« September 2008 | Main | November 2008 »

October 26, 2008

KD CREE HAIII Buckle Light V5 (データ編)

今週は、先週外観のみをUPした KD CREE HAIII Buckle Light V5 のデータ編です。LED は名称の通り Cree でチップのベースとなる部分が銀色のいわゆる「銀クリ」です。このLEDライトは、単四1本のシンプルで明るさ切り替えの出来ないタイプです。

 
monozof さんの monolog に記事のランタイムデーターによるとアルカリ電池での明るさ低下は比較的大きいので電池の性能から少し安定感のある Ni-MH (ニッケル水素)電池でテストを行いました。

 
 
 
 
KD CREE HAIII Buckle Light V5 ビームショットとデータ

 
 ● 電池: NI-MH 1本

 

 


写真:Low mode でのビームショットと20段階図です
 

グラフ:Low mode での3Dグラフです。

 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ Ni-MH 1本

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
KD CREE HAIII Buckle Light V5 1,352 934,418 63


ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 


■ まとめ

 
最近お気に入りの単四電池1本タイプなのですが、少し太いので頼りになりそうな気持がする一方で駆動は単四電池のため電池も持ち(ランタイム)は頼りなく、頼りになるのか頼りにならないのか分からないちょっと不思議な気分になります。

 
本来ならリチウム電池(1.7V)がランタイム的に有利なのでそれが良さそうなのですが、手持ちが無かったこともありニッケル水素電池でテストを行いました。

 
外観的にはかなり良いライトで、ヘッドのツイストON/OFFもかなりタッチが良く使用感の良いライトです。明るさから見たこのライトは短期決戦型のライトだと思いました。また、光の色は少し緑がかりこのため明るさが高いのかもしれません。

 
小さいからといってもかなり明るいので眩し過ぎてキーライトのような近距離を照射するライトとしては使えません。あえて使おうとするならラジオなどが聴けなくなった消耗した電池を使うとちょうどLOWモードのように使えますが、この暗い状態でもあまり電池は長持ちしないので微妙なところです。

 
なお、電池を押さえる底部のスプリングのストロークがかなり長いので、抵抗を入れて電池電圧を下げて使うような(電子回路の Badboy シリーズの Hi/Lo 切り替えのための抵抗のようなモノ)スペーサーを自作すると案外具合良く明るさ調節ができるかもしれません。抵抗はエネルギーを熱に変えるだけとのイメージもありますが、流れる電流が小さくなるので、電流が下がった分明るく光っている時間は長くなるハズなので2~10Ω程度などで実験してみるのも面白そうです。上手く行くかは全く不明ですが・・・・(^^;
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 19, 2008

KD CREE HAIII Buckle Light V5 (外観編)

今週は、KD CREE HAIII Buckle Light V5 外観編です。

 
Kaidomain.com さんの単四電池1本のカラビナ(Buckle)付きの Cree (銀クリ)ライトです。明るさ切り替えの無いライトです。ニッケル水素やアルカリ、1.7V のリチウム電池が使えます。リチウム電池は高価な上最近入手性が悪いのですが本来ならこの電池が一番合っていそうに感じます。

 
操作はツイストタイプなのでヘッドの部分を回すだけで点灯します。単四1本のライトにしては少し太いので操作感はとても良い感じです。

 
 
 
KD CREE HAIII Buckle Light V5 の外観

 

 

 

 

*付属のカラビナ、カラビナと本体を止めるリング、予備のOリングの撮影を忘れました m(_ _)m

 
 
 
 

■ 来週は、データ編

 
来週は、データ編のUPを予定しています。また、Ni-MH 電池でのデーターです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 12, 2008

荒くれモデリング「LEDライトもどき」は進行するか? 5

今週の進行はごく僅かです。ベゼルもまだ「案1」のままですが、全体がどんな感じで形状が成り立つのかの確認のため、簡単に位置合わせの目的でボディを描いてみました。デザインをなにも考えていない状態ですが、今週も荒くれお目見えです。

 
最初にすでに出来ている部品を配置してみました。

 

この配置に合うように線でつないで単なる筒を描いてみました。内側が見えるようにスケルトンカラーです。

 

ちょっと角度を変えてみました。

 

ボディを HA III 風にして確認です。ナーリング(ローレット)もなにも無いツルツルです。

HA III 外観での組立状態です。テールキャップは文字に白入れをしているためにその時の色設定の効果で色が変わっています。
 

 
 
形状的にはなんとか組立が出来そうな感じです。本体には外観のデザインもOリングも有りませんが、次のステップで細かいところを詰めたいと思います。また、失敗したと思ったテールキャップ内面のOリングを受ける部分が無いことは、内側のネジを減らすことで外観を変えずに対応出来そうなことが分かりました。

 
外観と構造の基本は Surefire なのでこれをベースに少しづつアレンジしたいと思いますが、どうなりますことやら・・・。

 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 05, 2008

荒くれモデリング「LEDライトもどき」は進行するか? 4

今回は、ベゼルですが、まだ「案1」と言った段階で本来ならお見せできるような煮詰めの出来ているものではありませんが、ネタ切れのため出してしまえという荒くれお目見えです。

 
構造は Aleph 方式です。実物ならもう少しスリムに出来るハズですが、ネジのピッチをいい加減に大きめに作ってしまったことがこの辺りで祟ってきているようです。

 
ベゼルには、先端より前面ガラス固定リング、前面ガラス、Oリング、リフレクター、LED、ヒートシンク、スペーサー(電子回路押さえのため)、電子回路、E-CAN(電子回路の周囲部品)が入っています。これを書いていて気づきましたが、Oリングは前面ガラスより前に置かないといけませんね。今日はこのままです・・・ (^^;

 

 
 


計画性0で始めているので、そろそろ辻褄が合わなくなりそうです。無理やりテールキャップとベゼルとつなげれば完成なのですが・・・・。テールキャップ構造が少しおかしいです。防水Oリングが入る余裕がありません。全長を伸ばさないといけないようです。また、電子回路は昇圧回路をモデルにしているので CR123A 電池1本仕様で描くことが本来なのですが、デザイン的には2本としたいと思います。そうすると使っている電子回路は Downboy だったということに・・・ (^^;


 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »