« NiteCore EZ-AA Neutral-White 外観編 | Main | 洗足池でカワセミ »

January 17, 2010

NiteCore EZ-AA Neutral-White (データー編)

先週の NiteCore EZ-AA Neutral-White 外観編 に続いて、今週はデーター編です。

 
明るさの切り替えは High、Low の2段階で、ツイストヘッド(ヘッド部分を締めこむこと)タイプなので締めこんで Low 点灯、さらに締めこんで High 点灯となります。これは、以前にデーター取りした NiteCore EZ-AA と同様ですがこのモデルは LED の発光色が電球に近いナチュラルホワイトです。

 
 
 
EZ-AA Neutral-White ビームショットとデータ

 
 ● 電池:エネループ 単三型電池 1本

 
 ・ Low mode
 

 
写真:Low level でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Low level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール。

 
 

 ・ High mode
 

 
写真:High level でのビームショットと20段階図です

 

中心部分が少し暗く見えたので、久しぶりに2Dのグラフを取ってみました。2Dの縦軸は明るさの規格とは全く関係の無いイルミナム独自のポイント値(イルミナムインデクス算出のための値で)で、3Dクラフの断面です。


グラフ:High level での2Dグラフです(左:縦軸 2000 ポイントスケール)

 
 

 
グラフ:High level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール。右:縦軸 1040 ポイントスケール)。

 
 

 
 
 
 
 ・ 3Dグラフ内の Illuminum Index(イルミナムインデクス)とは = http://www.illuminum-led.com/fl_017.html
 ・ イルミナムインデクスでライトを比較したモノは、http://www.illuminum-led.com/flm_021.html をご参照ください。左ペインのライト名がそのライトのページにリンクしています。なお、データーは 2006.7.2 以前のモノで、最新のデータはまだ整理できていません m(_ _)m 
 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ エネループ 単三型電池 1本

 


ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
NiteCore EZ-AA-Neutral-White Low 232 70,834 5
High 4,490 1,309,216 88
(参考) 0
NiteCore EZ-AA (Q5) Low 402 1,090,48 7
High 5,750 1,517,776 102


ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

■ まとめ

 
この EZ-AA Neutral-White は単三電池1本としてはかなりコンパクトなライトです。従来モデルの少し青白い発光色に対し、このモデルは同じ Cree XR-E でも少し色温度の低い電球色に近い発光色のモデルです。

 
今の LED は色温度が低いモデルは照らした部分の色の見え方が良くなる(演色性・・・正しくは平均演色評価数が高くなる)代わりに明るさが少し下がります。今回の測定ではイルミナムインデクスは従来色(CREE XR-E 明るさランク Q5)の 1,517,776 に対し、今回のナチュラルホワイト(CREE XR-E Q3-5A)は 1,309,216 と従来色のおよそ 86% の明るさでした。

 
なお、人間の目には演色性が高くなると明るく感じ、モノの識別もし易くなるようです。もっとも、暗い場所で照らす青白い光も人の目には明るく見える傾向があるようですので、使うシチュエーションに応じて照らす光の色を使い分けると良いと思います。

 
コンパクトなライトなので都市部の暗い場所で使う分にはナチュラルホワイト High mode で十分な明るさがあると思います。

 
 
来週は、洗足池のカワセミの写真をUPの予定ですが・・・、期待しないでください (^^;

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« NiteCore EZ-AA Neutral-White 外観編 | Main | 洗足池でカワセミ »

Comments

ご指導ありがとうございました!
お話を参考に電池の消耗が激しいようなら充電池の購入を検討してみようと思います。
今回はおかげさまで本当によい買い物ができたと思います。
自分の判断で購入していたら後悔しているかもしれませんね。
なんだか私も懐中電灯にはまってしまいそうです。(笑)
また何かありましたらご指導お願いいたします。
ありがとうございました!

Posted by: sei | February 17, 2010 at 11:42

sei さん、こんばんは。

明るさに満足されたようで安心しました。

さて、充電式電池は、リチウムイオンが一般的で、中国製などで安いものもありあますが、電子回路入りのLEDライトの場合、電池の過放電限界を超えて使ってしまい、電池をダメにしたり事故の元となったりする可能性が有るので、プロテクト付き(過放電などの保護回路付き)電池が良いと思います。

有名なのは、AWさんの電池で、これもプロライトジャパンさんで扱っています。

ttp://www.pro-light.jp/battery/battery_1.html


RCR123 充電池とそれ用の充電器が安心だと思います。

ただし、Qmini123 のような電子回路入りの場合、プロテクトが働くと明るく点灯している途中で突然消えることがあるので、予備の電池は常に持っていた方が良いと思います。段々暗くなるなどの電池の消耗具合が分からないことが普通です。

Posted by: イルミナム | February 16, 2010 at 22:03

ライトが届きました!
素人ながら簡単ですが感想を書かせていただきます。
まずHiモードの明るさにびっくりしました。
小さなサイズからは想像できない明るさですね。
便利な世の中になったものです。
またMid、Lowモードの明るさの設定も丁度よく、これ一本でほとんどの用途をカバーしてくれそうです。
ただちょっと電池が高価なので頻繁に交換するようなら充電タイプの購入を考えてみようかと思っています。
おんぶに抱っこで申し訳ありませんが、お勧めの充電池と充電器はありますでしょうか?

