« FLuPIC でドロップインモジュール | Main | 珍しく霧 »

October 08, 2006

Pelican M1 を FLuPIC で荒くれMOD

先週に引き続き FLuPIC を使ってライトをMOD(改造)しました。

今回のベースとなるライトは、フィラメントライトの Pelican M1 3310 です。同型でLEDライトも有るのですが、このフィラメントライトは本体価格が特価だったことと、MODには最適だろうと思いました。そのライトに以前サンドイッチショップで買って持っていた Pelican Module Assembly (PM6) と FLuPIC を組合わせて組立ました。

FLuPIC には3Vのリチウム電池では暗いので、電圧の高い Li-Ion 電池の使用が前提となります。

Pelican のこのシリーズは、当初の構造がどこかの特許に触れたようで構造が途中で変更になりました。3年前の構造変更後の M6 はサンドイッチショップの PM6 モジュールがそのまま使える構造でしたが、現在の M1 の構造は以前ネジが切って有った部分のネジがそっくり無いだけの構造となっていました。このため、Pelican Module Assembly (PM6) はネジを削り落せばそのまま使えそうなことが分りました。


■ 工作

旋盤でネジ部分を削りその部分を 19.0mm 径としました・・・もう少し太くても良かったです(^^;

 

写真左:Pelican Module Assembly (PM6) 、写真右:今回使うリフレクターの McR-27 とネジ部を削ったモジュール。

 

写真左:モジュールが入る部分 左より旧 M6 、今回の M1 、写真右:M1 のフィラメントモジュールと今回使う部品。


構造から見るとどうやらこのまま組立てれば問題ないようなので、今回のモジュールには Luxeon III UX1J(先週は UX1L) を使って組立ました。

 

写真左:Luxeon、FLuPIC、PM Emitter board、Pelican Module Assembly (PM6)、写真右:エミッタボードを加工してモジュールに入れたところ。


配線を済ませた FLuPIC の写真は撮り忘れてしまいましたが、コード3本で配線しました。

また FLuPIC の放熱のためモジュールの中にセラミックグリスを適度に充填しました。以前はグリス1本分まるまる充填したのですが、今回は、約半分の充填にしました。グリスを介して FLuPIC 自体がモジュールに熱が伝われば良いので、今回は FLuPIC と LED 側の間には十分グリスを入れ、電池側のグリスは FLuPIC 周囲だけに押さえました。FLuPIC は配線により位置が固定されるように LED との配線は少し短めにしました。


  

写真左:今回の荒くれMODの構成部品、写真右:点灯状態。


今回の Pelican M1 荒くれMODでは Pelican Module Assembly (PM6) のマイナス接点がボディ端面と接触するのですが、電球モジュールと比較すると問題なさそうな位置関係ですが、実際には 1 ~ 2mm ほど長くする方が良い事が分りました。初めハンダを巻いてスペーサーにしてみましたが、剛性が無いのと接触も悪いので、0.9mm の銅線をリング状にしてみました。このスペーサーは無くても使えるのですが、ヘッド部分が締まりすぎるのとテールキャップのネジの掛かりが浅くなってしまいます。このスペーサーでヘッドの位置もバランス良くまとました。


 

写真:0.9mm の銅線リング




 
 
■ データ:

Max:   9300 lx/50cm
High:   4520 lx/50cm
Low:    504 lx/50cm


■ 試してみて・・・

M1 ライトはテールのスイッチがクリックONタイプとなっていますが、クリック感が無いのでちょっと変な感じです。ON/OFF/ON/OFF/ON/OFFでMAX照射となるなど、明るさ切替はちょっと手間がかかります。

今回使用したリフレクターは McR-27 なので弱いオレンジピール状です。これはツルツルタイプのモノより少しだけ拡散が多くなりますがリフレクターが大きいのでスポット傾向が強く遠距離照射が得意なタイプとなります。そういった使い方の場合 M6 のような握りの長さが無いためヘビーデューティな雰囲気に欠けますが、明るさモード切替も出来て M6 のコンパクト版としての面白さもあり大成功でした。

なお、このライトにはポーチが付属しています。

 
 
 
 
 

イルミナムのページ

|

« FLuPIC でドロップインモジュール | Main | 珍しく霧 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/12203017

Listed below are links to weblogs that reference Pelican M1 を FLuPIC で荒くれMOD:

« FLuPIC でドロップインモジュール | Main | 珍しく霧 »