« The CR2 Ion Flashlight その2 | Main | 万年筆って・・・ »

March 12, 2006

壱式 SA Limited ( Blue-Black Splash Anodized )

ぐにゅぐにゅという感覚とはちょっと違うようですが、ボツボツ・クネクネという感じでしょうか。この写真ではよく分かりませんね(^^;

 

パーカーの万年筆と壱式 SA Limited です。

|

« The CR2 Ion Flashlight その2 | Main | 万年筆って・・・ »

Comments

Silver さん、こんばんは。

> ステーショナリー、実は私も好きな分野なので

そうですか(^^)どこまで探し出せるか分からないのですが、ご紹介させていただこうと思います(^^;


chama’さん、始めまして、こんばんは。

やはり首からぶら下げるのは具合よさそうですね。私は展示会へ行くともらう首から下げるヒモをとってありますのでそれを使おうと思っています。

> 可倒式キーリングが外れたりしないか、かなり心配なのですが・・・・

そう言えば、某巨大掲示板でそこが外れて無くしてしまったと書き込まれたことがあったような・・・。そう簡単には取れそうも無いのですが。

Posted by: イルミナム | March 17, 2006 at 23:44

初めまして、こんにちは。

私もnyanmaruさん同様、いくら高いライターを買っても手元に残っていることはありません。
必ず失くしてしまいます。(汗)
壱式は私も絶対に無くしたくないので、粒々のチェーンで首から下げてアクセサリー感覚で
使用しております。実用的にも凄く使いやすいです。あっ・・あと、絶対に落としません!
可倒式キーリングが外れたりしないか、かなり心配なのですが・・・・
やはりリングは円形の物に変えたほうがいいのかもしれないですね!
ちなみにトゲ壱式も首から下げていますが、まだトゲで痛い目に逢ったことはありません。(^^)
また首から下げているとチョット嬉しいことがあります。
というのは、必ずみんなに何それって聞かれます。
そして点灯させると、この小ささで強烈な光・・・皆驚きます!
それがまた楽し~のです。(^^)v

Posted by: chama’ | March 17, 2006 at 16:09

こんにちは。

どちらもマーブル感が素晴らしい逸品ですね!

さて、ステーショナリー、実は私も好きな分野なので、ブログご掲載を楽しみにしております。^-^

Posted by: Silver | March 17, 2006 at 11:57

ひまぱのぱ さん、こんばんは。

万年筆は色々と使いましたが、このパーカーはなかなか良いです。一時期、会社で仕事のメモを取るのに随分つかいました。モンブランの軸の太いものと交互に使っていたのですが、デザインがモダン(死語ですね)なのでモンブランうよりこちらを使うことが多かったです。

しかし、今は、電池を抜いて保管中のライトのようにインクを抜いてしまっています。

今度、筆記用具の写真をブログに出してしまう予定です(^^;


nyanmaru さん、こんばんは。

そうですか、やはりライター無くしますか・・・。
私の親父も昔私が免税店で買ってきたダンヒルのライターを酔っ払って2個以上なくしていました。

壱式は無くしたら買えないのでストラップをつけて首から下げて使います(^^;

Posted by: イルミナム | March 15, 2006 at 23:35

皆さん、おはようございます♪

そうなんですよ!お気に入りのライターで火を付けたタバコは一味違います(笑
ところがこのところ酔っ払って立て続けにライターを無くしてしまい…今は100円ガスライターを使っています(汗
EDCしているライトだけは何があっても無くしたくないものです。

Posted by: nyanmaru | March 14, 2006 at 06:45

こんばんは。
なるほど、私もタバコを吸いませんのでよく分かりませんが、文房具にも言えますね。
筆記具でも、ただ書きとめるだけなら100円ショプのボールペンでも、どこかの景品のペンでも良いわけですが、書き味と持つ喜びを求めて深みにはまってしまったり。
パーカーの万年筆はいかがでしょう。

Posted by: ひまぱのぱ(p.himapa) | March 13, 2006 at 23:06

nyanmaru さん、ひまぱのぱ さん、こんばんは。

今回の壱式はとてもオシャレ仕様です。
良い道具は生活を豊かにしてくれると思います。

ライトはライターみたいですね。火を点けるだけなら100円ライターで十分なのですが、愛煙家はいろいろなライターで火を点けるほんの一瞬のための満足感を買っているのでしょうか・・・(タバコを吸わないので分かりませんが、私の親父がライターを集めていました)。

ライトも照らすだけならどれも同じですが、使う・持つ中に感情が入ってしまうようです。

写真は右サイドから補助光を使うベキだったのですが、また今度チャレンジして見ます >nyanmaru さん

Posted by: イルミナム | March 13, 2006 at 22:42

色合いで、同じライトでもずいぶん違って見えますね。
それにしても、おしゃれですね。
私はこんな生活してないなぁ。^^;

Posted by: ひまぱのぱ(p.himapa) | March 13, 2006 at 22:27

イルミナムさん、おはようございます♪

おおっ!壱式SAすばらしい!これなら思わず写真が撮りたくなりますね♪
(残念ながらわたくしはハズれてしまいましたが(涙))
ボツボツ・クネクネで揃えて…ちょっと露出が明るい方へ引っ張られてるかな…全てを綺麗に写そうと思うと難しそうです。

Posted by: nyanmaru | March 13, 2006 at 07:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/9059516

Listed below are links to weblogs that reference 壱式 SA Limited ( Blue-Black Splash Anodized ):

« The CR2 Ion Flashlight その2 | Main | 万年筆って・・・ »