« KD CREE HAIII Buckle Light V5 (データ編) | Main | ARC6 (外観編) »

November 02, 2008

荒くれモデリング「LEDライトもどき」は進行するか? 6 (完成編)

荒くれモデリングは、結局新デザインは考えていないのですが、全体をでっち上げてみました。

 
とりあえず今まで使っていた木目テーブルに置いてみました。

 

 

 
ライト単体の形状と構造は、以下のような感じです。しかし、構造はあまり正しく出来ていないので真面目にはご覧にならないでくださいね (^^;

 
 

本体からテールキャップを外してみました。

 
ベゼル側を外してみました。

 
ライトエンジン部分を移動しました。

 

断面で構造が見えるようにしてみました。構造面でのいろいろな問題やレンタリングでのもろもろの不具合が出ています・・・・ (^^;

 

 
ちょっと角度を変えてみました。

 

 
 
なもにデザイン的にアレンジ出来ず平凡な形状と煮詰めが甘々の内部構造ですが、とりあえず荒くれモデリングの第一回目はここまでにしたいと思います。3ヵ月もかかってやっとこの程度ですが、作業している本人はかなり面白く遊べたと大満足です。

 
次のステップは、このライトを使い背景を作って写真のようにいろいろな角度で表現をしてみたいとと思います。

 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« KD CREE HAIII Buckle Light V5 (データ編) | Main | ARC6 (外観編) »

Comments

monozof さん、こんばんは。

中身に皮を付けるような設計もあるようですので、内部のパーツが出来上がっている場合は、そこに回りを付けて行く方法もアリですよね。

本当は、本体は回転体でなく自由曲面を使ってグリップし易い握り部分の形状を描くなどをしたいのですが、スキルが伴わずにパスしています(旋盤作業では作れないでが・・・)。機会があったらチャレンジはしてみたいのですが・・・ (^^;

背景のアイデアがまだ出来ていないので、本レンダはちょっと先になってしまいそうです。また、出来ばえは別として、自分自身は描くのが楽しみだったりします。

Posted by: イルミナム | November 03, 2008 at 23:41

スケルトンも良かったですが、断面図になるとまた更に各パーツの位置や厚みなどがわかりやすくなって良いですね。
これなら逆に内部構造を基点に外部を構築して行くと言う方法もとれそうですか。

背景入りの本レンダも楽しみにしています。

Posted by: monozof | November 03, 2008 at 21:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/42984210

Listed below are links to weblogs that reference 荒くれモデリング「LEDライトもどき」は進行するか? 6 (完成編):

« KD CREE HAIII Buckle Light V5 (データ編) | Main | ARC6 (外観編) »