« 電源回路基板 Assy をケースに組み込む の巻 | Main | 久しぶりにカメラマン バラの続き »

May 09, 2007

久しぶりにカメラマン

ブログ仲間の皆さんが綺麗な写真を撮っていらっしゃるのに刺激され、先ほど家で花の写真を撮ってしまいました(^^;

出張から帰ってきたら妻が知人から頂いたというバラの花がジャムの瓶に活けてありました。せっかく美しいうちなので、ビールを飲んだ勢いも借りてパチパチと撮影してみました。

しかし、写真の上がりはというと・・・う~ん・・・という感じなので、朱を注してみました。

画像ソフトは便利になりましたね。夢が膨らむのか、興ざめなのか・・・?

 
 
オリジナル----

 


朱を注しました----葉っぱの色が枯れてしまいました (^^;

 


 

 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

|

« 電源回路基板 Assy をケースに組み込む の巻 | Main | 久しぶりにカメラマン バラの続き »

Comments

takebeat さん、こんばんは。

私は自称ロマンチストなので、見た目が綺麗な方を採用しています (^^;

このバラの撮影はニコンD70にプラナー2/135を自作マウントアダプター(中間リングになってしまうので、近距離専用です)での撮影なのですが、ツァイスレンズは全て現実より色がこってり出る傾向があるので大好きです(ニコンレンズに比べて特にシャドー部の発色の良さと赤が鮮やかに感じます)。

しかし、CCDの色再現が撮影条件によってはまだフィルムと比べると落ち、ツァイスのレンズの発色を再現出来ていないような気がするので、その辺で新しいボディも将来は考えたいのですが・・・・、先立つものが不足なので、現在はタブーです orz

Posted by: イルミナム | May 11, 2007 at 23:40

アナログでもデジタルでも撮ったままが綺麗なことはあっても、現実に忠実に撮れていることは希なので現実に忠実にするためにレタッチは必須ですね、

特に最近のデジカメは撮ったままのオリジナルは見た目綺麗優先で現実は無視、みたいな感じですし、

アナログ時代(つまりフィルム時代)はDPEのプロの方が見た目綺麗にも現実に忠実にも自由自在にやってくれましたけど、デジタルになってからは自分でやってます。

Posted by: takebeat | May 11, 2007 at 11:17

98k さん、こんばんは。

花が美しいうちにもう少し撮影にチャレンジしてしまいました。次ぎの機会にUPしたいと思いますのでまた見に来てくださいね。

私の場合は、ニコンD70はマニュアルで使い(レンズが古いため)、ストロボまで(純正のかなり高性能モデルなのですが)完全マニュアル操作・・・今回は出力1/8の調光なしの発光です(レンズが古いと自動操作全く使えない)。そんな訳で、気分はマニュアルカメラでの白黒写真、覆い焼き現像のつもりでのレタッチ作業をしています (^^;

Posted by: イルミナム | May 11, 2007 at 01:31

ニャん丸 さん、こんばんは。

レタッチソフトは本当に便利ですよね。自分の表現に近くなるためにはコラージュをやってまでも絵を作りたい(感性を伝える表現をしたい)との気力だけはあるのですが、実際にそれで良いものを作り上げる実力が伴いません (^^;

 
 
ひまぱのぱ さん、こんばんは。

私は自分の心の感動を上手く切り取りそれを通じて見ていただく方々と同じ感動が共有出来るような写真(絵作り)を目指しています。そのためには実物再現より少々の誇張が入っても良いと思っています ・・・ひまぱのぱ さんの仰る「イメージ色重視」です (^^;

今は、色も形も否日常といった切り口での表現を求めているのですが・・・・、全く実行が伴いません (^^;

ささやかな試みとして生っぽくならないように、ボケを大きく、露出もオーバー気味、などで絵を作ろうそしているのですが、色が上手く表現できなかったり(見た時の感動を色の部分で再現できない)、形や光の美しさとそれを際立たせる影の使い方などがなかなか満足いきません。

今回はバウンスストロボ撮影なので光が回って影が出にくく比較的ベタになっていますのでソフトフィルターを入れていませんが、逆光などではフィルターでのソフト化で絵作りをしています(レタッチでのソフト化はどうしても不自然になって感動から遠ざかってしまいます)。

花の写真はライフワークなのですが、この10年は年に1~2回ほどしか撮っていないので、もっと撮影して自分が満足できる写真をコツコツと集めたいと思っています。

しかし、写真って奥が深いですね。何とか皆さんの写真を拝見したり自分の表現を見ていただきご意見を頂いたりして切磋琢磨したいです。

これからも宜しくお願いいたします。

Posted by: イルミナム | May 11, 2007 at 01:20

きれいなバラをきれいに撮れる。
さらに、自分の意図したとおりに編集できる。

モノクロの現像引伸ばしまでで、
時間が止まってしまってる(やる気のない!)
わたくしにとっては、とても凄いことだと思います。

パワーショットのG7、いまだにAUTOばっかりです。ううっ

Posted by: 98k | May 11, 2007 at 00:59

こんばんは。
おっしゃっていらしたバラですね。
グラデーションがとても綺麗です。(^^)

私はオリジナルのほうが好きですが、実際の色重視かイメージ色重視かによってもレタッチは変わってきますね。
私は、実物に近づけたいほうですので、デジタルの場合、記憶を頼りに、オリジナルで良いのか、補正したほうが良いのか迷うことがあります。
時には、現物とにらめっこして色補正したり。
ポジから取り込んだ場合は、ポジを見ながら忠実になるように補正するので、そのほうが楽だったり。
でも、なかなかポジのような再現ができなくて難しかったり・・・。

Posted by: ひまぱのぱ(p.himapa) | May 10, 2007 at 23:59

イルミナムさん、おはようございます♪

画像(レタッチ)ソフトは本当に便利になりましたが、撮影した写真の修整などをやっていると、気が付けば「やり過ぎ」に(笑
一人で作業しているとアレも、コレもと色々手を入れてしまうのですが、最終的には「オリジナルのままでいいや」ということもよくあります。
そうか!これが、イルミナムさんのおっしゃってる「夢」と「興ざめ」なのですね!!(汗

Posted by: ニャん丸 | May 10, 2007 at 07:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/15016447

Listed below are links to weblogs that reference 久しぶりにカメラマン:

« 電源回路基板 Assy をケースに組み込む の巻 | Main | 久しぶりにカメラマン バラの続き »