« September 2009 | Main | November 2009 »

October 25, 2009

ブレない写真 その1

EOS 5D を中古で購入しおよそ2ヶ月になりました。これをきっかけに15年ぶりくらいですが花・植物の写真を真剣に撮影しています。しかし、なかなか上手く撮れません。上手く行かない原因は2つあり、一つはブレてしまいボケた甘い写真になってしまうことと、もう一つは写真への視点がまだ定まっていないため、平凡な写真になっているためです。また、5D の1200万画素をまだ十分に生かせていないことも分かってきました。

 
そんな訳で、今回は、ビンテージレンズを付けた EOS 5D でブレない写真にチャレンジしてみました。また、シャープさを強調するような硬調な仕上げとし、今までの柔らかくコントラストの浅いトーンの絵作りを一時中止し、デジタル一眼レフに慣れることを主眼に撮影してみました。

 
 
■ 撮影準備

 
ブレを止めるにはシャッター速度を上げれば良いのですが、条件がそろわないと早いシャッターが切れないので今回はストロボでブレを止めようと考えました。

 
エネループ2本で使える Canon スピードライト 270EX を使うことにしました。270EX を直接カメラへ取り付けても近接撮影では被写体にストロボの光が回らないので、簡単にストロボ用のブラケットを用意しました。

 

 
写真左:今回使用した部品です  写真右:スピードライト 270EX と延長コード

 


Makro Planar 2.8/100 にストロボを付けた状態です。

 
上の写真では、Makro Planar 2.8/100 を等倍撮影する時のヘリコイドの繰り出し状態ですが、この状態ですとストロボの位置は写真の位置で少し逆光気味で、フードより後ろのレンズに直接取り付けると順光となります。被写体に応じて位置はベルクロテープの固定位置を変えると良いようで、その時はストロボ発光部が可動するので少し前向きにするのも効果的です。

 
近接の場合、ストロボの発光面が相対的に大きくなるので等倍に近い部分では発光部分の面積を見かけ大きくし光を散乱させるディフューザーはいらないと考えましたが、乳白のアクリル板1枚でもディフューザーを入れるような工夫するとさらに良い写真が撮れそうです。

 
ストロボを使った時の写真の絞りは f8、もしくは 8 1/2 です。EOS 側で自動調光しているハズですが、実際にはこの辺の絞りで適正露出になっているようで、もっと絞った時は 5D の露出補正をプラス側にするなど調整が必要な上に、上手く行かないことも多いので、具合の良い f8 か f8 1/2 で撮影しました。

 
撮影倍率は Makro Elmar 100/4 が私の持っている中間リングでは 1:1.6(正確には不明ですがおよその感じです)以上の近接が出来ないため、それ以上の近接はクローズアップレンズが必要です。このため、今回の昆虫の写真は 1:1.6 程度での撮影です。

 
 
■ フィールド撮影 昆虫編

 
今回使用したビンテージレンズは、上の写真の Makro Planar 2.8/100(MP100) と 最近入手した Leitz Makro Elmar 100/4 を使用しました。

 

 
右側は昆虫部分のピクセル等倍です:Makro Elmar 100/4

 

 
右側は昆虫部分のピクセル等倍です:Makro Elmar 100/4

 

 
右側は昆虫部分のピクセル等倍です:Makro Elmar 100/4

 

 
右側は昆虫部分のピクセル等倍です:Makro Elmar 100/4

 

 
右側は昆虫部分のピクセル等倍です:MP100

 

 
 
MP100 と Makro Elmar 100/4 は違いがまだ良く分かりません(色が少し違いますが・・・)。全体にマクロエルマーは少しハレ(明るい反射)が出やすく濡れたような光沢が出る上に MP100 より少しシャープ感があるような気がしますが、実際は撮影メモが無いと撮れている写真を見ただけでは MP100 との区別が付きません (^^;

 
 
■ フィールド撮影 花編

 

 
右側はつぼみ部分のピクセル等倍です:Makro Elmar 100/4

 
花は、来週に続きます。

 
ストロボの威力は十分にあり、条件がそろえば簡単にブレない写真を撮ることが出来ることが分かりましたが、背景が暗くなってしまうのが難点です。しかし、レタッチで色を入れるような処理をして行くと楽しい写真が出来そうです。

 
また、今回は Makro Elmar 100/4 が案外近接撮影に手間がかかることを実感しました。特にレンズフードにストロボを付けた状態ではクローズアップレンズを付けることがとても大変で、このような撮影の場合は中間リングをもっと買い足して使った方が良いと思いました。

 


 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2009

BitZ Pocket TI (データ編)

先週の外観編に続いて BitZ-TI のデータ編です。昨年の7月にUPした BitZ SSC P4 の外観が Ti(チタン)となったモデルで、LED も同じ種類の SSC P4(明るさランクは U2)です。SOS など隠しモードもありますが、データーは通常モードの Medium - Low - High のモノです。電池は CR123A リチウム電池と充電出来る Li-Ion電池の RCR123(プロテクト付きの AW 製が推奨されています)のどちらも使えますが、今回は CR123A でのデーターです。

 
 
 
BitZ-TI ビームショットとデータ

 
 ● 電池: CR123A 1本

 
 ・Low mode
 

 
写真:Low mode でのビームショットと20段階図です


 


グラフ:Low mode での3Dグラフです。

 
 
 
 
 ・Medium mode
 

 
写真:Medium mode でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Medium mode での3Dグラフです。

 
 
 
 
 ・High mode
 

 
写真:High mode でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:High mode での3Dグラフです。

 
 
 
 

