« Fenix P2D CE Q4 | Main | NovaTac EDC 120P »

August 26, 2007

Fenix P3D CE Q4

前回の続きで、PLJさん よりお借りしたストア2周年記念モデルの Cree XR-E Q4 ランク品の「 Fenix P3D CE WC Q4 開店2周年限定版」 です。
 
外観は 、PLJさんの anniversary limited edition の意味で、www.por-light.jp Anniversary L.E. WC Q4 ( por はpro の誤植 )と表示され、他のモデルと区別されています。

 
■ Fenix P3D CE Q4 の外観

・パッケージ・本体外観は、他の CE シリーズと同じなので、今回は省略いたします。
 ホルスターとストラップが付属しています。
 
 本体のマーキング以外には、他のバージョンとの違いは分りません。なお、このモデルはオレンジピールリフレクターです。

 

写真いずれも:左より P3D CE Q4、P2D CE Q4、L0D CE Q4

 

 
 
 
Fenix P3D CE Q4 ビームショットとデータ

 
以下のデータは、General Mode 9 lumens → 40 lumens → 90 lumens を Low mode → Mid mode → High mode 、Turbo Mode 160 lumens を Turbo mode としています。
 
 ● 電池: CR123A 電池 2本

・Low mode (公称 9 lumens です)
 

 

写真:Low mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Low mode の3Dグラフです。

 
 
・Mid mode (公称 40 lumens です)
 

 

写真左:Mid mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Mid mode の3Dグラフです。

 
 
・High mode (公称 90 lumens です)
 

 

写真左:High mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: High mode の3Dグラフです。

 
 
・Turbo mode (最も明るいモードで、公称 160 lumens です)
 

 

写真左:Turbo mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Turbo mode の3Dグラフです。

 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・CR123A x 2

 


ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
Fenix P3D CE Q4 Low (2CR123A) 537 121,243 8
MId (2CR123A) 3,701 704,416 48
High (2CR123A) 6,750 1,528,088 103
Turbo (2CR123A) 12,070 2,839,840 192


ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 
■ まとめ

 
色度ランクが WC とランクの中心の等色温度 6667K 線上に有る僅かに青みの傾向の有る色です。

 
明るさランクの高い限定モデルですが、説明書の明るさ表示は特に変更されている訳ではないようです。

P2D CE Q4 同様にかなり明るく、オレンジピール(テクスチャー)リフレクターのため、中央照度は P3D CE Q2 より少し低めですがイルミナムインデクスは十分に大きくかなり明るいライトです。
 

 
 
今回もライトを貸し出して頂きました プロライトジャパン(PLJ)さん に感謝いたします。

ありがとうございました。


 
 
 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

|

« Fenix P2D CE Q4 | Main | NovaTac EDC 120P »

Comments

monozof さん、こんにちは。かなりレスが遅れてしまいました m(_ _)m

たしかに200ルーメンに迫る明るさは大したものです。この1年で本当に大きく進歩したと感慨深くなるほどです (^^;

LED の明るさ競争が少し落ち着けば、小さいライトは小さいライトを使うシチュエーションに合った明るさ、大きいライトはとにかく明るいという普通の状態になるのだろうと思いますが、今は、小さいのにこんなに明るいという受け狙いのライトも少なくないように思えます。

でも、「小さくて明るい」は基本かもしれませんね。P3D CE Q4 はCR123A 2本で小さい訳ではありませんが、マグライトと比べれば十分小さく明るさは最高クラスなので、兎に角凄いと思います。

Posted by: イルミナム | September 02, 2007 at 17:07

こちらの画像で見るとやはりWGほどは電流による色の変化は感じられませんね。しかし、とうとうこのサイズで約200ルーメンの時代になったんですねえ。逆に近距離の扱いやすさを考えると調光機能は今後必須となって来るのかも知れません。あるいは最大照度追求から必要十分な照度による長時間運用やより扱いやすいワイド&フラットな配光にするなど今まで以上に運用法が広がる事を期待したいと思います。

Posted by: monozof | August 30, 2007 at 18:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/16243152

Listed below are links to weblogs that reference Fenix P3D CE Q4:

« Fenix P2D CE Q4 | Main | NovaTac EDC 120P »