« March 2006 | Main | May 2006 »

April 30, 2006

これが噂の ビックル だ!!

一気飲みで有名なビックル。私のお気に入りの1本なのですが、案外入手に苦労するそうなのでご紹介します。

全高 127mm、直径 62mm、内容量220gというデカ○クルト形状で、本体の素材はなんとガラス製で、○クルトの樹脂と比較するとかなり高級感があります。

これを一気飲みするにはお作法があります。ビックルの正しい飲み方の詳しくは、まんだらけTVの 4月23日(日)の「pures 終わらない僕たちの夜」 27分30秒あたりから説明されますので興味のある方はご覧になってください。


 

今回初めて気付きましたが、かわいいキャラクターが描かれています。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

April 25, 2006

GENTOS GTR-031T

Triton P1 に続いて単三電池1本のライトで、日亜化学工業さんの Rigel(リゲル)を使用したものを購入しました。

リゲルは日亜化学工業さんのパワーLEDであるジュピターに対し、セミパワーとでも呼ぶような 150mA 駆動が定格のLEDです。しかし、この定格電流で20ルーメンの出力なので3年前のランクの低い Luxeon I と同じ位のパワーだと思われます。

なお、ジュピターは木星、リゲル(源氏星)は最も明るい星と言われるシリウス(天狼星)に次ぐクラスのオリオン座の明るい星の名前です。余談ですが、日亜さんのネーミングにシリウスが無いのはどこか別の会社が商標を持っているのでしょうね、きっと。


さて、データは予想通り20ルーメンらしい良いデータでした。

イルミナムインデクス:
 GTR-031T アルカリ電池駆動・・・・278,092
      ニッケル水素駆動・・・・233,858

中央照度:
 GTR-031T アルカリ電池駆動・・・・2,071 lx/50cm
      ニッケル水素駆動・・・・1,602 lx/50cm

これらは Super Jupina (SJ-H2A) 2AA を上回った数字です。単三電池1本でかつニッケル水素電池も使えるためかなりのお買い得品でした。大きさが少し大きいのですが約2000円なので満足感は高いと感じました。自転車用などに最適かもしれませんね。


 

 

 


日亜さんのリゲルにはとても興味が有ったので、Triton P1 などを差し置いてデータを取って見ました。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

April 23, 2006

Harry Potter and the goblet of fire

先日発売になったDVDのハリーポッター炎のゴブレットを買ってきました。

まだ途中までしか見ていませんが、期待どおりかなり引き込まれています。

本当はホームサバーの話題の予定でしたが、また次ということで・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 16, 2006

Triton P1

単三電池1本のライトは電池の入手性や Ni-MH が使えればランニングコストが押さえられた上にコンパクトで性能も良いモノが多いのでかなり好きな部類に入ります。


そんな訳で、いつもの事ながら少々出遅れですが、Triton P1 が到着しました。

左から、単三型ニッケル水素電池、Cutdown MiniMag AA、INOVA X1、Triton P1、Fenix L1P、ARC AA、Silver AA です。TNC AA 、Yazawa LH-04、LED LENSER Vcube などはラインナップに入れ忘れました(^^;

今回はケース(Fenix のもの)が付いていました。

これもなるべく早くイルミナムのページにUPしたいと思います。

中央照度:いずれも lx(ルクス)/50cm

 ニッケル水素電池:639
 オキシライド電池:897

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2006

ROF-VOLT spec2

ROF-VOLT spec2 がやって来ました。ボルトナットのようにデザインされ、Arcmania 氏の Super Converter を使い、明るさが High/Low 切替の出来るライトです。

左から、VOLT spec2、Fire~Fly2 CR2 Body、Ichishiki-TA、Ichishiki-SA、CR2-Ion です。

なるべく早くイルミナムのページにUPしたいと思います。

スペックなど詳しくは、ROF factory の BBS で見ることが出来ます。


2006.4.16 edit
PS.
中央照度は、以下のとおりです。

 High mode 3,463 lx/50cm
 Low mode 302 lx/50cm

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 02, 2006

Fire~Fly 3

先日来た D. Speck さんの Fire~Fly 3 です。

取説、キーリング、ストラップ、ドロップインモジュールアダプターリング、おまけのキーライトです。これに下の写真の nano chager と RCR123 が付いていました。

マイコン入りの FLuPIC 電子回路がはいっています。このため、電圧の高い Li-Ion 電池が使え、標準モード( User Mode1 )では、ヘッド部分を短時間(0.8秒以内)に ON/OFF を繰り返すことで、Low Level → High Level → Max Level などモード切替が出来ます。点灯中に一回点滅をするとその Level で確定されるようです。

High Level と Max Level は中央照度で 2,192 (lx/50cm) → 3,846 (lx/50cm) と違うのですが、見た目では区別が付き難いように感じました。ちなみに Low Level では 346 (lx/50cm) でした。

左から、初代 Firefly、Fire~Fly2、Fire~Fly2 CR2 Body、Fire~Fly 3 です。この Fire~Fly 3 はリフレクター仕様です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »