« June 2007 | Main | August 2007 »

July 29, 2007

Fenix L0D CE Q2

以前からUP予定だったのですが、だいぶ遅れてしまいました m(_ _)m

Feinx store から購入した Limited Edition で L0D CE の Cree Q2 モデルです。写真には有りませんが、クリップが付属します(電池は付属しません)。

 
通常 LED 明るさランク品(P4 ランク)と同じ単四1本のツイストヘッドタイプで、明るさ切り替えのが付いています。

 
スイッチをON/OFFすることで Primary → Low → Max → Strobe Mode → SOS Mode と変わります。

 
外観で変わっているのは、Limited Edition 表示だけです。なお、今回は、最初期の L0P と並べて写真を撮ってみました。

 
■ Fenix L0D CE Q2 の外観

・パッケージは CE シリーズ共通デザインです。
 

 

写真左:L0D CE Q2 パッケージ、 写真右:左より L0P、L0D CE Q2

 
・全長も L0P と変わっていません。ナーリング(ローレット)とテールのストラップ通し穴が一部切欠きになった程度です。なお、リフレクターは別モノです。
 

 

写真いずれも:左より L0P、L0D CE Q2

 
・写真では見えませんが、Cree モデル(L0D CE)の場合、リフレクターの深さを長くすることで上手く集光させています。
 

写真いずれも:左より L0P、L0D CE Q2


 
 
 
 
Fenix L0D CE Q2 ビームショットとデータ(電池は Ni-MH 電池1本)。

・Low mode (公称 7.5 lumens です)
 

 

写真:Low mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Low mode の3Dグラフです。

 
 
・Primary mode (公称 20 lumens です)
 

 

写真左:Primary mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Primary mode の3Dグラフです。

 
 
・Max mode (最も明るいモードで、公称 50 lumens です)
 

 

写真左:Max mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Max mode の3Dグラフです。

 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・Ni-MH x 1

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
Fenix L0D CE Q2 Low (Ni-MH) 189 76,556 5
Primary (Ni-MH) 529 27,7372 19
Max (Ni-MH) 1,580 760,934 51
参考
Fenix L0D CE P4 Max (Ni-MH) 1,313 787,742 53
Fenix L0P SE Ti
Luxeon I S bin
Max (Ni-MH) 727 342,292 23
Fenix L0P SE Max (Ni-MH) 556 267,772 18
Fenix L0P (Ni-MH) 563 265,925 18


ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 

■ まとめ


今回の Q2 バージョンの中央照度は Q2 以下のバージョンより確かに明るくなっていますが一部のイルミナムインデクスの数値が低い場合もありました。LED のロットによる明るさバラ付きによるものと思われます。

 
しかし、今や単四1本のライトの明るさが高価な 3V リチウム電池を使う ARC LSL (LSH) を完全に超えてしまっています。4年の LED の進歩の凄さを改めて感じました。

 
Fenix のライトは品質が安定しているので安心して使うことができます。しかし、UltraFire など他社中国製品の買い易いお値段ではありません。私のイメージに偏見があるのかもしれませんが、同じような値段なら米国製の ARC AAA と L0D CE では L0D CE の方が格段に性能が良いのに、L0D CE が割高に感じてしまいます。

 
そう思うのは、きっと中国製の安価な製品でもそこそこ満足できるため、中国製は安いモノという強い刷り込みがあるための偏見なのでしょう。

 
そもそも Fenix は発売当時(2年ほど前)他の Luxeon ライトより安く明るいという価格破壊的な位置づけで現れたブランドなので、私にはそのイメージがまだ残っていることも現在は安価な路線に乗っていない Fenix に割高感を思うのかもしれません。

 
現在はおそらくブランド価値を高めたいと思っている Fenix に対して次々に安くて高機能(マルチファンクション)・高性能(明るい)を競う中国他社メーカーが台頭して来ているので、限定品路線で乗り切るような戦略にも見えますが、実際はどのようなものなのでしょうか・・・。何となくですが、良質 LED を保証するしか差が無いように感じてしまいます。

 
ライト本体の品質感(こんな言葉が有るかは不明ですが・・・)いわゆるタッチの良さをもっと研究する必要があるように感じます。ネジ部分に下地処理がしてあるとか、表面が硬そうで光沢感があるとか、スイッチ付き品であればボタンを押し込んだ時点で光るとか、もろもろのフィーリング/タッチの改善をさらに進めて高級感を醸し出す仕上げを施してそこにブランドが伴えば高い価格が通るのかもしれません。もしかしたら外観の高級感を高めた Fenix ブランドではない上位ブランドを新しく作る必要があるのかもしれませんね(月並みに言えば Platinum Fenix みないなブランド感でしょうか )。そろそろそんな時期になっているのでは、と感じました。

 
Fenix は、今回のような限定品で良いランクの LED を使用していることを明確にするなど新しい試み(明るさ切り替え、CR123 仕様品へのラインナップ拡大、限定品各種など)をいち早く行ったりと LED ライトの世界をどんどんと広げてくれるメーカーだと思うのでさらに次の新しい提案をしてくれることを期待しています。

 
 
上記のデータは各方面の方々からお借りして測定させて頂いたものを再掲載いたしましたm(_ _)m

 
 
 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2007

UltraFire WF-606A 3W Cree Flashlight

比較的安価に入手出来て単三電池2本もしくは CR2 で使える UltraFire WF-606A を購入しました。テールにスイッチの有るタイプで MiniMag Mod よりお手軽に使えそうです。

明るさ調節はありませんが、ボディの一部がエクステンションとなっているので、その部分を抜くと Surefire e1e のようなコンパクトサイズになります。

■ UltraFire WF-606A

 
ミニマグAAよりは少し大きいです。

 

写真左: Mini Mag AA との比較、写真右 :WF-606A

 
CR2使用の場合は、かなりコンパクトになります。また、LED は Cree XR-E です。

 

写真左: CR2 仕様 です、写真右 :LED の Cree XR-E

 


 
 
 
 
UltraFire WF-606A ビームショットとデータ。

・Ni-MH 電池2本

 

 

写真:Ni-MH 電池でのビームショットと20段階図です
 

グラフ: Ni-MH 電池での3Dグラフです。

 
 
・CR2 電池1本

 

 

写真左:CR2 電池でのビームショットと20段階図です
 

グラフ: CR2 電池での3Dグラフです。


 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
UltraFire WF-606A 2Ni-MH 7,120 1,030,864 70
1CR2 5,230 634,512 43


ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 

■ まとめ


少々スポットのキツイ方なので中央照度が高くなっています。しかし CR2 ではニッケル水素電池より暗くなるのでサイズに制約が無い場合は、ニッケル水素電池で使いたいと思います。

 
海外通販では安価に入手出来ので、ミニマグを改造するよりお手軽に単三2本の明るいライトが手に入ります。

 
 
 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 15, 2007

JETBeam Micro

このライトは、単四1本のツイストヘッドタイプで、明るさ切り替えの付いている SSC P4 使用の Micro (μ) です。

使い方は、C-LE と同じでモード記憶するところも同じですが、スイッチをON/OFFすることで 33% → 12% → 100% → Flash → Standby と変わります。このスタンバイは、数秒に1回フラッシュするロケータモードです。

 
また、使用電池はかなり幅広く、Li-Ion(10440)も使えます。

 
 
 
 
 
JETBeam Micro ビームショットとデータ(電池は Ni-MH 電池1本)。

・Low mode (正しくは 12% mode 最も暗いモードで、公称 8 lumens です)
 

 

写真:Low mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Low mode の3Dグラフです。

 
 
・Middle mode (正しくは 33% mode 公称 12 lumens です)
 

 

写真左:Middle mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Middle mode の3Dグラフです。

 
 
・High mode (正しくは 100% mode 最も明るいモードで、公称 30 lumens です)
 

 

写真左:High mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: High mode の3Dグラフです。

 
 
 
 
JETBeam Micro ビームショットとデータ(電池は Li-Ion 10440 電池1本)。

・Low mode (正しくは 12% mode 最も暗いモードで、公称 15 lumens です)
 

 

写真:Low mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Low mode の3Dグラフです。

 
 
・Middle mode (正しくは 33% mode 公称 40 lumens です)
 

 

写真左:Middle mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Middle mode の3Dグラフです。

 
 
・High mode (正しくは 100% mode 最も明るいモードで、公称 120 lumens です)
 

 

写真左:High mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: High mode の3Dグラフです。

 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・Ni-MH x 1 / Li-Ion (10440) x 1








ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
JETBeam micro Low (Ni-MH) 62 69,260 5
Middle (Ni-MH) 171 259,856 18
High (Ni-MH) 417 632,550+ 43
Low (Li-Ion) 126 178,275 12
Middle (Li-Ion) 456 737,645+ 50
High (Li-Ion) 1,152 1,223,848+ 83


ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。イルミナムインデクスの+表示は、データ取得範囲より広くビームが広がっているので、実数値はこれ以上になるという意味です。

 
 
 

■ まとめ


外観の質感はかなり良く、ワイドな配光でなかなかユニークなライトです。ホットスポットが無く中央照度は上がりません。このため、屋外での使用よりは室内など周囲にモノが多いところで使いやすいと思いました。

 
なお、ヘッド部分はかなり熱くなります。特に Li-Ion の High mode では温度上昇のためか、明るさもどんどん下がることもあり常用は出来ない感覚でした。

 
外観は、先週のブログをご参照ください。
 
 
 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

JETBeam C-LE

何かといろいろ言われることのある Emilion's workBench さんで JETBeam を2種類購入しました。

今回は、単三1本のツイストヘッドタイプで、明るさ切り替えの付いている Cree XR-E 使用の C-LE です。

JETBeam の使い方は、モード記憶するということをひまぱのぱさんから教わりました。Fenix D シリーズに似ていますが、最初に点灯するのが前回確定したモードからの点灯となりますが、その後、スイッチをON/OFFすることで Bright → Low → High → Blink (10Hz) → SOS と変わります。

 
 
 
 
JETBeam C-LE ビームショットとデータ(電池は Ni-MH 電池1本)。

・Low mode (正しくは Low bright mode 最も暗いモードで、公称 20 lumens です)
 

 

写真:Low mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: Low mode の3Dグラフです。

 
 
・bright mode (公称 40 lumens です)
 

 

写真左:bright mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: bright mode の3Dグラフです。

 
 
・High mode (正しくは High bright mode 最も明るいモードで、公称 80 lumens です)
 

 

写真左:High mode のビームショットと20段階図です
 

グラフ: High mode の3Dグラフです。

 
 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・Ni-MH x 1





ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
JETBeam C-LE Low 254 53,525 4
Bright 945 252,997 17
High 2,837 733,724 50


ご注意:簡易ルーメン換算値はあくまでも推定値です。特に今回のデータは測定条件がリファレンスと異なるため、誤差が大きくなっています。このため、メーカー公称値とは直接比較はできません。

 
 
 

■ まとめ


JETBeam C-LE は、明るさモードの記憶をする機能が有り、慣れると自分のいつも使う明るさモードで点灯するので、具合が良いです。

Ni-MH の単三電池1本で、High mode では ARC LSL より明るく、今回も時代の進歩を実感する結果となりました。

 
外観は、先週のブログをご参照ください。

 
 
 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2007

JETBeam 来る

今週はネタ切れでどうしようと思っていたところ、今日運良く Jetbeam が届いたので早速届いたブツの写真を撮った。

もっとも、今日はブツ撮りだけでデータはまだ取れていません。

JETBeam マイクロは ひまぱのぱさんのブログ にマイクロの記事が出ていたのに刺激されて注文してしまったのです(^^;

マイクロ(μ)の他に少し安かったので JET C-LE (Ver 1.2) も一緒に購入した。という訳で、今週は、これら2本の写真をUPします。

 
マイクロのパッケージには驚いてしまいました。価格が高いハズです。

写真: 左 マイクロ、右 :C-LE

 

 

写真左: マイクロ、写真右: C-LE

 


写真いずれも:左 マイクロ、右 :C-LE

 
マイクロは、SSC P4 でした。C-LE は Cree XR-E です。

 
データは、しばらくお待ちください m(_ _)m

 
 
 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 01, 2007

キャンプ用のコンロが出てきた!!

前々回の takebeat さんのコメントで、スベア123というコンロ(ストーブ)の名前が出てきたことで思い出したキャンプ用品を実家の納屋から出してきました。


ガソリンコンロ(ガソリンストーブ)と灯油のコンロ(ストーブ)です。

正確な購入の年数の記憶は定かではありませんが、およそ28年前の代物です。ガソリンストーブの方はごくまれに出して使っていたのですが、もう10年いや15年は使っていないと思います。

 
箱が2つです。段ボールの箱はの中からはオレンジの丸缶が出てきました。

 

 

 
アルミの四角い缶の上には PEAK1 と書いてあります。確かこのアルミケースは別売りだったように覚えています。PEAK1 のバーナー部分はかなりの赤錆びでボロボロです。

 
オレンジの缶には「改良型ホエーブス」と書いてあるシールが貼ってあります。

 

 

 
アルミ缶の中はハンドルが入っていました。中身は確かにコールマンのピーク1です。このピーク1は3つ足のモノではありません。足を畳むタイプは確かGIとか何とか言っていたような気がしますが、記憶は定かではありません (^^;

 
オレンジの丸缶の中身は、ホエーブス625です。当時灯油で使っていました。ガソリンで使えるノズルが付属しています(下の写真、本体左横のビニール袋に入っています)。当時はなぜか灯油で使うという先入観で、ガソリンはコールマン、灯油はホエーブスと覚えているのですが、この記憶もちょっと怪しいです。

 
今、ネットで見ると625はガソリンで、灯油のノズルも付いていたという記事が多いようですが、どうだったかのかはもうほとんど記憶が無いので不明です。なお、タンクに残っているのは確かに灯油で、手に付けると揮発せずヌルヌルするので(ガソリンはアルコールと同じで手に付くとスースーします)当時灯油で使っていたことは間違い無いと思います。

 

 

 
ホエーブスの本体シールは剥がれて缶の中に落ちていました。また、無いと思っていたメタ(固形アルコール)も缶の中に欠片が落ちていました。アルミ色の風防を開けてノズルの根元にメタを置いて点火し余熱(プレヒート)によりタンク内の圧力を上げてバーナーから気化したガスが出てくる仕組みです。

 
ガソリンは気化し易く発火点が低いので、プレヒートは不要でポンプを何回も押して内圧を上げればすぐに点火できます。なお、ホエーブスをガソリンで使う時もメタが必要なのかは覚えていません(ガソリンで使ったことがありません)。

 
いずれも点火すればコールマンはバーナー上のパイプに熱が加わるので、全体の熱とともにタンク内圧が上がりポンプレバー操作は必要無いのですが、やはり火力が落ちることがあるので、その時はポンプをスポスポと操作します。

 
今回、ホエーブスはポンプが働かないことが分りました。分解して点検すると、ポンプ先端のノズルにロウのような固形の付着物で詰まりエアが入らないことが分りました。爪楊枝で突っついて貫通することで正常な動作をするようになりました。

 

 

 
最近のコールマンは操作レバーが一つになっているそうですが、これは古いのでレバーは2か所にあります。いずれも、ポンプしてノズルを緩めるとタンクに残っていた燃料がシューと音と立てて出てきたり、灯油はピューと噴き出すのでおそらく2台とも火は付きそうです。しかし、安全策が何もないのと燃料が無いので点火はまた今度です。

 
30年近く経っても圧がちゃんとバーナー側へ回るので、燃料モレで火だるまにならない限り破裂するようなことは無さそうです。

 
若いころは、高性能主義でなんでもスペックが高いモノを無条件で好んだのですが、ホエーブスも小型の725の方が今なら面白いと思うのですが、大型の625を選んだのは若気の至りだったような気がします。

 
もっとも私がキャンプに行っていたは2~3年で、コールマンの2バーナーまで買ったのですが、その後は自分が典型的なインドア派であることに気づき、現在に至っております。

 
ところで、98k さんはきっとこの手の知識は豊富なんだろうなぁ・・・、


 
 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »