« March 2009 | Main | May 2009 »

April 26, 2009

iPhone で ワンセグTV

iPhone でワンセグTVを見ることが出来るアダプターの「TV&バッテリー」があることは今年初めから知っていたのですが、近所のソフトバンクさんでは長いこと売り切れ状態で、やっと先日入手することが出来ました。

 
TV&バッテリーは iPhone の充電用バッテリーとしても使えるのでワンセグTVを見ないとしても持っている価値がある気がします。

 
TV&バッテリーはワンセグTVを無線LANで発信しそれを iPhone 側でそれを受けて再生するという仕組みになっています。また、通信は1対1に限定されるため、違う iPhone などで受信するためにはTV&バッテリーを初期リセットする必要があるそうです。このため、ワンセグTV用の汎用送信機にはなりません。また、再生には iPhone のTV専用 APP (無料)を iPhone にインストールします。

 
通信の設定は、iPhone が他に受信し接続が確立している無線LANの無い状態ではとても簡単にTV&バッテリーと接続出来ますが、自宅では IP アドレス他を手動設定しているの無線LANとすでに接続が確立している状態なのでこの影響で接続設定が自動にならずTV&バッテリーとの接続設定を都度手直ししないと上手くいかない点が厄介です。しかし、自宅でワンセグTVを見ることは基本的には無いのでこの厄介さは実際には気にすることはないことなのですが・・・。

 

 

写真 左:TV & バッテリー 本体、右:iPhone で ワンゼグTV

 
ワンセグの入る場所であればTV&バッテリーを胸ポケットに入れて iPhone でTVを見るということが出来るようになりました。結構いろいろな場所でTV受信できることも分かりました。私の自宅は2Fなのに電波障害地域のため受信出来るチャンネルにかなり制約があるのですが、場所によっては地下1Fでも階段付近だと受信できる場所があるなどまた、北関東の一部に地域ではワンセグが届いていないのではないかなどいろいろ分かって来ました。

 


 


 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2009

NiteCore Extreme HA Bezel R2 Edition(データー編)

先週の NiteCore Extreme HA Bezel R2 Edition 外観編 に続いて、今週はデーター編です。

 
明るさ切り替えはベゼルを回すことで High Low の切り替えが可能です。電池は Li-Ion 電池の RCR123 も使えますが、今回は3Vのリチウム電池 CR123A のデーターです。RCR123 の場合は、High mode で約1割明るくなるようです。なお、このページでは Maximum の明るさを High mode 、そのままベゼルを回し暗くなった状態を Low mode と呼んでいます。

 
 
 
NiteCore Extreme HA Bezel R2 Edition ビームショットとデータ

 
 ● 電池: CR123A 1本

 
 ・ Low mode
 

 
写真:Low level でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Low level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール。

 
 
 ・ High mode
 

 
写真:High level でのビームショットと20段階図です

 

 
グラフ:High level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール。左:縦軸 2080 ポイントスケール。

 
 
 
 
 ・ 3Dグラフ内の Illuminum Index(イルミナムインデクス)とは = http://www.illuminum-led.com/fl_017.html
 ・ イルミナムインデクスでライトを比較したモノは、http://www.illuminum-led.com/flm_021.html をご参照ください。左ペインのライト名がそのライトのページにリンクしています。なお、データーは 2006.7.2 以前のモノで、最新のデータはまだ整理できていません m(_ _)m 
 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ CR123A 1本

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
NiteCore Extreme HA Bezel R2 Edition Low 3,221 370,016 25
High 19,680 2,218,624 150

ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

■ まとめ

 
今回は、Cree XR-E の明るさ R2 ランクで先々週の D20 と同じランクですが、リフレクターが少し違うようでこちらのライトの方が集光しています。タクティカルの目的を上手く果たすように設計しているようです。

 
スポット系で日常使うライトとしては D20、D10、EX10 の方が使いやすいかもしれませんが、小さいライトで遠くを照らす実力があるので、小さいと言ってもなかなか侮れない優れたライトだと思いました。

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2009

NiteCore Extreme HA Bezel R2 Edition 外観編

今回は NiteCore Extreme HA Bezel R2 Editio の外観をご紹介いたします。

 
Extreme は CR123A 1本タイプのタクティカルなタイプです。EX10 のようなポケットタイプではありませんが Surefire E1L のようにコンパクトでポケットに入れてもかさばらない大きさです。

 
明るさの Hi/Low は、ツイストヘッド(ヘッド部分のねじる)で切り替わります。

 

 
長い箱が D20、短い箱が Extreme です。

 


本体色が少し赤みが出て写っていますが、実際は真っ黒です。

 

 
本体のヘッド部分には R2 と刻印されています。

 

 
電池は付属していません。

 


D20 と同じ銀クリです。

 
 
次回は Extreme HA Bezel R2 Edition のデーター編をUPする予定です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2009

NiteCore D20 R2 Edition(データー編)

先週の NiteCore D20 R2 Edition 外観編 に続いて、今週はデーター編です。

 
明るさ切り替えはほぼ無段切り替えというタイプなので今回は最も明るい状態でのデーターです。なお、使用電池は単三型のエネループ(Ni-MH と表記)2本です。

 
 
 
NiteCore D20 R2 Edition ビームショットとデータ

 
 ● 電池: 単三型 エネループ 2本

 
 ・ High level
 

 
写真:High level でのビームショットと20段階図です

 

 
グラフ:High level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール。左:縦軸 2080 ポイントスケール。

 
 
 
 
 ・ 3Dグラフ内の Illuminum Index(イルミナムインデクス)とは = http://www.illuminum-led.com/fl_017.html
 ・ イルミナムインデクスでライトを比較したモノは、http://www.illuminum-led.com/flm_021.html をご参照ください。左ペインのライト名がそのライトのページにリンクしています。なお、データーは 2006.7.2 以前のモノで、最新のデータはまだ整理できていません m(_ _)m 
 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ 単三型 エネループ 2本

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
Nitecore D20 R2 Edition High 8,220 2,255,168 152


ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

■ まとめ

 
今回は、Cree XR-E の明るさ R2 ランクのミニマグと同じような用途のLEDライトです。十分明るく、その上経済的なニッケル水素電池で使えるのでキャンプなどで使うハンディライトとしても具合良いと思います。

 
私の持っているライトでは比較するモノがあまり有りませんが、2年前の ARC LSH mod4 + TAP-2AA (SSC P4 U) 辺りが類似のライトになると思います。D20 の駆動電流が不明なのでなんとも言えませんが、今の世代のLED(Cree XR-E や SSC P4、dragon 系 など)も地道に明るさを増していると思いました。

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »