« Lumix LX3 de 写真 | Main | 4Sevens Quark-AA 外観編 »

July 19, 2009

DELL ノートPC Studio XPS 16

今週はすでに型落ち品の感じがしますが、先週到着した DELL のノートPC Stusio XPS 16 について書きたいと思います。型落ち感というのは、XPS 16 を日替わり特価で購入し到着1週間後に DELL のHPを覗いたところ、すでに XPS 16 は無く XPS 17 が新ラインナップとなっていたからです (^^;

 
今まで使っていたノートPCは VAIO の Type Y という 2005 年のモデルです。かなりの使用頻度で愛用していましたが、160G に換装した HDD も空きが 2G 程度となりメモリーも 2G 搭載が限度でもうPCハードの限界で使用し続けているため、今回の日替わり特価でモニターの RGB LED バックライトモデルをオプション選択して購入し今後のメインで使うノートPCにしたいと思っています。

 
大きさは VAIO Type Y と比べるとものすごく大きいという感じですが、1920x1080 というレゾリューションのためデフォルト文字サイズではかなり全体の文字が小さくなってしまいかなり読み辛いです。せっかく画面を広く使えるかと思っていましたが、文字サイズを読める程度に大きくして使うと案外画面は広い感じがしないと言うオチが付いてしまいました (^^;

 
届いた状態と、その梱包を開けたら中にさらに製品の梱包が入っていました。DELL でもディスクトップの製品の場合は梱包の中に直接製品が入っているのですが、ノートPCは違うのですね。

 

 

 
ノートPC本体は不織布の袋に入ってなかなか丁寧に扱われていました。

 

 

 
 
 
肝心の3色LEDバックライトでの画像の再現性ですが、残念ながらまだ自分の理解が十分でないため、まだ良く分かっていません。

 
赤味が良く再現され美しいことはとても良く分かるのですが、写真での色再現、色補正処理(ホワイトバランス調整を含めレタッチしています)、液晶上での色の再度の表現のことがまだ十分に理解できていないため、何がどうなのかがまだ理解できません。

 
カメラの撮って出しデーターはカラーバランスが狂っているので(通常のブツ撮りは蛍光灯と自然光のミックス光で、撮影時のホワイトバランスをスピードライト設定としているため色補正が必須な条件となっています)、今まではあまり意識せずに通常の 26in 液晶モニターの見た目での色補正をしていましたが、どうやらこの方法はかなり怪しげであったようです。

 
通常は Photoshop で「web コンテンツ作成用設定」という sRGB IEC61966-2.1 の作業用スペースで作業をしているので比較的色は合っているのでは、と思っているのですが、この辺ももっと勉強していきたいと思います。

 
さて、モニターに写る写真の色はどうなのでしょう。不明確な要素が多く、整理が出来ていませんが、同一の画像を3種類のノートPCで表示させると以下の写真をのようになりました。

 

 
左から、XPS 16 RGB LED(Vista)、VAIO Y FL管(冷陰極管)(Xp)、VAIO S White LED(Xp) です(機種名の後ろはバックライト光源の種類です)。また、画像表示ソフトは windows のプレビューです。

 
XPS 16 は青かぶりしています。VAIO S は赤味が不足気味です。中央の VAIO Y がもっとも自然です。天使の絵の周囲は金彩で、これも VAIO Y が金に近い感じです。そして、この写真自体の色は Photoshop の sRGB 上では比較的見た目に似ています。

 
 
 
次の写真は、実物と写真(同じ画像を2台のPCで表示)の比較です。モニター画面を写真撮りし、様々な再生環境で見ると色が狂うケースが出てくると考え、実物と写真を表示した液晶パネルを並べて撮影してみました。

 

 
左から、XPS 16 RGB LED(Vista)、実物、VAIO Y FL管(冷陰極管)(Xp)です。

 
ここでも、実物と似ているのは VAIO Y の方です。

 
なお、家庭用TVの白の色温度は例えばSONYなどは 10000K(ケルビン)に設定されていると聞いているので、PCパネルの色温度もかなり高いと考えると、カメラのホワイトバランスがスピードライト設定の場合 5~6000K が白くなるため、高精細パネル画面が青みがかることは理解できますが、冷陰極管の VAIO Y が自然な白であることの方にちょっと驚きました。

 
Xp と Vista でカラーマネージメントが違い、表示するソフトでも違い、カメラのホワイトバランスでも違い、バックライトの色温度でも違うので、今回撮影した画面比較の写真では「何を見ているのかが分からない」という情けない状態に陥ってしまいました。

 
Vista で見る RGB LED バックライトの液晶パネルの色は感動するほど美しいのに、色再現性という意味ではどうなんだろうという大きな壁にぶち当たってしまいました。本来ならこの Studio XPS 16 で写真のレタッチをしようかと目論んでいたのですが、もう少し勉強して( ttp://miyahan.com/me/report/computer/070125_WUXGA_LCD/ColorManagement.html このサイトなどをよく読みたいと思います)色の管理についていろいろと学んでから今後のことを考えようと思います。

 


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« Lumix LX3 de 写真 | Main | 4Sevens Quark-AA 外観編 »

Comments

hueyの調整画面見てるとRGBで調整してますよ、
もっともカラーバランスだけ取って
ガンマはグレーで調整しているようですけど(^_^;)

あと、hueyを使う前のモニターのセッティングですが、明るさとコントラストはは自分好みにセッティングしておいてRGBを最大レベルにしてから行ってみてください。
輝度は100%で良いかもしれませんが、コントラストは上げすぎると色が変わるのでそこそこに

ソフトウエアキャリブレーションは調整前のモニターの表示を100とするとRGBのバランスやガンマ値を100以下の小さい方向に向けて調整するしかありませんので。
ある程度決まった設定値から、例えばデフォルトのsRGBモードとかでソフトウエアキャリブレーションをかけるとそこから更に狭い領域でカラーバランスを取ることになります。

あと、カラーマネジメントは上を見るときりがないのですが、業務用印刷まで自分で行わなくてははいけない仕事ならしかたがりませんが、
一般的にはモニターのキャリブレーションだけでほぼ終了したと思って良いと思います。

もしこの次があるならハードウエアキャリブレーション対応でなおかつAdobeRGB対応モニターの導入でしょうね、

で、更につっこんだカラーマネジメントはその次だと思っています。

Posted by: takebeat | July 23, 2009 at 00:01

takebeat さん、ひまぱのぱ さん、こんばんは。

huey が到着しました。

早速、ノートPCの adobe gamma を外し、huey 用のソフト v1.05 を DL し(パッケージのソフトは 1.03 でした)インストールしました。

カラープロファイルにも新しいプロファイルとして登録が完了し、とても奇麗でニュートラル(色かぶりを感じない)具合の良いものになりました。

調子に乗って、メインPC用のモニターの acer 26in を補正しようとメインPCにもインストールし試したのですが、nVIDIA のコントロールパネルを外し忘れたためこれとコンフリクトしているようで、プロファイルも作れず、色もコントラストが下がり赤味の抜けた状態となってしまいました ・・・ set_gamma で戻しました (^^;

今、TV録画中なので nVIDIA CPL を外した後の再起動が出来ないので後ほど再トライしたいと思います。

この huey は、色別の補正は無いようで、想像ですがグレーのガンマ特性を細かく測りその特性を RGB にもあてはめて補正しているような感じです。ノートPCの方はこれで十分満足な状態です。

なお、メインPCの acer の方は広い画面にかぶりつきで見ているので視野角の違いからの画面色ムラもかなり目立つので(画面からかなり離れて見ると目立たなくなるのですが・・・)、こちらはいろいろな意味で少々手強そうです。

画面の補正は大切なことなのでしっかりとやりたいのですが、カラーマネージメントに費用が多く掛かるのはかなりつらいことです。画面にRGBそれぞれのカラグラディのバーを表示し、工業用のガンマ特性がリニアなCCDカメラを借りてきて画面を撮影し、画像解析で各色の明るさ分布をみると調整の具合が分かりそうですが、ちょっと大変そうです。

このまま行くと ひまぱのぱ さんが購入された i1Display 2 まで行ってしまいそうですが、先ずはお金をためて 5DII を何とかすることを先にしたいので悩ましいところです。5DII の予算に i1Display 2 の費用も見込んで貯金するしかなさそうです ・・・(^^;

Posted by: イルミナム | July 22, 2009 at 22:54

イルミナムさんのリンク先わかりやすくていいですね、
ごく一部に?な点もありましたがきっと私の理解力が足りないせいでしょう(^_^;)
私がモニターのキャリブレーションやカラーマッチングにはまっていたときはまだまだCRT優位時代で液晶なんて・・・な時期でしたし、そもそも撮影のプロは画像処理のプロに丸投げしていた時代でしたが、
その後カメラのデジタル化が進むと従来画像処理のプロがやっていた仕事を撮影者自信でがやろうとして(やらざるを得ない?)四苦八苦してきているのを目の当たりにしてきましたので(^_^;)

それでも当時はこのように系統立てて解説したサイトは見つけることが出来ませんでしたが、
これは本当にわかりやすくて良いサイトです。

Posted by: takebeat | July 21, 2009 at 12:00

ひまぱのぱ さん、takebeat さん、

情報ありがとうございます。i1Display 2 は比較的安価で(私にとってはちょっとまだ様子見価格ですが)正確にキャリブレーション出来るツールのようですね。いろいろなキャリブレーターがあることは知っていましたが、今まであまり関係ないように思ってしまっていたことを反省です。

私も、RGB 個別に調整してみて感じたのは、そのパネルだけを見ていると目が慣れて目のオートホワイトバランス機能で真っ白に見えてしまいます。しかしそれを他のモニターと並べると色が合っていません(どれが正しいのかすら分かりません)。それが huey で調整できそうに思っています。

ディスプレイについて、 ttp://miyahan.com/me/report/computer/070125_WUXGA_LCD/ColorManagement2.html なども参考に勉強を進めたいと思います。

液晶パネルも大きくなると画面中心と周辺で視野角が違うことが原因と思われる色や明るさの見え方変化が出てしまいます。これも液晶パネルのいやらしい性質ですね。

Posted by: イルミナム | July 21, 2009 at 00:14

CRTの場合明るさとコントラストはRGB調整と直結していたので調整しようとするとシンプルでAdobeガンマでさらっと調整しただけでだいたいカラーバランスも合わせることが出来たのですが。

液晶の場合発色にバックライトが絡んでくるのと、更にCRTにはほとんどない全面で起こる微妙な色むらによってきちんと白を出すのさえも難しいという信じられない事態に陥ってhueyを導入しました。

hueyでも色むらはもちろん消えませんが(^_^;)
色むらにとらわれずとりあえずきちんと白をだしてもちろんRGBのバランスをきちんととってくれるのはとてもありがたいです。

Posted by: takebeat | July 20, 2009 at 22:52

私は、ブログでもご紹介しまたi1Display 2を購入しましたが、初期設定と比べて、色や諧調が劇的に変わります。
カラーマネジメントツールはぜひお勧めしたいです。
hueyの感想もお聞かせください。

Posted by: ひまぱのぱ(p.himapa) | July 20, 2009 at 21:49

takebeat さん、こんばんは。

いつも情報をありがとうございます。さっそく huey を注文しました。

DELL ノートでのモニター色設定の方法がまだ良く分かっていないので set_gamma で微調整をしています。しかし、確かに調整しても目視では良く分からない( RGB を個別に動かしてもしばらく見ているとその色で良いように思えてきてしまう)のでこれで調整したいと思います。

Posted by: イルミナム | July 20, 2009 at 21:39

最初からハードウエアキャリブレーションツールのついたモニターだとそれだけで10万円前後しますので趣味とはいえそこまで出すのは大変です(^_^;)
しかしCRTならまだしも液晶モニタで目視によるキャリブレーションはさんざんやってきましがほぼ無理です(´・ω・`)

で、私はhueyというモニター調整ツールを使っています。
この手の品では一番安く、しかし目視よりはずっと確実な調整を行ってくれます。

この手のツールは上を見たらきりがないのですが、個人的には写真が趣味なら最低限これが必要だと思っています。
絶対損はしないと思います。

Posted by: takebeat | July 20, 2009 at 15:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/45679990

Listed below are links to weblogs that reference DELL ノートPC Studio XPS 16:

« Lumix LX3 de 写真 | Main | 4Sevens Quark-AA 外観編 »