« Surefire new L1 new E1L その2(データ編) | Main | Fenix P2D CE Q4 »

August 19, 2007

Fenix L0D CE Q4

今回から、2回に分けて PLJさん よりお借りしたストア2周年記念モデルの Cree XR-E Q4 ランク品のデータをUPいたします。今回は、「 Fenix L0D CE ナチュラル WC Q4 開店2周年限定版」 です。
 
外観は 、PLJさんの anniversary limited edition の意味て、www.por-light.jp Anniversary L.E. WC Q4 ( por はpro の誤植 )と表示され、他のモデルと区別されています。

 
■ Fenix L0D CE Q4 の外観

・パッケージ・本体外観は、他の CE シリーズと同じなので、今回は省略いたします。
 本体に取り付けるクリップが付属しています。
 
 本体のマーキング以外には、他のバージョンとの違いは分りません。(2007.8.26 追加:このモデルはオレンジピールリフレクターです。)


 

写真いずれも:左より P3D CE Q4、P2D CE Q4、L0D CE Q4

 
今回の L0D CE Q4 では、ニッケル水素電池(Ni-MH)と1.7V(公称 1.5V)リチウム電池でデータ取りしました。なお、回路は充電式のリチウムイオン電池(公称 3.6 - 3.7V )は使用できません。

 
 
 
 
Fenix L0D CE Q4 ビームショットとデータ

 
 ● 電池: ニッケル水素 (Ni-MH) 電池 1本

・Low mode (公称 7.5 lumens です)
 

 

写真:Low mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Low mode の3Dグラフです。

 
 
・Primary mode (公称 20 lumens です)
 

 

写真左:Primary mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Primary mode の3Dグラフです。

 
 
・Max mode (最も明るいモードで、公称 50 lumens です)
 

 

写真左:Max mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Max mode の3Dグラフです。

 
 
 
 
 ● 電池: リチウム電池(公称 1.5V) 1本

・Low mode (公称 7.5 lumens です)
 

 

写真:Low mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Low mode の3Dグラフです。

 
 
・Primary mode (公称 20 lumens です)
 

 

写真左:Primary mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Primary mode の3Dグラフです。

 
 
・Max mode (最も明るいモードで、公称 50 lumens です)
 

 

写真左:Max mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Max mode の3Dグラフです。

 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・Ni-MH x 1 / Lithium x 1


ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
Fenix L0D CE Q4 Low (1xNi-MH AAA) 198 93,508 6
Primary (1xNi-MH AAA) 541 289,524 19.5
Max (1xNi-MH AAA) 1,576 786,008 53
Low (1xLithium AAA) 237 109,737 7
Primary (1xLithium AAA) 647 297,051 20
Max (1xLithium AAA) 1,786 921,198 62
(参考)
Fenix L0D CE Q2 Max (1xNi-MH AAA) 1,580 760,934 51


ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 
 
■ まとめ

 
今回の Q4 バージョンは、色度ランクが WC とランクの中心の等色温度 6667K 線上に有る僅かに青みの傾向の有るモノで私の好みの色でした。

 
Ni-MH での Max 時の中央照度は Q2 より低いデータとなりましたが測定誤差の範囲です。なお、イルミナムインデクスは Q2 ランクより少し良い値となりました。

 

 
 
今回もライトを貸し出して頂きました プロライトジャパン(PLJ)さん に感謝いたします。

ありがとうございました。

次回は、「 Fenix P2D CE OP ブラック WC Q4 開店2周年限定版」「 Fenix P3D CE OP ブラックWC Q4 開店2周年限定版」をUPの予定です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

|

« Surefire new L1 new E1L その2(データ編) | Main | Fenix P2D CE Q4 »

Comments

monozof さん、こんにちは。

回路が入出力電圧にあまり敏感でなく定電流を保つ回路だと良いのでしょうが、最近の回路は、負荷が大きくなると(LED の Vf が高くなると)出力電流が下がってしまう(結果的に駆動電圧が下がってしまう)ものが多くなってきているようですね。

> 逆にP3相当だと1A以上流しても一定以上照度が上がらないのに対し、高ランクだと急上昇する傾向も見られます。
> ですのでL0D CEの場合も高ランクの照度が発揮されるまで電流が流れないと言う事は考えられるかも知れません。

Luxeon I / III の違いが「低電流で特性が良い/高電流で特性が良い」 という違いで、それを選別で分けていると言われていましたので、きっとそうなのでしょうね。


> この辺はなんだかCPUに似ているなあと最近感じています。

昔はクロックアップして上手く動かない時にカツを入れると言って電圧を上げて動かしていたことを思い出しました。同じ半導体どうしなので似たような傾向が有るのかもしれませんね。

Posted by: イルミナム | August 26, 2007 at 11:11

Creeはこのところ特性を知る間もなく矢継ぎ早にランクアップされるので、ライトに組み込むメーカーも大変そうですね。実は700mAの回路のライトでP3相当からQ2に入れ替えてみたのですがVfが下がった事により結果同じくらいの明るさになってしまいました。
逆にP3相当だと1A以上流しても一定以上照度が上がらないのに対し、高ランクだと急上昇する傾向も見られます。
ですのでL0D CEの場合も高ランクの照度が発揮されるまで電流が流れないと言う事は考えられるかも知れません。
この辺はなんだかCPUに似ているなあと最近感じています。

Posted by: monozof | August 26, 2007 at 08:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/16166364

Listed below are links to weblogs that reference Fenix L0D CE Q4:

« Surefire new L1 new E1L その2(データ編) | Main | Fenix P2D CE Q4 »