« 久しぶりにカメラマン | Main | 荒くれランヤード »

May 11, 2007

久しぶりにカメラマン バラの続き

先日UPしたバラの続きです。

今回は、少し開いたバラと背景に色物の服やクッションを置いたりして色を出してみました。

私が普段あまり撮らないコントラストのキツ目の上がりで、パっと見の印象は良さそうですが、長く見ていると飽きる可能性が大きい絵作りです。

今回はノートリ、ノーレタッチです。しかし、同じようなアングルでは飽きますね、真上から撮るとか裏から撮るとかの工夫がいるのでしょうが、力尽きています orz

 
 


 


 


 

 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

|

« 久しぶりにカメラマン | Main | 荒くれランヤード »

Comments

takebeat さん、こんにちは。

なるほど。撮像素子が小さく素子数が増えたために良
いレンズでも素子ピッチまでの解像力が生かせないが
出てくるのですね。

レンズの絞りは画像処理用の小型のCマウントレンズ
などはf8以上に絞ると多分フレアが原因でコントラ
スト差の大きい部分(明暗の境界部分)がすこしにじ
みエッジが甘くなってきます(デジタル一眼のレンズ
などと比べ安いレンズなのでしょうがないですね)。
40万画素のCCDでもその甘さが分ったりしますので
撮像素子は侮れませんね・・・というかレンズが悪す
ぎるのか・・・(^^;


話は変わって、宝くじが当たったら、ライカのM8が
欲しいです。これの撮像素子サイズは 18×27mm で
すね。今後の撮像素子はデジタル一眼専用レンズが普
及して来ているのでこれ以上のサイズは出ない方向に
なるのでしょう。こうなるとレンズ性能が一層求めら
れることになりますね。


さらに余談ですが、撮像素子の色空間(色再現)はコ
ダクローム(これが大好きです)と比べて広くなって
いるのでしょうか。・・・コダクロームの販売は終了
してしまいましたね。(現像も今年一杯で終わり)

どうせ、モニターの再現範囲や4色印刷の色再現範囲
を超えているのでフィルムは直接見れます(太陽光に
透かして見る感じでしょうか)が、デジタルデータは
再現出来ていても見ることが出来ないので現時点では
意味はないのですが(将来色再現の良いモニターが出
てくると見える可能性があるかも)・・実はかなり気
になっています(^^;

Posted by: イルミナム | May 19, 2007 at 11:51

デジカメの場合フィルムと違って画素が規則正しく並んでいるところが味噌です。

CCDの構造にもよるのですが、CCD(CMOS)の画素ピッチが細かくなりすぎてレンズによってはCCDが必要とする解像度を提供できない物が増えてきました、

また開放付近では良くても絞ることにより解像力が落ちるので絞れないこともあります。

現在の解像力の限界はCCDの画素数ではなく、意外にもレンズの解像度が写真トータルの解像力のボトルネックになっているというのがおもしろいですね。

Posted by: takebeat | May 19, 2007 at 02:06

ひまぱのぱ さん、こんばんは。

このところ花の写真を撮るチャンスが無かったので、室内で簡単に撮れるということもありちょっと頑張ってみました。

しかし、なかなか撮影感覚が戻って来ません (^^;

Posted by: イルミナム | May 13, 2007 at 00:29

こんにちは。
イルミナムさんの絵作りは、しっとりとしていてプロ好みという印象(ネガで言うなら160NS)をいつも受けるのですが、今回はおっしゃるように鮮やかですね。

背景は、1枚目は自然な感じ、3枚目は同系色でとても印象的、2枚目はちょっと花に透明感があって、一番印象的でした。

同じ被写体でも、レンズ焦点距離、ライティング、背景、アングル、切取り方、などによってまったく印象が違ってくるので、楽しくもあり、難しくもありですね。

Posted by: ひまぱのぱ(p.himapa) | May 12, 2007 at 11:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/15036462

Listed below are links to weblogs that reference 久しぶりにカメラマン バラの続き:

« 久しぶりにカメラマン | Main | 荒くれランヤード »