Posted by: sei | February 16, 2010 at 16:04

sei さん、こんばんは。

ご購入おめでとうございます。

クールホワイトという呼び方は LED メーカーの Cree 社の呼び方になりますが、このような呼び方になったのはごく最近のことです。電球色のウオームホワイトが出てきてそれとの区別のために呼び方が増えて来たという経緯です。

そんな訳で、一般的な白色LEDはクールホワイトの範疇に入るものが多いのですが、色のバラツキのよっては色味がクールという呼び方とは明らかに違うようなモノも存在しています。

> また感覚として、一般的にLEDライトとして売っているものの色調をクールホワイトと思って良いのでしょうか?

上記のような状況なので、このご質問につきましては、有る範囲の色ランク(LEDマーカーで出荷する際に決めている色味の区別)群での呼び名としては、ニュートラルホワイトとかウオームホワイト(電球色)と書いていなければ Cree 社で呼ぶクールホワイト相当と考えて良いと思います。

しかし、繰り返しになりますが、色味はそのクールという名称でイメージ出来ないと思った方が良いと思います。例えば、少し緑が入ったり(最近ほとんど有りませんが)、真っ白だったり、少し青味が有ったり、なんとなく黄ばんでいたりとライトの在庫によってはまだ結構色味が違うものが有るようです。

Posted by: イルミナム | February 15, 2010 at 21:37

丁寧にご説明いただき、ありがとうございました!
お話を聞いてやはりクールホワイトがよい様なのでどうしようか迷っていましたが、お勧めのQuark Mini 123が丁度入荷したようなのでオーダーいたしました。
届きましたら素人ながら感想を書き込ませていただきますね。
商品の到着を楽しみに待っています。
また感覚として、一般的にLEDライトとして売っているものの色調をクールホワイトと思って良いのでしょうか?

Posted by: sei | February 15, 2010 at 14:59

sei さん、こんばんは。

ニュートラルホワイトは少し濃いベージュという感じの色です。LEDでの電球色はさらに赤味のあるウオームホワイトと呼ばるれ色になるのですが、普通のLEDライトの白色を見なれているとニュートラルと言っても赤味のある電球色に見えます。明るさは同じクラスのクールホワイト(一般的な白色光)の60~70%位で面照射した部分の色の再現性はクールホワイトより少し良いと言われています。

Qmini123 あたりの明るさであればニュートラルホワイトでも5年前のハイパワーモデルを超える明るさですので普通に道を歩く時に使うような用途であれば明るさが不足することはないと思うのですが、一般的にはクールホワイトモデルの方が明るいので、明るいライトが1本目であるならクールホワイト系(ニュートラルホワイトでない普通の白色)を選ぶ方が無難だと思います。

Posted by: イルミナム | February 13, 2010 at 20:57

早速ご返事いただきありがとうございました!
頂いたアドバイスを参考に自分でも調べてみます。
価格的には5,000円くらいであれば何とか許容範囲です。(笑)
またクールホワイトとニュートラルホワイトの違いと実際の使用上の差というものはありますでしょうか?
よろしかったらお教えください。

Posted by: sei | February 13, 2010 at 12:45

sei さん、はじめまして。

LEDライトの明るいライトは結構良いお値段(5000円を超えてしまうモノが多いです)になってしまいます。私はこのクラスしか知らないので悪しからずご了承ください。

その中で、単三1本でお勧めは、NiteCore EZ-AA (明るさは2段切り替え)です。

外観:
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2009/06/nitecore-ez-aa-.html

データー:
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2009/06/nitecore-ez-a-1.html

国内では、プロライトジャパンさんで扱っています。(現在は売り切れ中のようですが・・・)
ttp://www.pro-light.jp/light/edge_tac/html/ez_aa.html


CR123A 1本でのお勧めは、まだブログにUPしていませんが、4sevens さんの Quark Mini 123 (明るさは3段切り替え)あたりが、本体が小さすぎる気もしますがなかなか明るくて良いと思います。(私が購入したものはニュートラルホワイトです)

これもプロライトジャパンさんで扱っています。(これもクールホワイトは売り切れ中のようです)
ttp://www.pro-light.jp/light/4sevens/4sevens_1.html


なお、最近のコンパクトなLEDライトのほとんどが中央がスポットで周辺にも広がるパタンになっていてます。用途によると思いますがなかなか使い易いと思います。


参考になりましたでしょうか。

Posted by: イルミナム | February 11, 2010 at 23:33

はじめまして!
LEDライトを検索していてこちらのサイトに来させていただきました。
ものすごく詳しく研究されていて、とても興味深くはいけんさせていただきました。
実は現在LEDlenserのV2microというものを使用していまして、あまり明るくはないのですが手元を照らすのにとても重宝していますが、暗い夜道の足元を照らしたり進行方向の様子を見たりするには暗すぎるのです。
それで、もっとパワーのあるものを物色していました。
しかしこちらのサイトのレビューも拝見させていただきましたが、たくさんありすぎて迷っています。
もしよろしければ、アドバイスをいただけませんでしょうか?
条件としては、単三かCR123Aを一本使用してあまりスポットな配光でなくできれば調光付のものが良いと思っています。
図々しいとは思いますがよろしくお願いいたします。

Posted by: sei | February 11, 2010 at 21:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/47317704

Listed below are links to weblogs that reference NiteCore EZ-AA Neutral-White (データー編):

« NiteCore EZ-AA Neutral-White 外観編 | Main | 洗足池でカワセミ »