« EOSでライカLレンズ その1 「ベンチテスト編」 | Main | LED LENSER L5 (外観編) »

August 15, 2010

EOSでライカLレンズ その2 「フィールドテスト編」

先日EOS用のバルナック型ライカのスクリューマウント(Lマウント=L39)用を購入し、室内でのストロボ撮影をしました が、今週はその続きとして公園で花の写真クローズアップ写真を撮ってみました。

 
公園にて バルナック型ライカ用のスクリューマウント(Lマウント)レンズの Summicron 50/2 と Elmar 50/3.5 を両方とも無限遠位置で花のクローズアップを撮影してみました。同時にライカRタイプの Summicron 50/2 にエルプロ2(クローズアップレンズ)でも参考撮影してみました。


 
レンズのコンディションがベストではないのでフィールド撮影はちょっと心配でしたが、今回の順光条件では問題はありませんでした。

 
フィールドなのでライブビューはちょっと使い辛かったので、レンズを沈胴させないでファインダーでピントを合わせる撮影方法で撮影しました、普段から等倍撮影が多い花のクローズアップ撮影しているのでその感覚でファインダーをみると違和感はなく、まだもっと寄りたい(EOS 側に中間リングを入れる)気分でした。

 
 
以下の撮影は全て Av モード、ホワイトバランスは晴天固定、ISO 400 で、RAW 現像条件は、ピクチャースタイル=ナチュラル、ノイズリダクション全て0、補正全てデフォルト(なし)です。また、レンズはいずれも UV フィルターを付けています。

 
 
 
● 開放描写

 ■ Summicron 50/2 開放描写

 

 
写真 左:ノートリ画像、右:部分拡大画像(Summicron 50/2 f2)

 
像にフレアが出てとてもソフトな描写となっています。しかし確かに解像していない甘さとは違いキツさの無いやさしい雰囲気となっています。

 
 
 
 ■ Elmar 50/3.5 開放描写

 

 
写真 左:ノートリ画像、右:部分拡大画像(Elmar 50/3.5 f3.5)

 
像は開放絞りが 3.5 というだけでない硬さがあります。とんでもなく硬く茎の毛がトゲのようにカチカチです。ここまで Summicron と違うのかというほど極端に違います。この描写の違いは昔から言われている Summicron はソフトで Elmar はシャープという説が正しくその通りだと感じました。

 
ボケは2線ボケの傾向です。

 
 
 
 ■ Rマウント Summicron 50/2 開放描写

 

 
写真 左:ノートリ画像、右:部分拡大画像(R 用 Summicron 50/2 f2)

 
Lマウントの Summicron 50/2 と良く似ている描写です。

 
 
 
 
● f4 描写

 ■ Summicron 50/2 f4 描写

 

 
写真 左:ノートリ画像、右:ピクセル等倍(Summicron 50/2 f4)

 
EOS 5D2 のモニターで見るとかなり解像感が悪いのですが、RAW 現像すると普通に解像しています。


 
 
 
 ■ Elmar 50/3.5 f4 描写

 
写真 左:ノートリ画像、右:ピクセル等倍(Elmar 50/3.5 f4)

 
これも EOS 5D2 のモニターで見るとかなり解像感が悪いのです。RAW 現像しても Summicron ほど解像していないようです。

 
 
 

 ■ Rマウント Summicron 50/2 f4 描写

 

 
写真 左:ノートリ画像、右:ピクセル等倍(R 用 Summicron 50/2 f4)

 
他の画像と比べ少しオーバーですね。これも EOS 5D2 のモニターで見る解像感が悪いのですが、これも RAW 現像すると Lマウントの Summicron と同じ様な解像感に見えます。

 
 
 
● まとめ

 
ドイツは戦前からカラーフィルムを使っているので、レンズの色の傾向は日本のオールドレンズより良いようで、今回はカラーバランスの調整は全くナシで十分に自然な発色となりました。先週の結果では、迷犬タルト号の毛の色に少し違いがでましたが、それ以外ではあまり違いが出ませんでした。
 

解像感などは、レンズコンディションの良かった50年前に同じようなテストが出来ていればもっと良い結果となったと思いますが、さすがに Elmar は70年程度、Summicron も50年程度経過していることを考えると、かなり贔屓目ですがこれらレンズの性能はかなり高いことを感じました。

 
マウントアダプターとしては、ピントの合う範囲の問題でスナップでは使えないため実用性は低いことが分かり期待していたコトとは違いましたが、レンズ評価が出来たことで今回は購入して大正解でした。

 
 
 
 
 
 
次回は、LED LENSER の LEDライトの話題を予定しています。

 
 
 
 



今週のスナップ:世田谷観音
Photomatix で HDR その後 DxO FilmPack で KR

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« EOSでライカLレンズ その1 「ベンチテスト編」 | Main | LED LENSER L5 (外観編) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/49152701

Listed below are links to weblogs that reference EOSでライカLレンズ その2 「フィールドテスト編」:

« EOSでライカLレンズ その1 「ベンチテスト編」 | Main | LED LENSER L5 (外観編) »