 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ CR123A 1本

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
BitZ-TI Low 259 91355 6
Medium 1336 446898 30
High 4550 1499664 101
(参考) 0
BitZ SSC P4 Low 362 124,789 8
Middle 1,634 534,544 36
High 4,600 1,504,520 102


ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

■ まとめ

 
前回の BitZ SSC P4 とほぼ同様のデーターでした。昨年は十分に明るいと思いましたが、NiteCore などのライトが小型で明るいので明るさの感覚はそれほど明るいライトとは思わなくなってしまいました (^^;

 
流行のチタンボディはなかなか頼もしい質感で、人とちょっと違うモノを使いたい場合にかなり満足度が高い気がします。


 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

今週のスナップ

迷犬タルト号


 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 11, 2009

BitZ Pocket TI 外観編

今回は、韓国の BitZ Pocket TI 外観編です。Lighthound さんからセールのメールで約 10% OFF なのと、なぜかチタンが大流行りなのでたまにはチタンということと、円高でもあるのでついポチっとしてしまいました。

 
BitZ TI flashlight - one CR123A battery SSC P4 LED, all Titanium Blasted Finish は ソウルセミコンさんの P4 で明るさランクが U2 ランクだそうです。今までのモノより特に明るい訳ではありません。

 
電池は、CR123A 電池もリチウムイオン電池の通称 RCR123 のどちらでも使えますが、 Li-Ion の RCR123 は AW さんの電池を推奨しています(プロテクトが有るからかもしれませんね)。明るさの切り替えはヘッドを締めたり緩めたりすることで通常は3段階に Medium - Low - High と切り替わります。また隠しモードで SOS など4種類の信号などがあります。

 
パッケージはビニール袋に入っていました。メーカーのものか Lighthound さんのオリジナルかは不明です。

 


パッケージ外観 (この写真では電池が見えますが、届いた時はライト本体に入っていました)

 
付属品は、スペアOリングキーチェーン用リングが2個(色違い)です。

 


このモデルはブラスト仕上げです。

 
CR123A タイプとしては小さい方なのでポケットに十分入りますが、ヘッド先端がストライクベゼル風で鋭利なカドは無いのすが、何か手ごろなケースを見つけて入れないと、いずれはポケットに穴があきそうです。

 

 

 

 
写真 左:BitZ SSC P4

 
このライトは、Hight mode でも 500mA 120 ~ 130 lumens ととりたてて明るい訳ではありません。しかし、チタン製のお洒落でバカ高い訳では無いという部分で満足できるライトだと思いました(十分高価なのですが・・・・)。

 
 
今回からライトの写真を Panasonic LX3 とストロボで撮影しました。今までは300万画素のニコンクールピックス990で午前中のデイライト(撮影場所の関係で午後は直射日光が入ってしまうため)撮影でしたが、なかなか午前中の写真撮影が出来ないのでストロボ撮影に切り替えました。

 
クールピックス990でも外部ストロボ端子と接続コードが有るのでストロボ撮影は可能なので LX3 と同時に試してみました。何だか思い切りオールドレンズ風になってしまいました ・・・ (^^;

 


クールピックス990にて

 
 
 
 

 
 
次回はBitZ Pocket TI のデーター編をUPする予定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2009

上野動物園

今回もビンテージレンズを付けた EOS 5D での写真です。

 
オールドレンズにはいろいろなキワモノや本当に古くコーティングも無いようなレンズまで含めて幅広く呼ぶようですので、25年位前での状態が良ければ今でも十分に実用になる昔は高価だったレンズを勝手にビンテージレンズと呼んでいます。

 
まぁ、単に昔のレンズはいっぱい持っているのですが、古くなりすぎて売るに売れず(二束三文です)一方、デジタル時代の新しいレンズが買えないので、昔の古いスタイルのままでカメラボディだけデジタルにして写真を安上がりに楽しもうという狙いです。

 
そんな私の持っているビンテージレンズでまだテストが出来ていなかったのが、テレテッサー 4/300 です。マイナーチェンジ前の鏡胴の太く重いモノで、20年以上前に中古で買ったモノですが、買った当時年賀状の家族写真に使った程度で多分20年は使っていないレンズです。幸い、レンズに曇りも無いのでテスト撮影をすることにしました。

 
なお、レンズの状態は、LEDライトの強い光を当てて反対側から覗くと曇りや小さな気泡があれば直ぐに分かります。

 
300mm でバシバシ撮れるといったら動物園、と短絡的に思いつき昨日上野動物園に行ってまいりました。

 
あいにくの小雨模様の中を300回ほどシャターを押し、その中で良さそうな40枚位を選んで現像し、その中から何枚かを選んで今回UPいたしました。

 


上野動物園の表門です。35-70

 
自然光が暗いのとレンズが f4 と暗くピントが合わせにくいのと(こんな時 MF レンズは辛いです)、EOS 5D はこういった写真では ISO 400 が使える限度かな、とも思い ISO 400 で頑張ったのでブレ・ピンボケを連発してしまいました。最新のカメラはかなり高い ISO 値でもかなり良い画質のようですが、古い 5D はどこまで ISO を上げて使えるか、もう少し使って良く把握して行きたいと思います。

 

 
4/300

 
 

 
左:35-70、右:4/300


 
 

 
右:この物体は、・・・・プレーリードッグのお尻です。 4/300

 
 

今回の撮影で、私のテレテッサー 4/300 は十分に使えることが分かりました。またこのテストでは 4/300 にムターII(テレコンです)を付けて 8/600 としても十分な画質が得られることが分かりました。
 


4/300 + ムターII

 
 
 
いつもは花の写真ばかりで動物の写真は今回が初めてでしたがなかなか面白いものだと思いました。午後から出かけたので東園だけ回りました。同じような規模で西園もあるので、機会があればまた行ってみたいです。

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »