« Fenix TK40(データー編) | Main | NiteCore EZ-AA 外観編 »

May 31, 2009

GITZO のボールヘッド

先日、中古でボールヘッド(自由雲台)を購入しました。数年前から会社に置きっぱなしにしている ジッツオの三脚に付けて使うために G1275M を購入しました。

 
かなり古いモデルですが、お店によってはまだ新品を売っているところが有ります。しかし、会社に置きっぱなしにするので少しでも安い方が良いと思ったので、中古を探して買いました・・・あまり安くなかったのですが・・・ (^^;。

 


今回、中古で買った小型のボールヘッドです。

 
 
三脚や雲台はいろいろなメーカーから発売されていますが、20年ほど前はジッツオとその他のメーカーの三脚とでは性能差が大きく、良い道具を使うと良い写真が撮りやすいということで有る時期からジッツオの三脚だけを使っています。

 
今回の小型ボールヘッドは今メイン使っている G1375M と同じマグネシウム製でなかなか良い作りの製品です。最近は、デジタル一眼レフならニコンの D70 (もうかなり古い機種ですね)を使うので、小型三脚の今回の G1275M で十分に使いる感じがします。以前のフィルムカメラで使っている時は、モーター付きニコン F4 や中版カメラでしたので中型三脚でないと使えませんでしたが、今は、小型三脚で十分かもしれませんね。

 
このタイプのボールヘッドはボールが大きいので背面の大きなリリーススクリューを少し緩めると適度なフリクションでカメラが動きます。スクリューが大きいので微妙な締め具合でフリクションが調節できるので少しカメラを動かす時は少しスクリューを緩めれば良いし、大きく緩めてもボールのフリクションは無くならず安物のボールヘッドで起きるカメラがガクンと倒れてしまうことは有りません。そして、スクリューをキュっと締めこむとカメラがガッチリ固定されます。このタッチは最高です。なお、同じジッツオでもボールを締めるスクリューにレバーが付いているモデルはボールが小さいためかガクンとカメラが倒れます。

 
なお、ジッツオでもスペック的には最新型の方が軽くて耐荷重も大きいようですが、価格がかなり良いコトになっているので見たことも触ったことも無いこともあり興味は有りません。見て欲しくなるといけないので、見ないことにしています・・・ (^^;

 


昔からメインで使っている中型のボールヘッドです。

 
 
現在、家では写真の中型ボールヘッドを付けている中型三脚に加えてブログ用の写真を撮るときなどにジッツオの超小型三脚を使います。これには超小型のボールヘッド(レバー締付式)が付いています。

 


主にブログ用の写真撮りに使う超小型のボールヘッドです。

 
 



















 
 
並べて見ると中型と小型の大きさの差が少なく、超小型が異様に小さい感じですね。

 


3つの大きさの違い

 
 
中型ボールヘッドは超小型三脚の大きさに近い位です。

 


超小型三脚とパナソニックカメラと・・・

 
 
ジッツオは質感も使い勝手も良くかなり好きな製品です。工業製品というより工芸品といった感じで一生使い続けたいと思います(ちょっと重いけど・・・)。

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« Fenix TK40(データー編) | Main | NiteCore EZ-AA 外観編 »

Comments

のあのあ さん、はじめまして。

ベビー三脚への雲台、というより全ての三脚の雲台は決めることが難しいですね。私の雲台情報は自分の使った範囲でしかないのでアドバイスはなかり偏ってしまいます。

そんな中でお話ししますと、パン棒付きの雲台はカメラと三脚の位置関係があまり変わらない写真(風景写真や集合写真)には良いと思いますが、私のような雑多なモノを撮影する場合、特に花の写真などを三脚でローアングル撮影するときは、とんでもない格好に(三脚も人間も)なるのでパン棒はジャマなのでボールヘッド(自由雲台)という選択肢しかないと思っています。

しかし、ボールヘッドも種類が多く何を選んだらよいか分かりません。

上の写真のベビー三脚は「三脚がジッツオなので雲台もジッツオ」と短絡的発想で購入しました。

使いごこちは、G1375M 系を使ってしまうと何を使っても使いやすさ感が悪いです。G1375M のようにフリクション(ボールの動きが硬い)がある・・・正確にはフリクション調節ネジとボール固定ネジが兼用となっていて、固定ネジの締め具合でフリクションが微妙に変えられる・・・、もしくはフリクション調整ネジが別に付いている場合はその調整によりカメラが「ガクン」と落ちず、カメラのファインダーを見ながらカメラを自由に適度なフリクションを維持しながら動かすことが出来るのて、これを私は使い易いと呼んでいます。

一方、ベビー三脚に付けるカメラはコンパクトデジカメが圧倒的に多いのでフリクションが上手くかからない場合でも「ガクン」とはしますが、「ガクン」となりにくかったり、そうなったときでもそれほどいやな感じはしません(カメラが軽いからだと思います)。

