« 4Sevens Quark-AA 外観編 | Main | Lumix LX3 ワイドコンバーター »

August 02, 2009

4Sevens Quark-AA (データー編)

先週の 4Sevens Quark-AA 外観編 に続いて、今週はデーター編です。

 
明るさの切り替えはヘッドを締んだ状態でテールスイッチをONにすると Max -> Strobe、ヘッドを緩めた状態では、Moonlight -> Low -> Medium -> High -> SOS -> Beacon とスイッチを押すごとに切り替わります。

 
今回は、エネループの単三型の充電電池1本でデーター取りをしています。

 
 
 
Quark-AA ビームショットとデータ

 
 ● 電池: エネループ 単三電池 1本

 
 ・ Moonlight mode
 

 
写真: Moonlight mode でのビームショットと20段階図です

 


グラフ: Moonlight mode での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール。

 
 

 ・ Low mode
 

 
写真:Low mode でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Low mode での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール。

 
 

 ・ Medium mode
 

 
写真:Medium mode でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Medium mode での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール。

 
 

 ・ High mode
 

 
写真:High mode でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:High modeでの3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール。

 
 

 ・ Max mode
 

 
写真:Max mode でのビームショットと20段階図です

 
 

 
グラフ:Max mode での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール。右:縦軸 2080 ポイントスケール)。

 
 

 
 
 
 
 ・ 3Dグラフ内の Illuminum Index(イルミナムインデクス)とは = http://www.illuminum-led.com/fl_017.html
 ・ イルミナムインデクスでライトを比較したモノは、http://www.illuminum-led.com/flm_021.html をご参照ください。左ペインのライト名がそのライトのページにリンクしています。なお、データーは 2006.7.2 以前のモノで、最新のデータはまだ整理できていません m(_ _)m 
 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ エネループ 単三電池 1本

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
4Sevens Quark-AA Moonlight 14 567 0
Low 305 28,455 2
Medium 1,910 179,528 12
High 8,520 819,824 55
Max 9,480 948,576 64

ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

■ まとめ

 
Quark-AA はラインナップの他の 170 ~ 190lm に対し、90lm と少し暗いモデルです。さらにニッケル水素電池なのでオキシライドや 1.5V タイプのリチウム電池であれば、もう少し明るいデーターとなったかもしれません。

 
とは言え、タクティカル雰囲気で周辺への漏れ光が少な目で中央照度が高いので遠方を照らす用途に向いています。


 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« 4Sevens Quark-AA 外観編 | Main | Lumix LX3 ワイドコンバーター »

Comments

monozof さん、こんばんは。

エネループ1本ということも明るさ面では不利だとは思いますが、スペック的にも他のモデルの半分程度の明るさなのできっとこれが仕様としての明るさのようです。明るくコンパクトということでは、1CR123 モデルの方が良さそうです。

また、同じ単三1本タイプでも EZ-AA の方がだいぶ明るいですが、本体も結構熱くなったりします。一方、Quark-AA の方は短時間の点灯では熱くならずに明るさも安定しています。

きっと入力電圧が低いと駆動電流が上がらない回路なのでしょうね。

Posted by: イルミナム | August 03, 2009 at 23:41

ありゃ?スタイルとパターンは結構タクティカルな感じでしたが出力は割と普通っぽかったんですね。
いや、集光具合から見るとそれでも結構スポット部は明るそうなんですが、Nitecoreみたいな特化型とはまた異なるキャラでしょうか。
あるいは2AAモデルと共通回路とかなのかな?

Posted by: monozof | August 03, 2009 at 20:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/45818584

Listed below are links to weblogs that reference 4Sevens Quark-AA (データー編):

« 4Sevens Quark-AA 外観編 | Main | Lumix LX3 ワイドコンバーター »