« 壱式 ビッグブラザー アップグレードモジュール | Main | UltraFire C2 CREE / Eastward YJ SSC Power -- 大陸系ライト 来襲!! »

March 25, 2007

スーパーファイヤー SF-101 復活作戦

本来なら新型のスーパーファイヤーXを買ってレビューをしたいところですが、諸般の事情により出来ないでいるので、その代わりに SF-101 を復活作戦と名付け「荒くれMOD」することにしました。

  参考: オリジナルの SF-101 のレビュー

電池を Li-Ion 仕様にすることも考えられるのですが、先ずは簡単にできそうな LED 交換をすることにしました。

先ずは、LED に Cree XR-E スター を使うか SSC P4 エミッタを使うかを決めるためヘッドを外してリフレクターに SSC P4 と Cree をあてて見ました。SF-101 に使っている LED は Luxeon LD (Low Dome) なので 発光体の位置が奥まっているため、もしかしたら Cree の方がリフレクターと上手く合うかもしれないとも思ったのですが、・・・。

写真が無くてすいません m(_ _)m ・・・ Cree では正面から見た時、黄色い蛍光体の反射が見えません。一方の SSC は全体に薄いものの、オリジナルの Luxeon LD の場合リフレクター中央部分では蛍光体の反射が無いのでそれと比較するとかなり綺麗なスポットになりそうなことが予想できました。

その結果 SSC P4 がかなり上手くマッチしそうなので、SSC P4 明るさ U ランクエミッタに交換することにしました。

持っている SSC P4 がエミッタータイプのためスター基板が必要で、先ずはスター基板をきれいに残してエミッタを取り外すことにしました。いつもエミッタの取り外しの時はスター基板をペンチ2個で挟んで折って外すのですが、今回はスター基板を綺麗に残さなくてはいけないのでエミッタが壊れることを覚悟で外したのですが、予想どおりスラグ+発光体が残ってその他の部分が抜けてしまいました。結局スラグをニッパで何度もつまんで取り外しました。

 
3年半まえのライト SF-101 に付いていたランクは NX0K で色はニュートラルな白色ではあるものの、明るさランクが N ランクです。この N ランクというのは 350mA 時に 18.1 ~ 23.5 ルーメンです。一方、今回交換した SSC P4 明るさ U ランクは 350mA 時に 91.0 ~ 118.5 ルーメンなので単純に定格電流で明るさを比較すると4~5倍明るさです。このため、LED 交換により明るさがかなり期待できそうです。

 

 


写真左:荒くれMOD前のヘッド部分。 写真右:ナットを使って分解したところ。

 

SF-101 の放熱経路は、スター基板 → 金属板 → 六角穴のネジ(外周) → 本体 となっています。しかし、下の左側の写真で分かるようにスター基板は薄い金属板に接触しているだけなので放熱が十分とは思えないため、今回はセラミックグリスを付けました。なお、LED とスター基板とは間違いない絶縁のために熱伝導両面テープを使いました。

 

 

写真左:スターの様子。 写真右:スターに SSC P4 を付けたところ。

 

SF-101 への SSC はとても相性が良く、高さなどを全く調整不要です。またリフレクターが樹脂製のため LED 端子がリフレクターに触れてもショートすることはありません。

 

 

写真左:SSC とリフレクターの様子。 写真右:むしり取った Luxeon の残骸。


 
 
 
■ ビームショット

 ● 単四電池 3本(Ni-MH)

オリジナルの SF-101 のビームショョットはリング状の筋が幾つか出るものであまり綺麗な光の拡散ではありませんでした。しかし、SSC P4 は中心部分の色が少し黄ばみ系ではあるものの、綺麗なサークルとなります。

 

 

写真左:ビームショット。 写真右:同 20段階表示

 

写真左:260スケール 3Dグラフ

 
 
 
 
 
■ データ:中央照度 ( lx/50cm )と イルミナムインデクス


 単四電池 3本(Ni-MH)  9,200 lx/50cm 709,520
(参考)   
 オリジナル(アルカリ)  2,161 lx/50cm 172,147

 
いずれのデータも、オリジナルと比較して4倍以上の結果となりました。
 
 
 
■ まとめ

今回の「荒くれMOD」は、作業を始めてしまえば30分位で出来るとてもお手軽なモノでした。リフレクターが大きくスポットが強い傾向があるので近距離での用途にはそれほど使いやすい訳ではありませんが、明るくなった分遠方照射はかなり強力となりまた全体の明るさが上がったための周辺光も出てきて予想以上に具合が良く仕上がりました。

 
今回はかなりお手軽に現代版LEDライトに変身出来たので、この作戦は大成功という自画自賛状態となりました。

 
 
 
 
 
 
 
 

イルミナムのページ

|

« 壱式 ビッグブラザー アップグレードモジュール | Main | UltraFire C2 CREE / Eastward YJ SSC Power -- 大陸系ライト 来襲!! »

Comments

そう言えばbinを確認していませんでした。
で、SF-123のを見てみたらQX0H・・すみません。
たまたま大当たりの固体と比較していたようです。

しかしSF-101のリフは実に良く集光してますね~。
私はどちらかと言うと照らし派よりは飛ばし派なので、周辺光
など無くても遠方照射に優れるライトにソソられます。
寒い地域に住んでいるので今までニッスイ系は避けてたのです
が・・101も良いですねえ。

Posted by: etalight | March 26, 2007 at 18:03

森のプ~さんさん、こんばんは。

Li-Ion は ttp://www.illuminum-led.com/item/21led/21led.html#21led のような方法があるのですが、今回は Ni-MH でお茶を濁しました (^^;  しかし、18500(PILA 150A) の方が良さそうですね。


etalight さん、こんばんは。

SSC のスターは今回のような時には使い易そうですね。何といっても私の初期の SF-101 は 明るさ N ランクだったので、改善効果絶大でした (^^;

Posted by: イルミナム | March 25, 2007 at 21:33

SSC P4はLuxeon互換で使えるのが良いですね。
私も先日スターが届いたので試してみたらSF-123のコリにもSF-301の
リフにもほぼ合っているようでした。
スターはスラグの導通を気にしなくて良いのでまさにポンづけですね。
ただ後期のSF-123との比較では同binでも若干明るくなっていますので
感覚的にはSSC P4で50%増しくらいでしょうか。
配光が一回り広くなって室内で使いやすい感じでした。
ただ実際の運用では銀ペーストなどでボディへの放熱ルートを確保して
あげた方が良いのかも知れませんね。

Posted by: etalight | March 25, 2007 at 17:59

お手軽でいいmodですね。
新規にXシリーズを買うよりお安いですし。
うちのもやりまひょ!
ニッスイだと照度のだら下がりは防止できるし
Li-ionの150Aもアダプターとプラス端子の加工で
使用できますから完全復活ですね。

Posted by: 森のプ~さん | March 25, 2007 at 15:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/14380889

Listed below are links to weblogs that reference スーパーファイヤー SF-101 復活作戦:

« 壱式 ビッグブラザー アップグレードモジュール | Main | UltraFire C2 CREE / Eastward YJ SSC Power -- 大陸系ライト 来襲!! »