« Pelican M6 mod w/SSC P4(U) + Wizard2 700mA | Main | 120 ルーメン標準ライトを使ったイルミナムインデクスとルーメンの関係 »

May 20, 2007

MaxLite AA Second の 荒くれMOD で MaxLite AA 改

カナダのお店で MaxLite AA Second 品がセールとなっていたので、財政緊縮中にもかかわらずポチしてしまいました。Luxeon 時代では最高レベルの単三1本モデルでしたが、Cree チップが出てきてからは LED が色あせた感じとなってしまいました。

しかし、このライトのボディスタイルは結構好きなのと、MaxLite AA と MaxLite II の2本を持っていて構造も分っているため、この Second 品を SSC 仕様に荒くれMODすることにしました。

いろいろい試してみると LongBow のモジュールを加工して無理やりネジ込むことで何とか使えそうだったので、久しぶりに旋盤加工MODになりました。


■ 荒くれMOD の手順

TnC さんのリングネジ外しジグで前面の固定リングを外すと前面レンズ、Oリング、リフレクターと外れます。
 

すると内部のモジュールが見えるので、そこに有る2つの穴にラジオペンチを使って強く回すと電子回路の入ったモジュールが外れます。
 

強気であればこのユニットの LED と コンバータを外し組立し直すのですが、もったいないオバケに取り憑かれているため、この Luxeon I S ランクと MJ コンバータはそのまま触らず、LongBow 用のモジュールを使って新規にモジュールを作ります。
 

LongBow 用のモジュールは電池接点基板の位置を 2.5 ~ 2.7mm ほど削ります。このモジュールはオリジナルのようにはネジ込めませんがネジが合わないものの結構しっかり喰いつきますのでそのまま使ってしまいます。なんと言っても荒くれMODです。
 

リフレクターは、McR-27 の LED 側を 1.2mm 削って SSC P4 に合うようにしました。しかし、リフレクター前面は削っていないので少し長く前面の固定リングネジが浅くなってしまいました(^^;
 
 
 

 

写真左: 分解した様子:手前の左側のリフレクターとモジュールがオリジナル、右側が加工したリフレクターと LongBow 用モジュールです。 写真右:モジュールの比較
 

モジュールには SSC P4 明るさ U ランクの LED と電子回路に DownBoy 500 、電池は 14500 Li-Ion のプラス端子にマグネットを付けて高さを合わせた状態で使用します。
 

Hi/Lo 切り替えがあるので+端子にクッション性があるといけないため磁石を使わない場合は、銅棒を切ってモジュール+端子部分にハンダ付けすると良いと思います。今回は、寸法出しが面倒だったので、とりあえずマグネットで代用しました。
 

 

写真左: LongBow モジュールを無理やりネジ込んだ様子。 写真右:Li-Ion にネオジウム磁石を付けた様子
 

 

写真左: 前面から見た様子。 写真右:点灯状態。前面のリングが十分に入っていません(^^;
 

いろいろ使ってみると、キャンドルモードで使いたいケースも間々あるので、Aleph の Trim Tailcap-Natural を使って Hi/Lo 切り替えを残しながら直立できるようになりました。(ここのでの Lo 側抵抗値は 15 オームです)

写真左: 左 TnC 27mm Head + 単三ボディ、右 今回の MaxLite AA Trim Tailcap 付き、右端 オリジナルの Hi/Lo 切り替えテールキャップ。

 
 
 
MaxLite AA mod w/SSC P4 (U) DB500 のビームショットとデータ(電池は 14500 Li-Ion 1本)。

・ビームショット High mode
 

 

写真:ビームショットと20段階図です

 

グラフ: 3Dグラフです。

 
 
・ビームショット Low mode
 

 

写真:ビームショットと20段階図です

 

グラフ: 3Dグラフです。

 
 
 
 ●データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス

・14500 Li-Ion

ライト名 中央照度
lx/50cm
イルミナム
インデクス
簡易ルーメン
換算
MaxLite AA mod High 9,940 995,504 67
Low 1,764 178,258 12

 
 
 
 

■ まとめ

今回は、MaxLite 復活計画のような様子になってしまいました。
 

駆動電流は少し控えめの 500mA を選びました。今回は明るさの追求はせずにライトの大きさと明るさ感が比較的合うのではないかと考えて 500mA を選んでみました。また、今回はカトキチさんとの LED 交換で送って頂いた低 Vf 品の SSC を使いましたので使用中に Li-Ion の電圧が下がってもダイレクトドライブになり難いのとダイレクトドライブモードになってもそこそこ光ると考え、昇降圧回路ではなくストックの合った降圧回路の DownBoy としました。
 

本来の MaxLite AA は入手性の良い単三電池で最高の明るさを狙うという主旨のライトでしたが、制作者さんのポリシーを完全に無視した荒くれMODとなってしまいました。しかし、自分で使う分には十分に明るくデザインも好みなので、今回も大満足の大成功でした。

 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

|

« Pelican M6 mod w/SSC P4(U) + Wizard2 700mA | Main | 120 ルーメン標準ライトを使ったイルミナムインデクスとルーメンの関係 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/15136799

Listed below are links to weblogs that reference MaxLite AA Second の 荒くれMOD で MaxLite AA 改:

« Pelican M6 mod w/SSC P4(U) + Wizard2 700mA | Main | 120 ルーメン標準ライトを使ったイルミナムインデクスとルーメンの関係 »