と言う訳で、のあのあさんが、ベビー三脚に軽いカメラを付けるのであれば、小型のセンターボール雲台 G0077 かそれと同じようなボールヘッドが良いのでは、と思います。

オフセットボール雲台はローアングルでのカメラ位置の自由度が上がると思っていますが、こんなに小さい三脚で特殊なカメラの構え方も無いし、セット時の工夫で何んとでもなるように思います。

なお、私もベビー三脚に D70 を付けることがありますが、大きい(三脚に比較して)カメラを雲台に固定する時はオフセット雲台(ボールがセンターではない)場合、カメラへのねじ込み作業がやりやすい場合もあります。しかし、これは三脚をすでに位置決めしてしまった時の場合で、普通は雲台のネジを固定し、三脚ごと回してカメラにねじ込むのでセンターボールの方が使い易そうに想像します。

・・・ちょっと長くなってしまいました (^^;

Posted by: イルミナム | June 13, 2009 at 11:59

初めまして、突然ですがご相談にのっていただきたいことがあります。
GITZOのG0012に合う雲台を探しているのですが、なかなか決めきれません。

お勧め等ないでしょうか。

お手数をおかけしますが、是非相談にのってください。

Posted by: のあのあ | June 12, 2009 at 23:59

takebeat さん、こんばんは。

実は、調査のため私の使っているニコンのD70と今年になって会社で購入したD60を同じ条件で撮影してライトのビームショットの20段階分布図と同じ方法で画像解析をしたことがあります。会社での実験だったので公開が出来ませんが、D70の諧調性能はかなり悪く、D60で再現出来るシャドウ部分とハイライト部分がD70ではシャドウはつぶれ、ハイライトは飛んでいました。

かなり再現力が違い、これはカメラ内のソフトの問題の可能性もありますが、そもそもD70に使っているCCDのダイナミックレンジが低いのではないかと想像しています。

しかし、D70で露出の合っている(色が再現出来ている)ハズの部分での発色までも、同じレンズでF4で撮影した類似品のブツ撮りネガから起こしたCD-Rの色に負けていると感じたので大変にショックにでした。

主観的印象では、D70の画像はエクタクロームのような鮮やかだが色が軽く浅い雰囲気、F4でのネガからCD-Rにした画像はコダクロームのようなトーンが有りしっとりして立体感の有る美しい色、というような感じでした。

D70も古くなってしまったので、キャノンの5DII あたりが欲しいのですが、まだ買う予定が無いので本気の撮影はネガ(ポジではなくあえてネガ)で撮っても良いかとも思ってしまいました。

Posted by: イルミナム | June 10, 2009 at 23:55

三脚の話ではないのですが、写真の話なのでこちらに書かせていただきます。

ご存じかもしれませんが、DPE屋さんでのCD-R焼きはネガプリントと同じ画像処理を行ってレタッチされ、
その後CD-Rに焼くか、プリントするかに処理が分岐されます。

なのできれいな画像が得られたということは
・元データが非常に素直で素性の良いデータだった
・DPEのオペレーターの腕が良かった
この二つが考えられます。

コンパクトデジカメ等で撮影した画像データはすでに画像処理がかかりまくっている上にさらに画像処理を重ねるので汚くなることが多いのですが、
イルミナムさんの普段の写真を拝見するととてもニュートラルな物が多いのできれいに補正がかかったのではないでしょうか?

Posted by: takebeat | June 10, 2009 at 14:18

ひまぱのぱ さん、こんばんは。

ジッツオのボールヘッド(ボールの大きいモデル)はボール固定の締めこみネジを回す構造が大きなダイヤル状なのでかなり回し易いです。

また、ボールがカメラより前方に位置しているので、ちょっと大きくて重いレンズを付けているとカメラ+レンズの重心が前に来るので、このボールの位置がカメラの位置決め操作時に効いている気がします。(軽いレンズを付けたカメラの重心位置は前に行きませんがカメラ+レンズが軽いのでボール位置の影響は感じられません。)

そんなことが f2/135 あたりのレンズを使うことが多かった昔、このボールヘッド(G1375M)を抜群に使いやすいと思ったのかもしれませんね。

Posted by: イルミナム | June 01, 2009 at 23:42

GITZOの三脚にGITZOボールヘッド、いいですね。
GITZOのボールヘッドは、慣れると使いやすそうですが、一般のボールヘッドとは使い勝手が異なり、それにお高いので、私はあきらめました。
3WAYは使っていましたが、持ち運ぶのにあまりにも重いので手放してしまいました。
・・・が、望遠用やブツ撮り用としてとっておけばよかったと思います。

Posted by: ひまぱのぱ(p.himapa) | June 01, 2009 at 20:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/45191420

Listed below are links to weblogs that reference GITZO のボールヘッド:

« Fenix TK40(データー編) | Main | NiteCore EZ-AA 外観編 »