« ARCMania Extreme Micro III (本体写真編) | Main | 久しぶりにカメラマン 1年ぶりのバラ »

May 25, 2008

Nuwai TM-325XR8

今週は、単三2本タイプの Nuwai TM-325XR8 です。ケース、アルカリ乾電池が付属しています。

 
Lumileds 製 Rebel を使用したライトで、テールキャップを締め込むことで連続点灯となりますが、テールのボタンを押すことで押している間だけの点灯となります。少し前の Surefire のテールスイッチと同じです(だだしロックアウトはしません)。

 
 
 
TM-325XR8 の外観

 

 

写真左:本体単体、写真右:パッケージ、付属品

 

 

写真左:本体と電池、テールキャップ、写真右:正面

 
 
 
 
TM-325XR8 ビームショットとデータ

 
このライトは、明るさ切り替えはありません。

 
 ● 電池: 単三 アルカリ電池 2本

 

 

写真:アルカリ電池でのビームショットと20段階図です
 

グラフ:アルカリ電池での3Dグラフです。

 
 
 
 
 ● 電池: ニッケル水素 単三型電池 2本

 

 

写真:ニッケル水素電池でのビームショットと20段階図です
 

グラフ:ニッケル水素電池での3Dグラフです。

 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・単三 アルカリ x 2本 / Ni-MH x 2本

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
Nuwai TM-325R8 Alkali 5,770 1,051,888 71
NiMH 4,490 789,680 53


ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

■ まとめ

 
今回のライトは、http://seed-jpn.com/ の SEED さんからご提供頂きました。ありがとうございました。

 
このライトは、単三電池2本の標準的なライトです。明るさ切り替えが無く、ツイストテールスイッチですが、主な用途が工事などの現場のようですので、スイッチの動作不良の心配の少ないツイストONタイプは正解だと思いました。

 

 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html

 
 
 

イルミナムのページ

|

« ARCMania Extreme Micro III (本体写真編) | Main | 久しぶりにカメラマン 1年ぶりのバラ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/41313038

Listed below are links to weblogs that reference Nuwai TM-325XR8:

« ARCMania Extreme Micro III (本体写真編) | Main | 久しぶりにカメラマン 1年ぶりのバラ »