« June 2008 | Main | August 2008 »

July 27, 2008

夏の工作 スピーカーBOX

先日秋葉原へ行ったとき、K 無線さんになんと限定品でかなり前(1年半前か)に完売した 8cm スピーカー MG850 が売っていたので思わず衝動買いしてしまいました。

 
そんな訳で、まだ夏休みではないのですが、夏休みに作るような工作でスピーカーBOX(エンクロージャー)を荒くれMODしました。

 
MG850 は、以前工作しそのまま放置状態の FE88ES-R と同じ大きさで、8cm の Box の穴には 少し大きく 10cm の Box の穴には少し小さいため、市販のエンクロージャーはそのままでは微妙に使えません。

 
このため、今回はベースに市販の 10cm 用のエンクロージャー(Fostex E102B)を使い、穴を少し小さくするための穴径変換アダプターを東急ハンズさんで板(メープルの積層板)をカットしてもらい作ってみました。

 
また、コード用のターミナルも E102B は太いコードが入らないようなチープなモノだったので、豪華な金メッキのねじ込み端子(バナナ穴付き)に交換することにしました。これも元のターミナルの穴が小さいので大きな穴にするための変換アダプターを用意しました。

 

 

写真左:今回用意した部材。 写真右:ターミナル 左:E102B 付属品 右:K 無線で 2個 1,000円のターミナル

 
アダプター板は木工用ボンドで貼り付け、その後木ネジで固定しました。本来なら接着後の固定を木ネジで行うベキですが、諸般の都合で接着乾燥後に木ネジ固定をしています (^^;

 

 

写真左:梅酒用の瓶を重しにしてアダプター板を E102B に接着しているところ。 写真右:木ネジ固定用の位置決め中

 
バスレフポートがアダプターで長くなってしまうため、そのままだと約5~10Hz Fd が下がってしまうため、Rを付けてポート長の延長を最小限に抑えることにしました。カットした板の状態で木工用ヤスリで荒削りし、接着後に100番の紙ヤスリで仕上げをしました。

 
前面のアダプター板の端面は大きなトリム加工をしたかったのですが、東急ハンズさんでは 6mm のトリムが最大だったため、板厚は 18mm ですが、ちょっとだけの R6 仕上げで我慢しました。本当はここがかなり重要なポイントで R18 が取れると音にも良い影響が有るハズですが、手作業で綺麗に出来る自信もないので R6 のままにしています。

 

 

写真左:バスレフポート穴周囲のペーペーがけ。 写真右:木ネジ前の状態

 
表面は一応汚れがこびりつくとイヤなので前面のアダプターのみクリヤーラッカーを吹いています。

 
ターミナルの配線は銀入りのハンダでスピーカーとの接続は、本当はこの銀入りハンダが良いのですが、FE88ES-R との交換なども考え、差し込み端子を使っています。ここでの接触抵抗が大きくなりそうですが、この先いろいろ出来る余裕を残しました。

 
ターミナルとスピーカーを付属の木ネジで固定して完成です。

 

写真左:ターミナル。 写真右:完成状態

 
何とか荒くれMODが完成したので、早速試聴と行きたかったのですが、接続するソース側がありません。以前の FE88ES-R の時は、しまってあるセパレートアンプをわざわざ出してきて鳴らしたのですが、今回は少々面倒なのと今後のコトを考えて、メインのオーディオシステムのパワーアンプからもう一組スピーカーをつなげるように配線を追加しました。

 
やっと、試聴です。

 
今回のスピーカー製作は、総額で5万円を超えているのですが、さすがに 8cm なので期待度はかなり低いものでした。しかし、条件によってはかなり面白いことが分かりました。

 
音出ししてみるとなかなか良いです。音の立ち上がりが早く、広がりが良く、分離が良く、定位も良く、バランスの良い音です。ただし重低音は皆無です。流石に娘は「ウオークマンの音みたいだ」と言い切りました。ちょうどヘッドホンで聞くような音なのです。

 
重低音が無いため、空気の動く感がありません。これは 8cm では不可能で無いものねだりになってしまいます。そこで、今回はこれを予想してのメインのオーディオシステムにこのスピーカーをつないでいたので、早速いつも使っている 90Hz 以下を受け持つサブウーハーを入れました。これで重低音がカバーされるので、かなり条件が改善できました。

 
改めて試聴するとまだエージングをして無いのでちょっとだけヒステリックな音が出ることがありますが、とても 8cm とは思えない音の広がりと分離の良さで、かなり驚きました。8cm のスピ-カーとしてはパーフェクトではないかと思います。また、音質は私の好きなビンテージの JBL と同質の音がします。

 
また、今回はスピーカースタンドも無くイスの上に置いての試聴のため、かなり条件が悪いです。固いスタンドを用意しそこに置くとさらにハッキリした音になりそうです。

 
最後に、未完成の FE88ES-R や、20年ほど前に作ったコーラル(現フォステクス)のアルニコ磁石の 10cm フルレンジスピーカー 4A-70 とも比較しましたが、FE88ES-R が未完成ということもあり FE88ES-R とは次元の違う音で、また 4A-70 も音は美しいのですが、音の広がりは圧倒的に MG850 の方が優れていると感じました。

 
今回の工作は大成功でした。

 
 
 
コーラル 10cm と並べて:


 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 20, 2008

iPod touch で Flashlight

iPod touch を有償バージョンアップしたところ、App Store にアクセス出来るようになりました。そこで、無償のアプリを見ていたら Flashligh が幾つか有ったので、早速インストールしてみました。

 
他に幾つかインストールしたのですが、iPod touch のメニュー画面がアイコンで一杯になりました。

 


画像:インストールしたアプリ

 


写真:2ページ目にまたがるアイコン群

 
ライトというのは、iPod touch の全画面が何も表示せずバックライトだけが光る状態になるものです。

 
・Light は画面が白くなるだけのシンプルなモノです。
・myLite は、色の変更・明るさ変更・ストロボ機能が付いています。
・Flashlight は、色は白だけですがストロボ機能が付いています。

 
これらは、真っ暗な場所では白で周囲に何が有るかが見えます。また、ストロボは救助信号のような役割になりそうです。

 
また、今回の有償バージョンアップをすると電卓に関数電卓が追加となります。バージョンアップ後、どうやったら関数電卓が表示できるか全く分からなかったのですが、横に向けると関数電卓に切り替わることが分かりました。

 

 

 
iPod touch は今回のバージョンアップで一気にエンターテイメント性能が向上したようです。元々は PDA だと思っているので、これでかなり楽しいモノになったと思います。

 
 
 
おまけ:
「上海」風のジャン牌ゲーム Moonlight Mahjong (風というようり上海そのものですね)も無償なのでインストールしました。ゲームに入る前のメッセージ表示が長いことと牌の選択がちょっとシビアなところがありますが、これもなかなか楽しいもので牌を全部取った後のエンディング画面もちょっと楽しいです。なお、この Moonlight Mahjong は、1本指で画面をなぞると牌全体の移動、二本指でなぞると回転、拡大縮小は二本指を開いたり閉じたりで行います。

 

 

写真左:スタート前、少し拡大回転させたことろ、写真右:エンディング画面


 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2008

ランの花を頂いたので先月のバラに引き続いて今回はランの写真を撮ってみました。いつも手抜きでバックに工夫がないので、今回は色つきバックです。

 
いつものようにコントラストをなるべく下げてのパステル調を狙っています。ピントの位置などに工夫の余地が残っていますが、ワンカット勝負・・・・・と言いたいのですが、ストロボの電池も切れてしまったりと段取りも悪かったので1カットしか撮影が出来なかったのが実情です。

 

 
カメラ:D70
レンズ:コンタックス 2/135
絞り:f2
フィルター:コンタックス ソフター2
シャッタースピード:1/30
ストロボ:SB-600 マニアル1/4 (天井バウンス)

 

























































 
今回の色バックは、TVでした。自宅のTVには Windows Vista をつなげているので、デフォルト壁紙をTVに映し撮影しました。時間が有ればペイントソフトで16:10のグラディエーションの入ったペイントファイルを作り、パワーポイントのスライド画面で全画面表示させるとか壁紙に設定するなどでいろいろと色バックが作れます。

 


 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 06, 2008

BitZ SSC P4 (データ編)

今週は、先週外観のみUPした BitZ SSC P4 のデータ編です。前回の MTE SSC P7 と同じ5モードで、Low、Middle、Max の明るさ3モードとストロボ、SOS の切り替えができます。

 
 
 
BitZ SSC P4 ビームショットとデータ

 
 ● 電池: Li-Ion 18650 CR123A 1本

 
 ・Low mode
 

 

写真:Low mode でのビームショットと20段階図です
 

グラフ:Low mode での3Dグラフです。

 
 
 
 
 ・Middle mode
 

 

写真:Middle mode でのビームショットと20段階図です
 

グラフ:Middle mode での3Dグラフです。

 
 
 
 
 ・Max mode
 

 

写真:Max mode でのビームショットと20段階図です
 

グラフ:Max mode での3Dグラフです。

 
 
 
 

 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ CR123A 1本

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
BitZ SSC P4 Low 362 124,789 8
Middle 1,634 534,544 36
High 4,600 1,504,520 102


ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

■ まとめ

 
Seoul SC 社の P4 を使ったライトです。Max mode ではイルミナムインデクスが 1,500,000 を超え、十分に明るいライトです。また、小型でモード切替も出来てさらに Li-Ion 電池も使えるというかなり優れたライトだと感じました。

 
ランタイムも Lighhound さんの HP のデータを見ると(大きな写真をクリックして7ページ目に出ています)かなり良くレギュレーションされていることが分かります。AW さんの Li-Ion 電池でも Max mode で 60 分近く、Mid mode では 160 分以上、CR123A であれば、その表ではそれぞれ 70 分、315 分で、これはなかなか優秀だと思いました。一時的な Boost ではなく十分に実用となる Max mode だと思います。

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »