« DELL ノートPC Studio XPS 16 | Main | 4Sevens Quark-AA (データー編) »

July 26, 2009

4Sevens Quark-AA 外観編

今回は 4Sevens さんのオリジナルブランド Quark の単三1本用モデル Quark-AA 外観編です。

 
Quark-AA は Cree さんの新しい LED XP-E 明るさランク R2 のライトです。シリーズのラインナップは5種類ありますが、単三電池1本タイプが好きなのでこのシリーズの中からこれを選び購入しました。

 
明るさの切り替えはヘッドを締んだ状態でテールスイッチをONにすると Max -> Strobe、ヘッドを緩めた状態では、Moonlight -> Low -> Medium -> High -> SOS -> Beacon とスイッチを押すごとに切り替わります。

 
しかし、テールスイッチのクリックは少し慣れが必要です。ラバーキャップの中のスイッチボタンが小さいようで、ツメで押し込むようにしっかり押さないとクリックONとなりません。しかし、一度ONになってしまえばモード切替はクリックしなくても押し込むだけで切り替えることが出来るので、普通に親指の腹で押して操作することが出来ます(OFFにするクリックにはまツメで押し込みます)。

今回届いたモデルはヘッドが少し硬く、ヘッドを締めこんだりゆるめたりという操作は少し力が必要でした。

 
単三1本モデルは本体が小さいので、テールスイッチの押しこむ操作は少しやりにくいのですが、付属のフィンガーグリップを使うと操作しやすくなります(指がちょっとゴム臭くなりますが・・・)。

 
なお、真っ暗な場所で操作する際、ライトの前後を何回も間違えてしまい前面レンズを押してしまいました。今まで使っているライトの握った記憶がこのライトを逆に握った時の感覚に近いのかもしれません。

 
電池は 0.9V ~ 4.2V が対応しているとのことなので Li-Ion 電池も使えそうです(未確認です)。アルカリ電池が付属していますが、今回のテストはエネループで行いました。
 
パッケージはなかなかしっかり作られています。マグネットで留まる扉が開きます。

 
写真左:パッケージ外観、 写真右:扉が開きます。

 
付属品も多く、電池も付属し、片面PPコーティングの取説も入り、コストパフォーマンスが良く感じます。(PPコーティングが片面だけなので紙がちょっとソリぎみですが・・・)。

 
写真左:パッケージ外観、 写真右:扉が開きます。

 
単三1本のタイプでは標準的な大きさだと思います。クリップは止めネジを外すことで取り外すことが出来ます。試していませんが、テールスイッチとヘッド部分を入れ替える(交換する)ことでクリップを逆に向けることができるようです。

 

 
付属品が多く、お買い得感があります。

 

 
テールスイッチのラバーキャップや本体クリップに 47 とマーキングされています。

 

 
LED は Cree さんの新しいモジュール XP-E です。第一印象は Lumileds さんの Rebel に似ているドームの小さい LED だと思いました。

 
 
 
 

 
 
次回は Quark-AA のデーター編をUPする予定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« DELL ノートPC Studio XPS 16 | Main | 4Sevens Quark-AA (データー編) »

Comments

monozof さん、こんばんは。

私の AA のスイッチは、意図的に押し込んでONにしないと点灯動作しないので・・・、軽くプッシュするだけで点灯するとかなりタクティカルなのですが・・・。

フィンガーグリップを使うとスイッチのONが劇的に改善されるというものではないのですが、スイッチが押し易くなることは間違いないので明るさ切替時の軽いプッシュの時には使い易くなります。しかし、まだ上手い使い方がつかめていません (^^; 

フィンガーグリプは、もしかしたら AA2のような長いボディの時に使いやすいのかもしれませんね。

Posted by: イルミナム | July 26, 2009 at 22:47

実は最初4Sevensで見た時はどうせFenixのOEM品か何かでお茶を濁す程度だろうと興味が湧かなかったんですが、どうやら本気でタクティカル系ブランドの方向性を考えていた仕様だったみたいですね。
2通りのモード自体はFenix譲りとは言え、スイッチはWOLF-EYESのように基本を間欠点灯のみとし、連続点灯には意図的な押し込みを必要とするストロークを設けた・・のか?と勝手に想像してみました。

でもフィンガークリップが付属するってのも面白いですね。アングル的にはハンドガンのサイティングには不向きなようですが、これは作業時などに保持する必要が無い、何かあっても取り落としたりしない用って感じでしょうか。データ編も楽しみにしております。

Posted by: monozof | July 26, 2009 at 18:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/45746071

Listed below are links to weblogs that reference 4Sevens Quark-AA 外観編:

« DELL ノートPC Studio XPS 16 | Main | 4Sevens Quark-AA (データー編) »