解像し、他のマクロレンズと遜色はありません。

 
 
 
 
■ まとめ

 
このレンズは、初めの印象でライカのLマウントレンズのエルマー 3.5/50 にとてもよく似た古いレンズの硬い味わいを感じていましたが、硬さは有るものの近接でも十分に良い性能で遠距離もきちんと写る普通に良いレンズであることが分かりました。

 
しかし、f2.8 では甘く、絞っても周辺は期待できずさらに操作性も悪い(絞りリングはかなり回し辛い)ので総合性能は優秀というほどではないと思うのですが、コンパクトなことから最近の AF のパンケーキレンズより薄く(たぶん・・・このレンズの長さは 18mm でマウントアダプターを入れても 20mm 有るか無いかの長さです)小さく 5D2 とのミスマッチの面白さも加わって相当に楽しいレンズであることを再認識しました。

 
花の写真での等倍に近い写真では f5.6 でも甘さを感じていたのですが(今回写真はUPしていませんが・・・)今回の近接撮影では予想以上に良い結果でしたので、コンパクトマクロ 50mm でも画角が狭いような被写体・撮影条件の場合には試して見る価値が十分にあることが分かりました。

 
今回の荒くれMOD(改造です)は、Tessar レンズのいろいろなことが分かり自己満足だけは十分に出来ました (^^;


 
 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 24, 2010

EOSで C/Y Carl Zeiss 2.8/45 「荒くれMOD編」

昔から持っているコンタックス用のカール・ツアイスレンズ Tessar 2.8/45 を荒くれMOD(改造です)しました。

 
ご注意とお願い:もしこの記事を参考にしてレンズ改造を行う場合は自己責任でお願いいたします。また、レンズ固定プレートを一度外すため、レンズ本来の性能が維持できなくなると思われます。

 
昔のコンタックス/ヤシカ用のレンズはマウントアダプターで Canon の EOS シリーズに取り付けることが出来ますが、5D や 5D2 ボディの場合、レンズによってはボディ内側やミラーにレンズが当ってしまう場合があります。なお、APS-C ボディは比較的問題が少ないようなのと 1Ds 系はミラー当りが出にくいようです。

 
コンタックス用 Tessar 2.8/45 レンズは、20年以上前に新品で購入したもので、使用頻度は少なく外観がきれいな状態のレンズです。しかし、アダプターを付けて EOS 5D2 に取り付けるとヘリコイド位置を 5m 程度から無限遠方向にするとレンズ後方のレンズ固定部品にミラーが当ってしまい使えません。せっかく大切に保管していたレンズなのでその写りをもう一度確認もしたいので荒くれMOD(改造です)をすることにしました。

 
(参考)
 
基本的にマウントアダプターで使うレンズは実絞りで使用するようになります。普通の一眼レフは開放測光で絞り値がいくつでもレンズの絞りは開放の状態でピント合わせや露出決定が出来ます。シャッターボタンを押した後、シャッターが開く前にレンズの絞りが指定位置まで絞られてその後シャッターが閉じるとともに絞りが開放まで開くようになっています。

 
一方、実絞りでの使用とは、絞りを絞ると開放のままでの保持が出来ず絞りが指定位置まで絞られた状態で使うことです。この欠点は暗い場所で絞って行くとファインダーが暗くなり見難いことと、焦点深度が深くなるのでピントの山がわかりにくくピント合わせがやりにくくなります。また、ニコンのGレンズなど絞りリングの付いていないレンズは特別なアダプターが無い限り最小絞りとなってしまうなど実用になりません。

 
マウントアダプターに電子接点が付いているものもあり、この場合はフォーカスエイドが使え、ピントの山が見難い時に便利ですが、ピントの合っている精度は低いようです。

 
 
 
 
■ 荒くれMOD(改造です)

 
レンズとミラーが当る場所は、後玉を押えているプレートに段差が有るためで、その段差の上半分程度がミラーが上がる時に当ってしまいます。このため、下の写真のように段差を斜めに削ればミラーが当らずに済みます。

 

 
写真 左:後より見る。削る部分と反対側にマジックでマークを付けています。
写真 右:レンズ押えを外したところ。

 

 
写真 左:平ヤスリで削り取り付け確認したところ。後ろにあるのはこのプレートを外すためのカニ目回し。
写真 右:削った部分、作業中にキズになった部分を無光沢ラッカーでタッチアップしました。

 
 
どの程度削れば良いかは分かっていません。削りながら当らなくなるまで削り、さらに念のため少し削って終了しました。

 


写真:Tessar 2.8/45 を取り付けた EOS 5D2

 
 
 
 
■ まとめ

 
今回の荒くれMODは大成功でした。今まで遠距離への撮影が出来なかったのですが、これからは普通に撮影が出来るようになりました。

 
 
 
 
 
 
次回は、EOSで C/Y Carl Zeiss 2.8/45 「撮影編」を予定しています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 17, 2010

4Sevens Quark MiNi CR2 (Warm White データー編)

先週の 4Sevens Quark MiNi CR2 Cool White データー編 に続いて今週は Warm White のデーター編です。LED は Cree XR-G 明るさランク Q5 です。


 
 
 
4Sevens Quark MiNi CR2 Warm White ビームショットとデータ

 
 ● 電池:CR2 電池 1本

 
 ・ Low mode
 

 
写真:Low mode でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Low mode での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 
 ・ Mideum mode
 

 
写真:Mideum mode でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Mideum mode での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 
 ・ High mode
 

 
写真:High mode でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:High mode での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 

 
 
 
 
 ・ 3Dグラフ内の Illuminum Index(イルミナムインデクス)とは = http://www.illuminum-led.com/fl_017.html
 ・ イルミナムインデクスでライトを比較したモノは、http://www.illuminum-led.com/flm_021.html をご参照ください。左ペインのライト名がそのライトのページにリンクしています。なお、データーは 2006.7.2 以前のモノで、最新のデータはまだ整理できていません m(_ _)m 

 
 
 
 
 


 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ CR2 電池 1本

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
47qminiCR2
Warm White
Low 50 21,294 1
Mideum 606 356,984 24
High 2,968 1,702,176 115

 
今回は、同じLEDの出力でワイドとスポットでイルミナムインデクスに差が出ていますが、測定誤差もあると思われますがレンズの位置による光取り出し効率の違いの可能性も高いと思われます。

 
 
ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

■ まとめ

 
Warm White は Natural White より電球色ですが、この辺の色になると比較してみないといずれも赤味のある色なので脳内ではあまり区別が付きません。Warm White は色温度の低い電球色なので Low mode で点灯していると何となくリラックスする気がします。
 
明るさは、Cool White の方がかなり明るいですが(Warm White は Cool White の7割位の明るさです)、ほっとする光で、明るさとしては High mode なら十分だと思います。しかし、LEDライトとして使う場合は、私は Cool White の方がLEDらしく好きな色です。


 
 
 
 
 
次回は、コンタックス用の Tessar 2.8/45 の荒くれMODなどを予定しています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2010

4Sevens Quark MiNi CR2 (Cool White データー編)

先週の 4Sevens Quark MiNi CR2 外観編 に続いてデーター編です。

 
このライトには LED の色味が Cool White(製品には Cool Whie 表記はありません)と Warm White (電球色)が有りますが、今週は Cool White 編です。LED は Cree XR-G 明るさランク R5 です。


 
 
 
4Sevens Quark MiNi CR2 Cool White ビームショットとデータ

 
 ● 電池:CR2 電池 1本

 
 ・ Low mode
 

 
写真:Low mode でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Low mode での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 
 ・ Mideum mode
 

 
写真:Mideum mode でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Mideum mode での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 
 ・ High mode
 

 
写真:High mode でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:High mode での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 

 
 
 
 
 ・ 3Dグラフ内の Illuminum Index(イルミナムインデクス)とは = http://www.illuminum-led.com/fl_017.html
 ・ イルミナムインデクスでライトを比較したモノは、http://www.illuminum-led.com/flm_021.html をご参照ください。左ペインのライト名がそのライトのページにリンクしています。なお、データーは 2006.7.2 以前のモノで、最新のデータはまだ整理できていません m(_ _)m 

 
 
 
 
 


 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ CR2 電池 1本

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
47qminiCR2
Cool White
Low 99 38,497 3
Mideum 1,130 501,528 34
High 5,430 2,373,272 160

 
今回は、同じLEDの出力でワイドとスポットでイルミナムインデクスに差が出ていますが、測定誤差もあると思われますがレンズの位置による光取り出し効率の違いの可能性も高いと思われます。

 
 
ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

■ まとめ

 
「小さいのに明るい」の典型的なタイプです。これだけ明るければ十分です。47さんのHP上のランタイム(明るさ持続)データーは、Low:3.8 days、Medium:4.8 hours、Hight:40 minutes となっています。Hight mode で 40 分ならキャンプなどアウトドア活動ではなく都市部で通勤時にカバンの中に入れておいたり家の中でちょっと使う用途では十分な上に、High mode は明るすぎる位だと思います。
 


 
 
 
 
 
次回は、4Sevens Quark MiNi CR2 Warm White のデーター編をUPする予定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2010

4Sevens Quark MiNi CR2 (外観編)

今回は Quark MiNi CR2 外観編です。

 
4Sevens さんのブランドで Quark MiNi がシリーズになっていますが、カトキチさんの 壱式に似ている CR2 電池使用のライトが Quark MiNi CR2(以下 QminiCR2)です。今回は、Cool White 仕様(色表示はありません)と Warm White 仕様を購入して見ました。Warm White は Natural White より色温度が低い電球色です。いずれも他の Quark MiNi シリーズと同じ Cree 製 の XP-G です。

 
Cool White 仕様の明るさランクは R5 、Warm White 仕様の明るさランクは Q5 となっています。

 
明るさの切り替えは他の Quark MiNi と同じ High、Mideum、Low の3段階です。ツイストヘッドタイプで、ヘッド部分を締めこんで緩めることで明るさが Low、Mideum、High と切り替わります。なお、隠しモード(締めこんで緩めるの動作を7回以上行うと隠しモードに入ります)で Strobe、SOS、Beacon(Hi)、Beacon(Lo) になります。

 
付属品は、取扱説明書、ストラップ、スペアOリング、電池は1本仕様ですが2本付属しています。Cool White は箱パッケージ、Warm White は Green Packaging と呼ばれるチャック付きビニール袋に入っています。

 

 
Cool White 仕様は、箱パッケージです。

 

 
Warm White 仕様は、ビニール袋パッケージです。

 

 
写真は左が Cool White 、右が Warm White ですが、区別がつきません。

 

 
写真はいずれも Cool White ですが、Warm White も同じです。

 


写真は左が Cool White 、右が Warm White です。

 
 
 
壱式に似ているので、一応比較してみました。高級感は壱式に敵いませんが、壱式が小さいと思っていましたがさらに小さいです。

 

 
写真は左が壱式 LE 、右が QminiCR2 です。

 


写真は左が壱式 LE は Seoul Semicon P4 、右が Cree XP-G です。

 


写真は左が壱式 LE 、右が QminiCR2 です。

 
テールの47(4Sevens)マークのエンボスは、他のシリーズと同じです。

 
 
形が壱式に似ているということはさておき、このライトはコンパクトなのと比較的安価なのでポケットライトにちょうど良い感じです。また、Warm White は確かに電球色で常夜灯やフットライトに使うとかなり精神的に落ち着く色のような気がします。しかし、一方ではポケットライトやハンディライトではあまり Warm White の必要性は無いような気もします。

 
 
 
 
 
 
 
次回は 4Sevens Quark MiNi CR2 Cool White のデーター編、次々回は Warm White のデーター編をUPする予定です。

 
 
 
 
illuminum で Twitter しています。ブログを更新した時につぶやいています。

 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »