« May 2009 | Main | July 2009 »

June 28, 2009

久しぶりにカメラマン また今年も1年ぶりのバラ

昨年一昨年に続き、さる方からバラの切り花をいただきました。今年も頂いたバラの記録を兼ねて写真にチャレンジしました。撮影は1カ月半ほど前の5月13日で 昨年の「蘭」の写真 と同じセットです。今年は背景を変えようと思ったのですが、会社からの帰宅後の思考停止状態だったので昨年と同じ Vista のデフォルト壁紙です。

 
 

 
 

 
 

 
 
撮りっぱなしの jpg は少し「ねむい」画像だったので上の写真の上段中段はレベル補正を少しかけ、下段の写真は「明るさ・コントラスト」を両方とも少し上げています。

 
今回も毎年と全く同じ(光源はストロボ1発、TV画面背景、カメラ・レンズ・フィルターなどの条件)なので変化がありません。昨年の写真 の方が出来が花の色どりに変化がありその点では比較的簡単に撮ってもそこそこだと思いましたが、今年の花はシンプルなのでちょっと難易度が高く、非日常の世界はあまり感じられませんでした。

 
背景の色がちょっとジャマになってしまったようです。今考えると背景は赤系の方が良かったように思います。

 
 

 
カメラ:D70
レンズ:コンタックス 2/135
絞り:f2、f2.8
フィルター:コンタックス ソフター2
シャッタースピード:1/60
ストロボ:SB-600 マニアル 1/8 1/4 (天井バウンス)

 
 
 
この写真でも Photshop で遊んでみました。背景だけを微妙に色付けしても面白くないので RGB の G を 抜き、赤を少し調整してみました。ブラックライトで照らされているような感じの刺激的な色で面白いです。私の好きな写真はパステル調のモノトーンに近いものなのでもう少しおとなしい方が好みなのですが、画像への非日常感を出すという意味では十分に面白いと自画自賛です (^^: 


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2009

つけ麺

いつも行きつけのつけ麺屋さん(つけ麺道 たけし さん)で、つけ麺の写真を携帯で撮ってみました。本当の目的は、このスチール写真を元に Corel Photopaint で動画を作ることでしたが、1回目の動画は面白味に欠ける仕上がりだったので今回は没です (^^;

 
今回は Photoshop の練習を兼ねて Photoshop 6.0 のグラフィックペン フィルターを使ってみました。見なれたカラー写真が何となく雰囲気の有るモノに変わったような気がするのですが、ストローク(線の長さ)を最大の 15 に設定してもちょっとペンの長さが物足りない感じです。しかし、何も考える必要が無く Photoshop に任せれば良いので簡単です・・・何一つクリエイティブな作業は有りません。

 


お店の前はいつ行っても列が出来ています。しかし、さすがに平日の午後2時すぎは列が短いです。

 


さすがにゴマつけ麺とは分かりませんね。かろうじてつけ麺らしいと分かる程度です。

 


中盛りをだいぶ食べたのですが、あまり減っている感じがしません。

 


少し減った感じがします。

 


この辺でかなり減った感じになりました。

 


同じようなペースで撮っていたらいきなり無くなってしまったようになってしまいました。

 


今日も完食でした。ごちそうさま。

 
今回は、いろいろなコトが分かりました。ペンのストローク(長さ)は、元画面を小さい状態でフィルターを掛けるとそこそこ長く感じ、それを拡大すると荒れた感じにはなりますが面白い状態になるようです(今回のUPした中には有りません)。

 
今回は、初めから動画にしようと思って携帯で何コマも撮影したのですが、もう少し工夫が必要なことが分かりました。

 
少ないカットでも繰り返し使えば動画化も出来るのですが、動きを出そうと同じカットを少しづつ動かしてみたりして見ても同じコマの位置が少しズレる程度では面白くなく、かといって大きくズレると目ざわりでした。同じカットの繰り返しではなく、周囲の余白を変えて元のカットから少しどこかが違う画像をたくさん作ってつなげれば良さそうです。

 
また、写真としては、食べている中間のカット(コマ)にはおハシは入れない方が良かったと思います。また、途中で手が入る(つけダレの器を手で持つなど)など人間臭さが入ると良かったと思いました。

 
ちょっと遅いお昼を食べる時、つけ麺屋さんまで行く間に思いついたので試してみましたが、まぁまぁだったと自画自賛したいと思います。次は、中身の質の向上(少し面白いもの)にチャレンジしてみたいと思いました。

 
3Dのライトの有るシーンを3D上で撮影するコトもやりたいのですが、素材がまだまだ足りないので・・・・(^^;

 


 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2009

NiteCore EZ-AA (データー編)

先週の NiteCore EZ-AA 外観編 に続いて、今週はデーター編です。

 
明るさの切り替えは High、Low の2段階で、ツイストヘッド(ヘッド部分を締めこむこと)タイプなので締めこんで Low 点灯、さらに締めこんで High 点灯となります。

 
今回は、外観編で取り上げた単三型の充電電池1本でデーター取りをしています。(ニッケル水素電池だと思います)

 
 
 
EZ-AA ビームショットとデータ

 
 ● 電池: USB 充電 単三電池 1本

 
 ・ Low mode
 

 
写真:Low level でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Low level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール。

 
 

 ・ High mode
 

 
写真:High level でのビームショットと20段階図です

 

中心部分が少し暗く見えたので、久しぶりに2Dのグラフを取ってみました。2Dの縦軸は明るさの規格とは全く関係の無いイルミナム独自のポイント値(イルミナムインデクス算出のための値で)で、3Dクラフの断面です。


グラフ:High level での2Dグラフです(左:縦軸 2000 ポイントスケール)

 
 

 
グラフ:High level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール。右:縦軸 2080 ポイントスケール)。

 
 

 
 
 
 
 ・ 3Dグラフ内の Illuminum Index(イルミナムインデクス)とは = http://www.illuminum-led.com/fl_017.html
 ・ イルミナムインデクスでライトを比較したモノは、http://www.illuminum-led.com/flm_021.html をご参照ください。左ペインのライト名がそのライトのページにリンクしています。なお、データーは 2006.7.2 以前のモノで、最新のデータはまだ整理できていません m(_ _)m 
 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ USB 充電 単三電池 1本

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
NiteCore EZ-AA Low 402 109,048 7
High 5,750 1,517,776 102

ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

■ まとめ

 
この EZ-AA は単三電池1本で小さいのに明るいです。 Cree XR-E もなかなか良い感じです。High mode で点灯を続けるとヘッド部分は結構熱くなりますが、コンパクトでいつも持っていられるようなポケットライトに最も明い状態の持続性を求める必要も無いと思いますので、十分な性能だと思います。

 
1m程度の距離で壁面照射をすると中央のスポット部分が幾分暗めにみえる感じと照射の外側に僅かに明るいリング状の部分が見えます(良く考えると極太のダークリングが有るとも言えなくはないのですが・・・)。しかし、2Dグラフでも明るさは外側に向かいなだらかに暗くなっているので目の錯覚で明るさムラがあるように見えるようです。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 07, 2009

NiteCore EZ-AA 外観編

今回は NiteCore EZ-AA 外観編です。

 
EZ-AA は 単三電池1本の超コンパクトな Cree のLEDライトです。今回は大きさ比較をしていませんが、極太の単四電池1本型の KD CREE HAIII Buckle Light V5 とほとんど変わらない程度の大きさです。

 
明るさの切り替えは High、Low の2段階で、ツイストヘッドタイプなので、ヘッド部分を締めこんで行くと Low で点灯、そのまま締めこんで High となります。

 
電池は、明記されていませんがニッケル水素電池(Ni-MH)でも問題無い様です。なお、3V など電圧の高いモノは使うなという注意があります。

 

 
紙箱のパッケージです。


 


ストラップとスペアOリングが付いています。

 


なかなか仕上がりが良い外観です。

 
ARC AAA と同様に電池のガタつき防止のスポンジが付いています。また、底部に何故かカメラネジが切ってあります。

 

 
構造はシンプルです。

 
リフレクターが比較的深いので、リフレクターでの集光は良いのですが、小さいため周囲への漏れ光が多いのでスポット光ではないようです。

 

 
Cree XR-E です。

 
底部のネジ部分と、ヘッド部分です。ヘッド部分を良く見るとコイルスプリングが見えます。ヘッドを締めこむと先ずスプリングが+端子に当たり Low mode で点灯し、その後スプリングが基板の接点に触れて High mode で点灯するという構造のようです。

 

 
構造はシンプルです。



文字はシッカリ彫り込み色入れされています。

 
ボディ底面のカメラネジはあまり深く切っていないので、私の持っている三脚のネジは先に底ヅキ(ネジの頭が先に行き止まりに当たってしまうこことです)しています。

 


三脚で使えます。

 
 
 
今回、EZ-AA と同時にニッケル水素電池が一緒に入っていました。見た事のない外観で、容量も 1450mAh と少くとても不思議な感じです。見た目では、単三電池の大きさと同じに見えませんが、実際はちゃんと単三電池サイズでした。

 


不思議なデザインです。

 
 
 
予備知識が無かったので、容量は少ないし+電極側にコードが付いているのが見えるなどとても不思議な電池でした。電圧を計ると 0.6V 程度と完全に放電状態で充電をすることにしましたが、普通の充電器に入れると電池が外れてしまい正常にセット出来ません。

 
そこで 4Sevens さんのページ を見ると Batteries にこの電池がありました。これは、何と USB 端子で充電できる電池でした。

 


+側キャップを外すと USB 差し込み口があります。

 


 
 
次回は NiteCore EZ-AA のデーター編をUPする予定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »