« Nitecore EX10 Special Edition(外観編) | Main | 何となくノスタルジック ケルンの大聖堂 »

November 30, 2008

Nitecore EX10 Special Edition(データー編)

今週は、Nitecore EX10 Special Edition Magma データー編です。

 
D10 と同じライトエンジンだと思いますが、この EX10 は使用電池が 3V のリチウム電池か 3.7V のリチウムイオン電池となります。全長も D10 より少し短く気持ちコンパクトです。

 
明るさ切り替えも事実上無段階切り替えで自分の好きな明るさにセットすることができます。今回は、Max(High) と Min(Low)の2つの明るさを測ってみました。なお、使用電池は 3V の CR123A です。

 
 
 
Nitecore EX10 Special Edition Magma ビームショットとデータ

 
 ● 電池: CR123A 1本

 
 ・Min level
 

 

写真:Min level でのビームショットと20段階図です

 

グラフ:Min level での3Dグラフです。

 
 
 
 
 ・Max level
 

 

写真:Max level でのビームショットと20段階図です
 

 

グラフ:Max level での3Dグラフです(左:縦軸 260 ポイントスケール。左:縦軸 2080 ポイントスケール。

 
 
 
 
 ・ 3Dグラフ内の Illuminum Index(イルミナムインデクス)とは = http://www.illuminum-led.com/fl_017.html
 ・ イルミナムインデクスでライトを比較したモノは、http://www.illuminum-led.com/flm_021.html をご参照ください。左ペインのライト名がそのライトのページにリンクしています。なお、データーは 2006.7.2 以前のモノで、最新のデータはまだ整理できていません m(_ _)m 
 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ CR123A 1本

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
Nitecore EX10 Magma Low 41 4,209 0
High 6,240 1,241,128 84
Nitecore D10 High 5,800 1,197,568 81

ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

■ まとめ

 
今回は、外観の面白さが主の Special Edition なので Nitecore としては標準的な明るさだったのだと思います。実は D10 と比べ電池電圧の高い分もう少し明るいのではないかと想像していたのですが、ほとんど誤差範囲・ LED のバラツキ範囲( LED は Cree です)といった結果でした。

 
この Nitecore の EX10 と D10 はピストンドライブも使いやすく価格もリーズナブルな上に明るさも自由に設定できる機能もあり、今年一番のお気に入りになりそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« Nitecore EX10 Special Edition(外観編) | Main | 何となくノスタルジック ケルンの大聖堂 »

Comments

レスありがとうございます。やってみます。
メールはすでに送りました。アメリカ通販だから心配はないですが、ものが中国製だけに・・・(笑)

Posted by: bao | December 07, 2008 at 13:14

bao さん、こんにちは。

L*D系はあるのですが、LD*系は持っていないため、良く分かりませんが、L1Tなどと同じような構造のようですね。L1Tの場合は、ヘッドを緩める/締めるでも明るさ切り替えの機能がありますので、ヘッド部分が緩み過ぎていると不具合があるかもしれませんが、消灯モードは無いと思いますので通常はスイッチを押せば何らかの光は出ると思います。

このため、点灯しないのは設定問題ではなく故障の可能性が高いと思います。ただ、その故障で良くあるパタンの一つに、ボディとヘッド・ボディとテールでの接触不良があります。ゴミを噛んだり表面処理の絶縁物が接触部分に巻き込まれていたり、などです。念のためヘッド部分の内側のボディが当たる部分とボディ側のヘッド部分、またテール部分も同様にティシュペーパーなのでクリーニングしてみると良いと思います。本来削り処理されているボディの端面に表面処理が残り黒くなっていることもあります。この時はヤスリで軽く磨ってしまうのですがお勧めしません。

接触部分に異常が無さそうでしたら、電子回路かスイッチの不具合ですので、lighthoundさんに「LD20 does not work.」などとメールで相談されると良いと思います。


Posted by: イルミナム | December 07, 2008 at 12:50

ごぶさたしております。
教えてください。fenixのLD20をlighthoundで購入したんですが、単三を2本入れてスイッチを入れても点灯しません。
チカッ チカッ と2回ほど点滅したんですが、その後点灯しません。何か設定とか必要なんでしょうか?

Posted by: bao | December 06, 2008 at 21:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/43279598

Listed below are links to weblogs that reference Nitecore EX10 Special Edition(データー編):

« Nitecore EX10 Special Edition(外観編) | Main | 何となくノスタルジック ケルンの大聖堂 »