« LED LENSER M5 (データー編) | Main | クローズアップレンズ2 »

September 19, 2010

クローズアップレンズ

なまじカメラ歴が長いので古いモノがいろいろ有ります。ハッセルブラッド用のCFレンズ用のクローズアップレンズ・プロクサーもその一つです。

 
ハッセルのCレンズ、CFレンズはフィルター用マウントがネジではなくバヨネット式(3か所のツメで固定するタイプ)なのでCレンズでは B50 (B57 とも呼びます)、CFレンズでは B60 が標準的なサイズになっています。

 
最近、Cレンズの Sonnar 150 も EOS 5D2 に付けてちょこちょこと花のクローズアップの撮影に使っているので、操作性がとても良いことに期待して B50 の f=1m プロクサーを中古で購入してみました。

 
ちょっと古いものでTスターではありませんが、プロクサーは定評があるので早速使ってみましたが何となく像が甘くなってしまいました。

 
そんな訳で、クローズアップレンズと中間リングのそれぞれがどのような写りなのかを約10cmの幅の被写体(約 1/2.8 倍程度)を撮影して比較してみました。

 
 
結論を先に報告しますと、とても残念なことにプロクサーは f4 程度で使用するとフレアーが多く開放近くで使うことが多い花のクローズアップとしてはシャープな写真が撮れないことが分かりました。

 
ソフトな仕上げは今はソフトで行うので??(写真画像をソフトフォーカスに仕上げるために Photoshop などのソフトウエアで処理する)ソフターも使わなくなりましたし、プリクサーでソフト処理することは考えていないので、今回購入した B50 も20年前から持っていたTスターの B60 も使えないというのが結論です。一方、同じ古いクローズアップレンズでもニコンのモノはフレアーが少なくかなり使えるということが分かりました。

 
 
■ クローズアップの画像

 
以下、全て各レンズは f4 でカメラは EOS 5D2 でマウントアダプターを使っての撮影です。光源はストロボの天井バウンスで、露出の調整はストロボ出力の若干の調整と ISO を変えています。このため、中間リングを入れて露出倍数が掛かっている場合などは ISO が高くなっているので幾分ノイズが分かるかもしれませんが、その部分は無視してください。
 
今回のテストに使用したのは、以下のレンズとクローズアップレンズです。

 


写真:左より Makro-Planar 4/120、Makro Planar 2.8/100 AEJ、Sonnar 4/150

 
4/120 はハッセル用のCFレンズ(B60)、4/150 はハッセル用のCレンズ(B50)です。2.8/100 は、Contax 用です。

 

 
写真左:左から ニコン No.5T(62mm)、6T(62mm)、プロクサー 1m (B50)、箱入り T Star 1m(B60)、T Star 0.5m(B60)、写真右:プロクサー T Star 0.5m(B60)

 
上のニコンのクローズアップレンズにはステップアップ、ステップダウンなどリングを付けて 67mm 径の C/Y Makro Planar 2.8/100 や B50 の Sonnar 4/150 に付けるとともにフードも付けられるようにしています。また、プロクサー B57(B50 の別称です)は、プロクサーの前と後ろに樹脂のキャップが付いています。なお、写真には有りませんが、プロクサー B60 は四角い樹脂ケースに入っています。

 
 
以下の写真左はノートリ画像で、写真右は PELICAN 文字部分のピクセル等倍(クリックして拡大時)写真です。ピントはライブビューで PELICAN の P に合わせています。また、中間リングは、Canon EF12II(12mm)と EF25II(25mm)を使っています。

 
撮影時にカメラの WB をストロボに設定し、RAW から DPP で現像していますが、ピクチャースタイルはノーマルで補正設定は全て0(無調整)です。また、撮影画面の大きさが少し狂ってしまいました (^^;

 
また、クローズアップレンズは、焦点距離が短くなる効果があります。近接出来ますが画角が少し広がります。ちょうど IF(インナーフォーカス)タイプのマクロレンズが接近すると画角が広がることに似ているかもしれませんね。

 
 
 
● C/Y Makro Planar 2.8/100 AEJ

 
これは、リファレンスです。白黒のコントラストがきつい被写体なので 5D2 にもレンズにも結構キツイ条件だと思います。

 

 

 
 
● C/Y Makro Planar 2.8/100 AEJ + ニコン No.5T

 
MP100 を等倍以上に使う時に使うことがあるので、クローズアップレンズの影響を確認しました。

 
フレアーは分からない程度です。リファレンスより少し露出が明るく、画像も少し小さくなってしまいました (^^;

 

 

 
 
● Hasselblad Makro Planar 4/120 CF + T Star プロクサー 0.5m

 
かなりフレアーが目立ちます。また、MP100 と画角が違うため、カメラ設定ですこし視点が変わっています。

 

 

 
 
● Hasselblad Makro Planar 4/120 CF + EF12II + EF25II

 
中間リングではフレアーは出ません。しかし、わずかにレンズの色収差を感じます。

 

 

 
 
● Hasselblad Sonnar 4/150 C + プロクサー 1m + EF12II

 
かなりフレアーとクローズアップレンズの色収差が目立ちます。なお、プロクサーだけでは拡大率が足りないので 12mm の中間リングを足しています。

 

 

 
 
● Hasselblad Sonnar 4/150 C + ニコン No.5T + EF12II

 
フレアーはあまり目立ちませんが、ピントのシャープ感が無くなっている感じです。やはり幾分かのフレアーが出ているのでしょうね。

 

 

 
 
● Hasselblad Sonnar 4/150 C + EF12II + EF25II

 
ここでも中間リングではフレアーはでません。レンズの色収差は僅かに出ています。

 

 

 
 
 
■ まとめ

 
中間リングと比べるとプロクサーは明らかにフレアーが目立ちます。しかし、中間リングは露出倍率が掛かるのでシャッター速度が遅くなり、さらに鏡胴の長さが長くなるためより一層ブレやすくなるのですが、絞り開放で使うことが多いハッセルのレンズではプロクサーではちょっと使う気が起きなくなってしまいました。

 
20年前は 4/120 にプロクサーを付けてハッセルで良く撮影していましたが、プロクサーは封印しようと思いました。

 
なお、フレアーはライブビューでも良く分かります。

 

 
写真 左:フレアーが出る条件の場合、写真 右:フレアーの少ない条件の場合

 
 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« LED LENSER M5 (データー編) | Main | クローズアップレンズ2 »

Comments

so informative, thanks to tell us.

Posted by: immarkarm | September 30, 2010 at 10:40

I found this blog. This post VERY interesting.

Posted by: ImmitaningmuB | September 25, 2010 at 19:17

パンヤ さん、こんばんは。

先ほどフードを付けて確認してみました。

結果は、効果なしで、相変わらずフレアー出まくりでした。

しかし、先週届いたハッセル用のプラナー 3.5/100 で同じ実験をしてみたところ、なんと!!、4/150 ではフレアーが出る B50 0.5m のプロクサーでフレアーが目立ちません(f4での撮影です)。念のためフードを外しても変化はありませんでした。

どうなっているのでしょう。どうやらプロクサーはレンズとの相性があるようです。

次回のブログは、今回の続きとして 3.5/100 での写真をUPしようかと思います。

Posted by: イルミナム | September 22, 2010 at 23:08

パンヤ さん、こんばんは。

確かにフードは付けていませんでした。カメラは結構下向きでしたので天井バウンスのストロボ光はレンズへ直接入射しないと勝手に思い込んでいました。(レフ板を何枚か使っているのでそこからの入射が有ったかもしれません)

フィールドでは、以前は深い丸型フード、最近はプラスチックの B50 角型フードを必ず付けるのですが、室内撮影でカメラもレンズが下を向くのでノーマークでした (^^;

ただ、4/150 でプロクサーとニコンを比較した場合、クローズアップレンズとしての外観はそこそこ似て、条件もほぼ同じですがフレアーはニコンの方がかなり少ないのでニコンの 5T レンズと比較するとフレアーが多いことは間違いないと思うのですが、フードを付けた時のフレアーの出方は確認していませんでした。

今、ライブビューで簡単に確認できるかと思い手持ちで確かめようとしましたが、手持ちではちょっとムリだったので次の休みにでも今回と同じ条件でフードの効果を確認してみようと思います。

確かにフードの効果はかなり有ると普段から考えているので、今回のケースでもフレアーの改善が出来る可能性があるかもしれませんね。

Posted by: イルミナム | September 20, 2010 at 23:42

こんばんは!
昨日はどうもです!

今回も正確でためになるテストをありがとうございます!
ところで昨日お話しした後考えていたのですが、フレアが現れる際Sonnar 4/150 Cにはフードを付けていますか?
Cレンズはかなり古いものなのでコーティングが貧弱なうえプロクサーでレンズを長くしてる分余計な光を内面反射して・・・。と、一日考えたのですが釈迦に説法的な質問ですいません!

Posted by: パンヤ | September 20, 2010 at 22:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/49497958

Listed below are links to weblogs that reference クローズアップレンズ:

» Panasonic(パナソニック) LEDヘッドランプ センサー付き BF-AH20P |Panasonic(パナソニック) [アマゾン探検隊]
Panasonic(パナソニック) LEDヘッドランプ センサー付き BF-AH20P◆非接触式スイッチの採用でスイッチに触れずに操作が可能◆ワイドパワーLEDの採用で幅広く明るく照射◆丸洗いできる生活防水構造(IP×7)◆3段階の明るさ切替でシーンに合わせた使い方が可能◆暗闇でも見つけやすいマーカー機能搭載 / ■ 仕様 ■電源:単4形乾電池×3個(電池別売)サイズ:幅60×高さ50×奥行40cm質量:約100g(電池含む)連続点灯時間:... ・強:約20時間(パナソニックアルカリ) ・中:約5... [Read More]

Tracked on September 26, 2010 at 19:02

« LED LENSER M5 (データー編) | Main | クローズアップレンズ2 »