« August 2010 | Main | October 2010 »

September 26, 2010

クローズアップレンズ2

先週封印すると記事にしたハッセルブラッド用のクローズアップレンズ・プロクサーですが、パンヤさんからアドバイスを頂き追加実験をしてみました。

 
今回の実験は、前回の実験時にフードを付けていなかったのでフードを付けることでレンズの内面反射を抑えフレアーが抑えられるかということです。

 
フードは B50 用の純正ではありませんが角型フードを使いました。レンズは、前回問題の有ったハッセルのCレンズ Sonnar 4/150 です。また、前回データーは取っていたものの公表していなかった 4/150 の絞りを変えての実験を再度行いました。

 
また、今回 Sonnar に加えて最近購入した Planar 3.5/100 でも f4 で実験をしてみました。

 
今回の撮影条件は機材・被写体は同じですが、出来るだけ同じ様にセットしたつもりですがストロボの位置・被写体のライトの置きかた・撮影アングルは微妙に違っていることをご了承ください。

 
 
今回も結論を先に報告しますと、今回の撮影条件でのフードの影響は確認できませんでした。 4/150 も 3.5/100 でもフードとフレアーの関係は分かりませんでした。

 
しかし、すごく驚きの結果も出てきました。

 
それは、Planar 3.5/100 でプロクサーを使うと f4 でもフレアーがほとんど出ないことが分かりました。どうやらプロクサーはレンズとの相性が有るようです (^^;


 
 
■ Planar 3.5/100 とプロクサー

 
条件は前回と同じを心がけました。カメラは EOS 5D2 でマウントアダプターを使っての撮影です。光源はストロボの天井バウンスで、露出の調整はストロボ出力の調整と ISO を変えています。被写体までの距離の関係でプロクサーだけでなく 4/150 は 12mm の中間リング、3.5/100 は 25mm の中間リングを入れています。
 
今回追加したレンズとプロクサーです。なお、プロクサーの表示の 1m や 0.5m の表示は、レンズを無限遠にセットしプロクサーを付けた時、1m にピントが合うものが 1m、0.5m にピントが合うものが 0.5m です。今回使用している 1m はクローズアップの度合いが普通のタイプです。

 

 
写真左:Proxar 1m を付けた Planar 3.5/100 、写真右:Proxar を外した状態

 
 
以下の写真左はノートリ画像で、写真右は PELICAN 文字部分のピクセル等倍(クリックして拡大時)写真です。ピントはライブビューで PELICAN の P に合わせています。また、中間リングは、Canon EF12II(12mm)と EF25II(25mm)を使っています。

 
撮影時にカメラの WB はオート、RAW から DPP で現像していますが、ピクチャースタイルはノーマルで補正設定は全て0(無調整)です。また、今回も撮影画面の大きさが少し狂ってしまいました (^^;

 
 
今回は、LEDライトの照射画像を解析するソフトで文字その他の明るさ変化を観察してみました。まだ比較方法などは考えていませんが、感覚的にフレアーが出ているのかなどが分かるかもしれないと思いました。

 
画僧処理は下の写真のラインの部分(赤いラインがx軸、緑のラインがy軸です)の明るさを記録したものです。これは、P 文字の中を交点として狙ったもので、解析の元写真の同じポイントを狙ってx軸とy軸を引いています。

 
解析結果(下の青地のグラフ)の見方は、文字の輪郭部分(グラフの数値の高い山の部分)と地の部分(グラフの数値が低い谷の部分)の境界の傾きが少なければフレアーが少なく、この山と谷の差が大きい場合はコントラストが高いということです。(図を見るだけではちょっと分かりにくいですが・・・)

 

 
本当は、フードの有る無しで比較出来れば良かったですが、写真も解析図も見るだけでは差が分らないので、目視で分かるほど違う状態で解析図がどのように変わるかをとりあえず見てみました。まぁ、オマケと考えてください (^^;

 

 
 
 
 
● Hasselblad Sonnar 4/150C - f4 (角型フード付き)+ プロクサー 1m + EF12II

 
前回と条件が少し違うため前回よりフレアーが多く出てしまいました。フードを外しても全く同じでした(フードなしの写真は省略です)。クローズアップレンズの色収差も出ています。

 

 

 

 
図 左:y軸の明るさ分布 、右:x軸の明るさ分布

 
分布図は立ち上がりがかなりなまっています。明るさの差が出ず、黒が締まらず白さも明るくありません。

 
 
● Hasselblad Sonnar 4/150150C - f8 (角型フード付き)+ プロクサー 1m + EF12II

 
絞るとフレアーが大幅に減ります。クローズアップレンズの色収差はあまり変わらないようです。

 

 

 

 
図 左:y軸の明るさ分布 、右:x軸の明るさ分布

 
分布図はかなり立ち上がりが良くなりました。

 
 
● Hasselblad Sonnar 4/150150C - f16 (角型フード付き)+ プロクサー 1m + EF12II

 
f16 でもあまり画質が落ちたように感じません(回折現象の影響よりフレアーの改善の方が強い?)。しかし、クローズアップレンズの色収差は相変わらずあります。

 

 

 

 
図 左:y軸の明るさ分布 、右:x軸の明るさ分布

 
分布図の立ち上がりの高さで、文字付近は f8 とそれほど変わらないようですが、LEDライトのナーリング(ローレット)の凸凹部分の明るさ差が大きくなっています。f8 画像より幾分露出が明るくなっていますが、f8 よりコントラストが高くなっていることが分かります。これは絞ったことでピントが来ているためではないかと思います。

 
 
● Hasselblad Planar 3.5/100C - f4 (角型フード付き)+ プロクサー 1m + EF25II

 
f4 にもかかわらずフレアーはあまり目立ちません。解析図を見ると気分的に 4/150 の f8 位の感じでしょうか(解析図を目視で比較するのは難しいですね)。焦点距離の短いことが良い影響になっているのでしょうか? クローズアップレンズの色収差はでています。フードを外してもフードの影響は分かりませんでした。

 
なお、ライブビューでピントを見ていると、Planar 3.5/100 はすごい解像感を感じます。しかし、実際の写りはそうでもないのでライブビュー画像がコントラストを上げシャープが掛かっているのかもしれませんね。

 

 

 

 
図 左:y軸の明るさ分布 、右:x軸の明るさ分布

 
分布図は 4/150 の f8 のような感じです。ローレット部分の明るさの差が 4/150 の f8 より減っていますが、f4 なのでピントが来ていないためと思われます。

 
 
 
■ まとめ

 
今回の追加実験の結果、今回の撮影条件では角型フードを付けいても Sonnar 4/150 にクローズアップレンズを付けるとフレアーが出ることが分かりました。また、フードを外しても分かるほどの差はありませんでした。

 
先週の結果ではプロクサーは封印すると書きましたが、今回新たに実験した Planar 3.5/100 では f4 でもフレアーがかなり少なく十分使えそうなことが分かりました。

 
4/150 でも十分に絞ればプロクサーを付けてもフレアーはかなり少なくなることが分かりました。

 
プロクサーとレンズには相性が有りそうなことが分かりました。

 
自分の撮影スタイルでは、4/150 を絞って使うことや、3.5/100 を花のクローズアップ写真に使うことはあまり無さそうなので(花のクローズアップに 100mm レンズを使う場合は Makro Planar 2.8/100 を主に使うため)結局プロクサーは封印しなくてもあまり使わなそうだという結果に終わりました(^^;

 
画像処理は、今回の画像データーを目視で比較するのは難しかいですが、文字と地の境部分を拡大して処理することで明るさの傾斜が分かる可能性があることに気付きました。今後、必要に応じて画僧処理して観察することもやってみたいと思いました。

 


 
 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 19, 2010

クローズアップレンズ

なまじカメラ歴が長いので古いモノがいろいろ有ります。ハッセルブラッド用のCFレンズ用のクローズアップレンズ・プロクサーもその一つです。

 
ハッセルのCレンズ、CFレンズはフィルター用マウントがネジではなくバヨネット式(3か所のツメで固定するタイプ)なのでCレンズでは B50 (B57 とも呼びます)、CFレンズでは B60 が標準的なサイズになっています。

 
最近、Cレンズの Sonnar 150 も EOS 5D2 に付けてちょこちょこと花のクローズアップの撮影に使っているので、操作性がとても良いことに期待して B50 の f=1m プロクサーを中古で購入してみました。

 
ちょっと古いものでTスターではありませんが、プロクサーは定評があるので早速使ってみましたが何となく像が甘くなってしまいました。

 
そんな訳で、クローズアップレンズと中間リングのそれぞれがどのような写りなのかを約10cmの幅の被写体(約 1/2.8 倍程度)を撮影して比較してみました。

 
 
結論を先に報告しますと、とても残念なことにプロクサーは f4 程度で使用するとフレアーが多く開放近くで使うことが多い花のクローズアップとしてはシャープな写真が撮れないことが分かりました。

 
ソフトな仕上げは今はソフトで行うので??(写真画像をソフトフォーカスに仕上げるために Photoshop などのソフトウエアで処理する)ソフターも使わなくなりましたし、プリクサーでソフト処理することは考えていないので、今回購入した B50 も20年前から持っていたTスターの B60 も使えないというのが結論です。一方、同じ古いクローズアップレンズでもニコンのモノはフレアーが少なくかなり使えるということが分かりました。

 
 
■ クローズアップの画像

 
以下、全て各レンズは f4 でカメラは EOS 5D2 でマウントアダプターを使っての撮影です。光源はストロボの天井バウンスで、露出の調整はストロボ出力の若干の調整と ISO を変えています。このため、中間リングを入れて露出倍数が掛かっている場合などは ISO が高くなっているので幾分ノイズが分かるかもしれませんが、その部分は無視してください。
 
今回のテストに使用したのは、以下のレンズとクローズアップレンズです。

 


写真:左より Makro-Planar 4/120、Makro Planar 2.8/100 AEJ、Sonnar 4/150

 
4/120 はハッセル用のCFレンズ(B60)、4/150 はハッセル用のCレンズ(B50)です。2.8/100 は、Contax 用です。

 

 
写真左:左から ニコン No.5T(62mm)、6T(62mm)、プロクサー 1m (B50)、箱入り T Star 1m(B60)、T Star 0.5m(B60)、写真右:プロクサー T Star 0.5m(B60)

 
上のニコンのクローズアップレンズにはステップアップ、ステップダウンなどリングを付けて 67mm 径の C/Y Makro Planar 2.8/100 や B50 の Sonnar 4/150 に付けるとともにフードも付けられるようにしています。また、プロクサー B57(B50 の別称です)は、プロクサーの前と後ろに樹脂のキャップが付いています。なお、写真には有りませんが、プロクサー B60 は四角い樹脂ケースに入っています。

 
 
以下の写真左はノートリ画像で、写真右は PELICAN 文字部分のピクセル等倍(クリックして拡大時)写真です。ピントはライブビューで PELICAN の P に合わせています。また、中間リングは、Canon EF12II(12mm)と EF25II(25mm)を使っています。

 
撮影時にカメラの WB をストロボに設定し、RAW から DPP で現像していますが、ピクチャースタイルはノーマルで補正設定は全て0(無調整)です。また、撮影画面の大きさが少し狂ってしまいました (^^;

 
また、クローズアップレンズは、焦点距離が短くなる効果があります。近接出来ますが画角が少し広がります。ちょうど IF(インナーフォーカス)タイプのマクロレンズが接近すると画角が広がることに似ているかもしれませんね。

 
 
 
● C/Y Makro Planar 2.8/100 AEJ

 
これは、リファレンスです。白黒のコントラストがきつい被写体なので 5D2 にもレンズにも結構キツイ条件だと思います。

 

 

 
 
● C/Y Makro Planar 2.8/100 AEJ + ニコン No.5T

 
MP100 を等倍以上に使う時に使うことがあるので、クローズアップレンズの影響を確認しました。

 
フレアーは分からない程度です。リファレンスより少し露出が明るく、画像も少し小さくなってしまいました (^^;

 

 

 
 
● Hasselblad Makro Planar 4/120 CF + T Star プロクサー 0.5m

 
かなりフレアーが目立ちます。また、MP100 と画角が違うため、カメラ設定ですこし視点が変わっています。

 

 

 
 
● Hasselblad Makro Planar 4/120 CF + EF12II + EF25II

 
中間リングではフレアーは出ません。しかし、わずかにレンズの色収差を感じます。

 

 

 
 
● Hasselblad Sonnar 4/150 C + プロクサー 1m + EF12II

 
かなりフレアーとクローズアップレンズの色収差が目立ちます。なお、プロクサーだけでは拡大率が足りないので 12mm の中間リングを足しています。

 

 

 
 
● Hasselblad Sonnar 4/150 C + ニコン No.5T + EF12II

 
フレアーはあまり目立ちませんが、ピントのシャープ感が無くなっている感じです。やはり幾分かのフレアーが出ているのでしょうね。

 

 

 
 
● Hasselblad Sonnar 4/150 C + EF12II + EF25II

 
ここでも中間リングではフレアーはでません。レンズの色収差は僅かに出ています。

 

 

 
 
 
■ まとめ

 
中間リングと比べるとプロクサーは明らかにフレアーが目立ちます。しかし、中間リングは露出倍率が掛かるのでシャッター速度が遅くなり、さらに鏡胴の長さが長くなるためより一層ブレやすくなるのですが、絞り開放で使うことが多いハッセルのレンズではプロクサーではちょっと使う気が起きなくなってしまいました。

 
20年前は 4/120 にプロクサーを付けてハッセルで良く撮影していましたが、プロクサーは封印しようと思いました。

 
なお、フレアーはライブビューでも良く分かります。

 

 
写真 左:フレアーが出る条件の場合、写真 右:フレアーの少ない条件の場合

 
 
 
 
 
 
次回は、未定です。

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (5) | TrackBack (1)

September 12, 2010

LED LENSER M5 (データー編)

先週の LED LENSER M5 外観編 に続いて今週はデーター編です。

 
このライトはアルミボディで質感が良く、そこそこコンパクトなのと配光調整の様子が L5 と違うのかなどに興味がありました。LED は Cree XR-E で前回の L5 に使われている XR-C より少し効率のよい LED です。

 
 
 
LED LENSER M5 ビームショットとデータ

 
 ● 電池:エネループ電池 1本(付属の電池はアルカリです)

 
 ・ ワイド配光 15%
 

 
写真:Low level でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Low level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 

 ・ ワイド配光 100%
 

 
写真:Low level でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Low level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 

 ・ スポット配光 15%
 

 
写真:Low level でのビームショットと20段階図です

 



グラフ:Low level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 

 ・ スポット配光 100%
 

 
写真:Low level でのビームショットと20段階図です

 

 
グラフ:Low level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール)。

 
 
 
 
 ・ 3Dグラフ内の Illuminum Index(イルミナムインデクス)とは = http://www.illuminum-led.com/fl_017.html
 ・ イルミナムインデクスでライトを比較したモノは、http://www.illuminum-led.com/flm_021.html をご参照ください。左ペインのライト名がそのライトのページにリンクしています。なお、データーは 2006.7.2 以前のモノで、最新のデータはまだ整理できていません m(_ _)m 
 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ エネループ電池 1本(付属の電池はアルカリです)

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
LED LENSER M5 wide 15% 115 264,652 18
エネループにて wide 100% 600 1,146,960 77
spot 15% 2,092 199,992 13
spot 100% 10,820 985,536 67


 
ご注意:今回の測定は付属のアルカリ電池ではなく、エネループ電池を使っています。各モードの切り替えなど点灯時間が少し長くなっても安定した出力が得られると期待しているためです。また、付属のアルカリ電池を使用すると明るさの値がもう少し高くなると思われます。

 
今回も、同じLEDの出力でワイドとスポットでイルミナムインデクスに差が出ていますが、測定誤差もあると思われますがレンズの位置による光取り出し効率の違いの可能性も高いと思われます。

 
 
ご注意2:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

 ・ 配光角の変化の様子

 


 
 
 
 


■ まとめ

 
配光可変の様子は L5 とあまり変わりがなく、同じ様な配光調整が出来ます。ヘッド部分の太さが太くなるのを避けたためのスライド機構だと思いますが、回して使えるなら回す方が使いやすい感じがしました。スライドでの調節は片手ではちょっと難しい感じです。もっとも、 L5 は両手を使わないと配光調節が出来ないので、これはこれで良いのかもしれませんね。

 
明るさはエネループを使ったためか、今回の XR-E と L5 の XR-C との差があまりありませんでした(XR-E の方が明るい)。しかし、エネループでこれだけの明るさは、一般的な都会での家の中や付近の生活の場での用途には十分な明るさだと思いました。

 
 
 
 
 
次回は、レンズに付けるクローズアップレンズの話題を予定しています。

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

今週のスナップ


「夏の道」


 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2010

LED LENSER M5 (外観編)

今回は LED LENSER さんの 単三電池1本タイプ M5 外観編です。

 
先日の LED LENSER L5 に引き続いて、単三電池1本で配光可変タイプです。今回の LED LENSER M5 は、さらに出力可変(2段階)、単三電池1本としては普通の大きさのアルミ製です。

 
配光角度の調整は L5 とは異なり、ベゼル(ヘッド)を引き出すことでワイドからスポットに調整出来ます。

 
付属品は、取扱説明書、ストラップ、ライトポーチ、アルカリ電池1本、の箱パッケージです。

 

 
箱のライトを載せているブリスターの下にストラップ、ポーチが入っています。

 
配光調節は、ヘッドをスライドさせます(引き出した状態は下写真の○内をご参照ください)。

 

 
テールスイッチを押しこんでクリックさせて連続点灯するタイプです。明るさの切り替えは、スイッチを押しこみクリックさせると100%、スイッチを1回タッチその後押し込みクリックで15%モード、タッチ2回その後押し込みクリックでストロボ点灯となります。

 

 

 


 

 
LED は Cree XP-E です。写真左:ワイド、右:スポット

 
単三1本タイプで配光可変、出力可変、テールスイッチタイプとしては比較的小さくまとまっていると思います。

 


写真:左が NiteCore EZ-AA です。

 


テールスイッチ形状です。

 
 
ちょっと細身で質感も良く、何かのミニチュアモデルのような感じで持っていて結構楽しいです。お値段が今時としては5000円程度とちょっと高めですが、標準的な単三電池1本タイプだと思います。

 
なお、L5 では電池室が細くエネループが入りませんでしたが、こちらは普通に入ります。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
次回は データー編をUPする予定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »