« PC修理失敗の巻 (DELL GX270) | Main | Nuwai TM-325XR8 荒くれ修理 (データー編) »

July 25, 2010

Nuwai TM-325XR8 荒くれ修理

今回は、久しぶりに荒くれ修理の話題です。

 
2008 年に記事にした Nuwai TM-325R8 をかなり酷使していためか故障してしまいました。

 
比較的簡単に修理できるのでは、と思いモジュールを分解してみました。表の LED 基板も外そうとしたのですが、これはネジに接着剤が入ってしまったようでネジ山が壊れるばかりでついに外せませんでした。

 
 

 

 
 
故障の原因は、どうやら LED (Lumileds の Rebel)内でショートしているようでした。

 
このため、一度 LED を外してみることにしました。LED は表から半田ゴテで温めながら LED と基板の間にカッターナイフを差し込んで熱し続けることで外すことができました。

 
外して確認すると Rebel が内部でショートしていました。このため、手持ちの Rebel (100 ルーメンモデル)を付けることにしました。

 
LED の取り付けは、基板、モジュール本体(ヒートシンク)とかなり放熱構造なのでコテを当てるだけでは半田が溶けないので、ライターバーナーで電子回路を抜いたシンク裏面からあぶり LED を半田付けしました。少し浮いて曲がってしまうのでリフレクターの中心から少し狂ってしまったようですが、まぁ、無難に取り付けることができました。

 
故障の原因を確かめるのに基板の銅箔を少しめくってしまったので、電子回路を再組み付けする時にリード線を伸ばして取り付け位置を少し変えて対処しました。

 

 
写真 左:LED 交換後です(外した LED は画面中央にあります)。


 
 
 
 
 
 
次回は 未定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« PC修理失敗の巻 (DELL GX270) | Main | Nuwai TM-325XR8 荒くれ修理 (データー編) »

Comments

monozof さん、こんばんは。

Rebel は地味な感じがしますが、Osram OPT の白色 LED もそうですがなんとか Cree の後をついていっているようです。

一時は結構差がついていましたが、lumileds の他のモデルがデスコンになっている中 Rebel が孤軍奮闘していますね。

Posted by: イルミナム | July 29, 2010 at 22:24

壊れるくらい使われるってのはむしろライト冥利と言えるかも知れませんね。
そう言えば私も普段良く使うライトは道具的と言うかシンプルなモデルの方が多い気がします。
そして常用しているために不具合とか出ないとなかなか弄る機会が無いのでちょっと古い仕様になってたりする感じ。

そう言えばRebelも最新のRebel ES(LXLM-PWC2)ではついにXP-G並みの効率になったんですね。
日常の使用には100lmもあれば大抵は事足りてしまうのですが、効率が良くなり選択肢が増えるのはやはり喜ばしい事です。

Posted by: monozof | July 29, 2010 at 20:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/48971165

Listed below are links to weblogs that reference Nuwai TM-325XR8 荒くれ修理:

« PC修理失敗の巻 (DELL GX270) | Main | Nuwai TM-325XR8 荒くれ修理 (データー編) »