« 新年のご挨拶 | Main | Surefire P60L (外観) »

January 06, 2008

Arcmania Extreme Micro

Arcmania さんの CR2 ライト Extreme Micro が長い潜伏期間の後やっと届きました。CR2 1個で明るさ切り替えもない小型高性能性能というライトです。

 
電子回路の仕様をリクエストしていなかったので、たぶん basic output の 350mA 仕様だと思います。(他に 440/450mA 仕様があります)

 
このライトは、CR2 3V リチウム電池 1本専用です。

 
 
 
■ Arcmania Extreme Micro

 
小型に徹したライトです。前回の壱式とは違った Orb Raw シリーズに近いデザインでツイストONのタイプのライトです。

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

extrememicro ビームショットとデータ

 
このライトは、明るさ固定です。

 
 ・ CR2 x 1

 

 

写真: ビームショットと20段階図です
 

グラフ: 3Dグラフです。

 
 

 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・ CR2 x 1

 

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
Extreme Micro 1,544 715,746 48


ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 

■ まとめ

 
Extreme Micro は、Arcmania さんの CR2 1本で使う小型ライトです。

 
壱式の後なので少し不利な印象となってしまうかも知れませんが CR2 1本タイプで明るさ切り替えの無い小型ライトとしては、夜間の事務所など室内を照らすような用途では十分な実力があると思います。

 
一方、これだけ小さくコンパクト( CR123A リチウム電池を少し太く長くした感じです)だと、ストラップが取付く方が便利なのでボディのリング状の切り込みに嵌ったり巻きつけるようなストラップ用取付具が欲しいと思いました。ストラップは長いと始末に悪いのですが、短い組み紐など付けて使ってみたいと思います。

なお、ボディの5面の面出し部分は十分に深く、指掛り兼滑り止めとしてとても具合が良いです。

 
 
2008.1.6 edit: 壱式と大きさ比較が出来る写真 ↓ を追加しました。


写真:左から CR2 CR123A Extreme Micro 壱式SS

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左のアナログ時計のブログパーツは↓で・・・
http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2007/02/post_f4bf.html
 
 
 

イルミナムのページ

|

« 新年のご挨拶 | Main | Surefire P60L (外観) »

Comments

chama’さん、こんばんは。

ストラップ用にステンレス線で出っ張り付きCリングのようなものを作ってみようと思っているのですが・・・、まだ思っているだけです (^^;

マーキングは初めからすでに薄れている部分があります。ここに白のペイントを塗り込むことも考えたのですが、面倒なのでそのままにしてあります (^^;;;

Posted by: イルミナム | January 11, 2008 at 22:04

こんにちは~!

ホントに小さいですよね!
私の持っているパワー系のライトとしては最小です!

ただEDCするのに失くしてしまいそうで怖いです。。
いいストラップの付け方など見つかりましたらご教授ください。
また使っているうちにマーキングが消えちゃいそうですよね。^^;
ちょっと心配です。

Posted by: chama’ | January 11, 2008 at 10:59

monozof さん、こんばんは。


> 回路付きとしては最小になるのでしょうか?

確かに壱式よりかなり短い Orb Raw (RCR2 x 1)
ttp://www.illuminum-led.com/item/orbraw/orbraw.html

よりさらに短いので、私の持っているパワー系の中では一番小さいです。Orb Raw Ns は持っていないのでわかりませんが、たぶんそれより短いかも、です。

明るさ/大きさ でのパフォーマンスは大きいので、本当に手から光が溢れ出る感じです。

Posted by: イルミナム | January 08, 2008 at 21:33

これは実物は写真以上に小さく感じそうですね
手の小さい私でもスッポリ包み込めてしまえそうな。
回路付きとしては最小になるのでしょうか?

しかしこれだけ究極方向に振りながらも実用性を損なわない質実剛健なモノとしての佇まいも。
この辺は精緻なモノ代表と思える壱式にも通じるヒトの為のライトとしての在り方を感じます。

こう握った手の中から光が溢れ出る様を想像してしまいました。

Posted by: monozof | January 08, 2008 at 18:02

ひまぱのぱ(p.himapa) さん、こんばんは。

写真を追加しました・・・ちょっと逆光になって Extreme Micro が見え辛い難いですが・・・ (^^;

熱の方はあまり感じません。当然それなりの発熱でだんだんと温かくなって来ますが、直ぐに熱くなってしまうほどではありません。電流値が少ないのが効いているようです。

Posted by: イルミナム | January 06, 2008 at 23:09

大きいことはいいことだ。というCMがありましたが、
小さいのも良いものですね。
発熱はいかがでしょうか。
また、壱式との比較写真を希望します。m(__)m

Posted by: ひまぱのぱ(p.himapa) | January 06, 2008 at 22:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/17596998

Listed below are links to weblogs that reference Arcmania Extreme Micro:

« 新年のご挨拶 | Main | Surefire P60L (外観) »