« UltraFire C2 CREE / Eastward YJ SSC Power -- 大陸系ライト 来襲!! | Main | ARC LSH mod4 + TAP-2AA 三度目の荒くれMOD データ編 »

April 08, 2007

ARC LSH mod4 + TAP-2AA 三度目の荒くれMOD

主に自転車で使ってい ARC LSH mod3 は mod2 のコリメータを McR-18 に交換したもの(まだレビューしてない・・・)ですが、最近はちょっと明るさが劣る気がしていました。そこでしばらくの間、自転車では Surefire 6P に SSC P4 を入れた荒くれMODモデル(もしかしたらこれもレビューし忘れています・・・)を使っていましたが、まだ新品状態の 6P を自転車で使い続けるのはもったいない気がするので、ARC LSH mod3 を mod4 へとバージョンアップを試みました。

 
今までの LED は Luxeon III TV0K + McR-18 でしたが、これを SSC P4 + MaR-18J に交換しました。なお、下の写真の基板に付いた赤いマークはアノード(LED+)位置を忘れないように自分で付けたものです。

 

 

写真左:分解した様子と SSC P4 。 写真右:Luxeon III TV0K を剥がした基板と SSC P4 明るさ U ランクのエミッタ

 
 
ARC オリジナルのアルミ基板のエミッタスラグの触れるスペースは SSC P4 のスラグとほぼ同じ大きさなので密着の余裕がなく、ポンチで丸く抜いた熱伝導シートをアルミ板に貼って絶縁を間違いないものとするとともに、さらにその上にセラミックグリスを付けて LED を強く押し付けて組み立てました。あえて熱伝導上では不利になりそうなグリスを塗布した理由は、スラグが少し大きめなので万一熱伝導シートに完全に密着せず空気層が残っていた場合にダメージが出ることを防ぐためです。この作業は、銅丸板(エミッタのスラグより僅かに小さい)の両側を熱伝導シートで付けたもので取付けることも考えたのですが、今回は LED の高さが上がることを避けるためにこの方法にしました。

 
リフレクターは、従来の McR-18 では幾分マッチングが悪いので、McR-18J と交換しました。下の写真でも分るようにほんの僅かですが集光が改善されるようです。

 

 

写真左:McR-18 と SSC P4 の組合せでの蛍光体の反射。 写真右:同 McR-18J


 

写真左:McR-18(左)、McR-18J(中央)、LSH 基板。 写真右:組立後の様子

 
 

写真:点灯した様子

 
 
今日はまだデータ、ビームショットが取れていません(^^; しかし、視覚的には十分に明るく、光はたっぷり出て今回の荒くれMODは大成功でした。次回はビームショット他のデータをお知らせしたいと思います。


 
 
 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

|

« UltraFire C2 CREE / Eastward YJ SSC Power -- 大陸系ライト 来襲!! | Main | ARC LSH mod4 + TAP-2AA 三度目の荒くれMOD データ編 »

Comments

takebeat さん、こんばんは。

写真拝見しました。勝手ながら2つのお写真を解析させて頂きましたところ、写真画面内のオーバーオールで WF-601A SSC P4 vs WF-601A normal は、SSC が 1.51 倍明るい状態でした。中央のデータがサチっていますので実際はこれ以上の差が出るのでしょうし、中央照度はきっとそれ以上違うでしょうね。

本当に SSC P4 はお手軽に従来のライトがパワーアップしますね (^^)

Posted by: イルミナム | April 13, 2007 at 22:49

私のブログにSSC P4に載せ替えて撮った比較画像を掲載しました、
よろしければご覧ください。

どのライトも比較のために同じ条件で撮っているのですが、UltraFire WF-601Aはスポットがきついので中央部が白飛びしてます(^_^;)
周辺光で明るさの違いが分かるともうのですが、軟弱なDCコンバーターでもLEDの効率がいいとここまで明るくなって嬉しい限りです。

Posted by: takebeat | April 12, 2007 at 23:56

takebeat さん、こんばんは。

UltraFire WF-601A はミニマグAAみたいなライトですね。元がスターの場合は、SSC もスターを使うと交換が簡単そうですね。

私の持っている SSC は全てエミッタなのでスターベースのライトに使う場合は絶縁対策も含めて三手間くらい余分な作業があります(^^;

Posted by: イルミナム | April 12, 2007 at 23:08

私のところにもちょうどSSC P4のUランクが届いたのでUltraFire WF-601AとLEDを交換してみました、
どっちもスター基板なので載せ替えはあっという間でした。

このライト、ヘッドの枠にOリングが乗っかってその上にリフの縁が乗っかるというサンドイッチ構造のためヘッドのキャップ部分をきつく締めるとリフがLED側に押さえつけられてまるであつらえた様にぴったりと収まりきっちり焦点が出ました。


う~ん、確かにこんなに簡単にLuxeonから載せ替え出来るなら言うこと無しですね、
後は熱の問題だけですかね?

Posted by: takebeat | April 12, 2007 at 01:21

etalight さん、こんばんは。

サーマルマネージメントは本当に重要ですね。最近は、アルミではなく銅のヒートシンクを使いたいと思っています。

昔、Fire~Fly のダグさんが、ベースをアルミにすると電流の大きいモジュールには使えないといったようなことをアナウンスしていましたが、アルミも純アルミでないと熱伝導が少し悪いようなのでやはり銅のヒートシンクが良さそうです。銀ならさらに良いのでしょうが・・・(^^;

Posted by: イルミナム | April 11, 2007 at 22:02

SSCはLuxeonとの互換性が高く本当に使いやすいですね。
一方でLuxeonレベルの温度管理では本来の能力を100%発揮させるのが難しい、と言う事に気づき今少し悩んでいます。
Creeが光学的じゃじゃ馬だとすると、SSCは温度的じゃじゃ馬でしょうか。
とりあえずSSCにうってつけの強力な放熱性能を持つライトを物色中だったりします。冷えすぎちゃって困るの~ってな感じの(ふ・・古い)。

Posted by: etalight | April 11, 2007 at 11:02

takebeat さん、こんばんは。

SSC P4 が好きな訳ではないのです(^^;
明るさや色ムラの無さなど Cree XR-E の方が好きなのですが、SSC P4 はLuxeon 用のリフレクターを少し削るだけで良いので Luxeon からの載せ換えがとても簡単なのでつい多用してしまっています。

昨日 TnC のキャニスターに SSC を使っって組立てた時にもリフレクターを僅かに削るだけで取り合えず上手くマッチしてくれました。

Posted by: イルミナム | April 09, 2007 at 21:33

イルミナムさんはSSC P4が好きですね
やっぱりLuxeonからの換装が容易なのがいいんですか?

以前イルミナムさんが行ったテストでは
SSC P4よりCREEの方が消費電力当たりの明るさが明るかったり、温度が上がって照度が低下する率が低かったりとLED自体の評価はかなりCREEの方がよく見えたのですが。

Posted by: takebeat | April 09, 2007 at 01:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/14604974

Listed below are links to weblogs that reference ARC LSH mod4 + TAP-2AA 三度目の荒くれMOD:

« UltraFire C2 CREE / Eastward YJ SSC Power -- 大陸系ライト 来襲!! | Main | ARC LSH mod4 + TAP-2AA 三度目の荒くれMOD データ編 »