« November 2008 | Main | January 2009 »

December 28, 2008

Fenix LD01 stainless steel( Limited Edition )

このところLEDライトネタが切れているのですが、Fenix LD01 の stainless steel モデルを購入したのでその外観をご紹介いたします。

 
ステンレスは電気伝導率がアルミより悪く重さはアルミの3倍位ありますので必ずしもライト向きの素材ではありませんが、ステンレス製のライトは持っていないので試しに購入して見ました。

 
今までの単四 Fenix と並べてみました。

 


写真:左より L0P、L0D(Cree HA N カラー)、L0D(Cree Li-Ion 対応タイプ)、LD01(stainless steel )

 
ステンレスは重いので、重さを測ってみました。電池なしと電池(アルカリ電池)入りの重さを従来品とステンレス品です。

 

 

 
測ってみると電池が入っているステンレス品はアルミの倍まではありませんが、20グラムの違いはライトが小さいだけにかなり違いズシっとした重量感があります。


 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2008

6年前は、1.2M も使っていました。

前々回のケルンでの写真の CoolPix 990 は 3.3M でしたが、この時はサブのデジカメとして CASIO の EX-S1 も使っていました。これは 1.2M = 120万画素ですが、コンパクトで当時はこの大きさでもスパイカメラといった感じのコンパクトさでした。たしかにこれ以前の30万画素、40万画素と比べると大きさも小さく凄く高性能だったのですが・・・。

 
今回は、この120万画素の写真を1枚UPします。

 
少し前のカメラ内蔵の携帯電話も100万画素がありましたが、それよりは画質は良いように思いますが、手ブレし易くあまりまともな写真を撮ることが出来ませんでした。。

 
大きさは、iPhone 3G より少し小さく、光学ファインダーも付いています。

 

 
写真いずれも 左:カシオ、右:iPhone 3G

 
今回もドイツ旅行の時のスナップです。


場所を失念しましたが、おそらくフランクルトのメッセだっのではないかと思います。

 
結局このカメラは使い方が難しくかったので、あまり使わないままフェードアウトした感じです。もっとも iPhone 3G の写真もお世辞にも良いとは言えませんが・・・。


iPhone 3G にて


 


 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2008

グーグル ガジェット に デザインを付けてみました。

今週は、以前挫折した 井上 章著:「 Google ガジェット プログラミング入門」 のサンプルプログラム にあるアナログ時計の グーグル ガジェット に イルクロックと勝手に呼んでいる 時計のデザインを被せる作業が、今回は上手くいったのでそれをUPしました。

 
以前失敗したのは編集するファイルを間違っていたらしいというお粗末さだったようで(本当は何だったか未だに不明)今回、再度トライしたところ書籍の説明どおりに画像を配置することが出来ました。

 
Windows Vista では標準装備となっているガジェットは Xp では使えないので、グーグルガジェットを使っていますが、そのアナログ時計のデザインを自分の好きな2Dのシンプルなスタイルに変えようということで始めました。

 
一応ホームページで公開いたしましたので、興味のある方はどうぞ。

 


下の画像をクリックするとページに行けます。


 
時計のデザインはシンプルな2Dなので今どきの立体デザインと比べると物足りないと感じると思いますが、自分ではかなり気に入っています(自画自賛です)。


 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2008

何となくノスタルジック ケルンの大聖堂

今週はネタ切れなので、2002年9月に行ったドイツのケルンの大聖堂の写真をUPしました。

 
当時は、デジカメの性能も悪く(と言っても、長年イルミナムインデクスやライトの写真で使い続けている coolpix 990 です)今回の撮影のような条件では、かなり凄いことになっています。

 
逆光気味なのでけケルンの塔は色収差が出まくり、ゆがみもかなり出ています。またカメラの広角側は 38mm 相当なので画角が足りず、悲惨な状況です。

 
当時はまだ銀塩一眼レフカメラ(いつも 18mm を愛用していました)をメインでデジカメは非常用的な使い方で撮影枚数もかなり少ないのですが、デジカメの画像はかなり簡単にいじれるので、今回はこのデジカメ画像で遊んで見ることにしました。

 

撮影のままのノートリ状態です。

 

あまりに斜めに傾いでいるので、思い切りアオリを掛けてみました。

 
アオッた画像はなんとなく普通ですが、傾いでいる写真の方が自然のようです。今改めて考えると、斜めになった状態で大聖堂のディテールを上手く写せば迫力のある写真になったのではないかと思いました。写真はなかなか難しいものですね。

 
なお、有名な2本の塔は正面からの見ると見えるのですが、この写真は大聖堂を横から見ています。このため、左側の塔は良く見ると2本立っているのですが・・・、大聖堂の写真らしくありませんね m(_ _)m

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »