« January 2009 | Main | March 2009 »

February 22, 2009

久しぶりのオーディオ 位相はコントロールできるか?編

オーディオのスピーカーチューニングをするためモノラルマイクを2本購入しました。オーディオテクニカ モノラルマイクロホン(ガンマイクロホン) AT9913 です。

 
我が家のスピーカーは 4way の 2.1ch ですが、それぞれのスピーカーユニットの音がそろって出ているかがかなり気になっていました。そこで今回、何か分かるかと思いマイクで音を拾ってみることにしました。

 
家のシステムはビンテージシステムなので、デジタル処理をするようなタイムアライメント処理は出来ませんが、物理的な位置での調整は出来る可能性もあるので、先ず今回は何をすると何が分かるのかから始めてみることにしました。

 
今回の測定は、マイクで右チャンネルのスピーカーのウーハーとスコーカー、スコーカーとツイーターの各ユニットの音を拾ってその特性をみてみることにしました。

 
なお、接続はモノラルマイクから出る 3.5mm ピンジャック2本を 3.5mm ステレオのピンジャックのPC入力にするのがちょっと面倒でした。間違ってステレオピンジャック2本の入力アダプターを買ってしまいましたが、これでは2本のモノラルマイクでステレオ入力にはなりません(^^;

 

 
写真 左:今回購入したマイク、写真 右:接続用コード類

 


写真:コードの入力

 
今回は、先ず音が上手く拾えるのか、特性観察が出来るのか、を主にかなり荒っぽい作業となっていますが、とりあえずCDを鳴らしてその音を拾ってみました。

 
最初にビンテージスピーカーユニットの 25cm ウーハーと中域用のスコーカーのスペクトルと位相差です。

 

 
グラフ 左 スペクトル 赤ウーハー/青スコーカー、右 位相差

 
次にスコーカーとツーターです。しかし、ツイーターの上にスーパーツイーターが乗っているので、ツイーター側はツイーター+スーパーツイーターとなっています。

 

 
グラフ 左 スペクトル 青スコーカー/赤ツイーター、右 位相差

 
先ず、スペクトルのグラフでは各スピーカーユニットのネットワークが上手く働いているかが見えそうです。今回は 25cm ウーハーからの音圧が高いのでスコーカーを狙っているマイクに大幅にウーカーユニットの音が割り込んでいることが見えます。

 
ここでのネットワークは、1.2k 6db のカットオフ特性なのですが、1K から 3K の間が抜けてスコーカーから 3k 以下があまり出ていないことが分かります。なお、幾分音源の特性もこの付近が少なかったようですが、クロスする付近が弱いことは間違いなさそうです。

 
一方、スコーカーとツイーターは 7k 6db でクロスさせていますが、何となく上手くいっているように見えます。しかし、ここでもウーハーの音が両方のマイクに大幅に入ってしまっていることが分かります。

 
次に位相差ですが、グラフなどがまだ良く読めません。これは、ウーハーのシグナルとスコーカーのシグナルでは位相のズレがあるかどうかを見るものですが、サイン波音源ではなく音楽を鳴らしているので、位相のヅレは見れていないようです。しかし、特定の周波数で位相が反転している傾向は曲が進んでも同じように出るので何か有るのかもしれません。

 
また、確認のため、今回使ったマイクの接続コード設定でそれをイヤホンにつなぎ換えて音の出方を聴いてみました。そうしたところ、接続部分がかなり多いので中音域にフィルターが入っているような音でした。マイクの接続ヵ所が多いため音質劣化のあることが分かりました。

 
 
 
■ まとめ

 
今回、取りあえず音を拾ってみて、以下のことが分かりました。

・ マイクをむき出しでスピーカーの前に設置しただけではスピーカーユニット間のセパレーションが取れないので、マイクとマイクの間にグラスウールなどで他のスピーカーからの音が入らないように遮音する必要があることが分かりました。次回は、グラスウールを筒状に巻いてユニットに被せるような方法で音を拾うと良いと思いました。

 
・ 今回は音楽をそのまま鳴らしているので位相のズレが分かるような実験にはなっていないことが分かりました。位相差の確認はクロスの周波数の 1.2k などのサイン波を入れ、そのサイン波がスピーカーユニット毎にどう出ているかを見ないといけないだろうと思いました。

 
・ アダプターなど接続ヵ所がたくさんあるマイクコードは、RCA プラグが2本浮いているのも気になるので今後改良したいと思います。

 
時間のある時、少しづつコツコツを進めてみたいと思います。


 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2009

パーカーのボールペン

先日の平日にお休みを頂いたとき、ちょっとした奇跡のような出来事がありました。奇跡と言うと「常識では考えられない神秘的な出来事」といった意味なので今回の出来事はある人のおかげなので奇跡と言ってはいけないのでしょうが、私自身には普通では考えられない驚きの出来事なので奇跡と言ってしまいます。

 
昨年の11月のとある月曜日の朝、家でふと気付くといつも持って歩いているボールペンの先端が無くなっていることに気付きました。30年近く愛用している少々調子が悪いしかし愛着のあるパーカー製のボールペンなので、かなりショックでした。前日の日曜日に行った銀行のATMでボールペンをはさんで入れていた名刺入れを出したので、その時落とした可能性が高いと思いましたが、出勤前だったので先ずはあきらめそのままにしてしまいました。

 
銀行のATMコーナーなので休日や平日の営業時間外には人が居ないため、人が居る時に行けるチャンスもなく、また行ってもムダだろうと思い2ヵ月以上経ってしまったのですが、先日の平日にお休みを頂いた時に念のため銀行へ行ってみることにしました。

 
ダメもとで、ある意味あきらめを付けるという意味もあって行ったのですが、銀行の中の白髪の紳士尋ねたところ、何とその方が昨年拾って取って置いてあると仰るではありませんか・・・。早速見せて頂いたところ間違いなく自分の失くしたボールペンの先端でした。2ヵ月以上経っていたにも関わらず、ボールペンの先端は無事に戻ってきたのでした。

 


失くし、再び出てきた先端です。

 


バネはかなり以前に失くしてしまい、換えを買って持っていますがあえて入れないで使っています。

 

 
先端の圧入が弱くなっているので抜けやすくなってしまったので、接着してしまおうと思っています。

 
白髪の紳士に感謝いたします。ありがとうございました。


 


 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 08, 2009

横浜中華街

2週間ほど前の平日、お休みを頂いて横浜の中華街にランチを食べに出かけました。

 

 
横浜中華街は、記憶の限り初体験だと思いますがもしかしたら1回位はきていたかもしれません (^^;

 

 
関帝廟の近くの小さなお店で20人も入れば満員になりそうな感じの新福記さんでランチを頂きました。

 
奥さんはアワビ入り黒米粥と焼ソバのセット、私はキムチチャーハンと酢豚のセットを頂きました。

 


 

酢豚の隣にゴマの付いた三角の点心が写っていますが、これはアワビ入り黒米粥と焼ソバのセットに付いているものです。

デザートも付いています。

 
美味しいだろうとは予想していましたが、その予想を上回る美味しさでした。このようなランチが700円とか800円で食べられるのでまた行きたいと思います。でも、交通費の方が高いのとそうそう平日に休みは取れないので簡単には行けそうにありません・・・・ (^^;

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 01, 2009

C2 MC-E(データー編)

先週の C2 MC-E (外観編) に続いて、今週は C2 MC-E のデーター編です。

 
明るさ切り替えは High と Low の2段階に切り替わります。なお、使用電池はリチウムイオンの 18650 です。

 
 
 
C2 MC-E ビームショットとデータ

 
 ● 電池: 18650 1本

 
 ・Low level
 

 
写真:Low level でのビームショットと20段階図です

 


グラフ:Low level での3Dグラフです。

 
 
 
 
 ・High level
 

 
写真:High level でのビームショットと20段階図です

 

 
グラフ:High level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール。左:縦軸 4160 ポイントスケール。

 
 
 
 
 ・ 3Dグラフ内の Illuminum Index(イルミナムインデクス)とは = http://www.illuminum-led.com/fl_017.html
 ・ イルミナムインデクスでライトを比較したモノは、http://www.illuminum-led.com/flm_021.html をご参照ください。左ペインのライト名がそのライトのページにリンクしています。なお、データーは 2006.7.2 以前のモノで、最新のデータはまだ整理できていません m(_ _)m 
 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ 18650 1本

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
C2 MC-E Low 3,970 692,760 47
High 11,670 2,575,008 174


ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

■ まとめ

 
今回は、Cree のマルチチップ LED MC-E の様子を知りたくてデーターを取りましたが、比較的控え目な使い方になっているようです。Seoul SC の P7 を使った MTE SSC P7 (データ編) と比べるとかなり控えめで、Cree であればシングルチップ LED でも十分に出る明るさだと思いました。

 
もしかしたら LED の効率の良い部分を使い明るさが同じならランタイムが伸びるといった使い方になっているのかもしれませんが、今回は残念ながらそれらの確認が出来ませんでした。

 
短い時間ですがテスト中に本体が熱くなることもなく、照度も比較的安定しているのでまだ十分に余裕があると思われますので、もう少し電流を流し明るくさせても良かったのではないかと感じました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »