« December 2005 | Main | February 2006 »

January 29, 2006

コリメータ群

自分のメモをかねて、光学系の整理をしました。

今回は、コリメータです。この他に、樹脂リフレクター群とアルミリフレクター群を予定しています。


左から、NX-01、NX-05、Fraen LP、Cutdown NX-05 (for Fire~fly)、Cutdown Fraen LP (for Fire~fly)、30mm コリメータ、Fraen FHS-HNB1-LL01-0、Fraen FHS-HWB1-LL01-H

今後、これらを同一条件で照射出来るような荒らくれ治具を作って比較写真を撮ってみたいと思います・・・・が何時出来るかは・・・(^^;

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 22, 2006

JIL 1.3W と Cab と単三電池

ひまぱのぱ さん より JIL 1.3W は単三電池1本でも光るのでは、との連絡を頂きました。そこで、遅まきながら実験しまた。

実は、Cab に単三電池1本で点灯しないことを確かめていたのですが、 Kroll switch に交換して試したところ ひまぱのぱ さん の仰るとおりちゃんと点灯しました。また、Cab 付属のテールキャップは接点が短く電池の端子と接触していないことが分かりました(^^; 


アルカリ電池と Ni-MH 電池を使い、Madmax Plus を入れた荒くれMODの TNC AA と比較してみました。電池はそれぞれ入れ換えて何度か測定しました。なお、JIL は点灯を開始すると LED が暖まり電流が流れ易くなるためなのか少し明るくなります。

ライト名アルカリ
Lux/50cm
Ni-MH
Lux/50cm
JIL Cab  809 611
TNC + MMP1,724 751

アルカリ電池 = 1.51V、Ni-MH電池 = 1.29V (JIL のコンバータはマイクロパックです)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 15, 2006

JIL Extention

先月の暮れ、バスとタクシーが来た。といっても、JIL Extention の Bus と Cab だ。

と言う訳で、JIL の単三用ボディが届きました。最近は CPF ナナメ読みのため、注文した後に Cab は単三用ではなく JIL Intelli の Li-ion 14500 用だと気付いたのですが、その時はもう Intelli は sold out になっていました。

しかし、このエクステンションボディを使って、いろいろ遊べそうです。

 

写真:上から JIL CR2 1.3W UP、Bus、Cab

グローパウダーが仕込まれたキャップの裏にはスポンジで絶縁されているので、電池ケースとしても使うことができます。

この JIL は、壱式とネジ径・ピッチが同じなので、壱式のベゼルでも使えます。壱式のコンバータが 1.5V に対応する場合(私の場合は、壱式 Ver2 のキットで作った Madmax Lite モデル)は、Cab に壱式のベゼルをねじ込むことで問題なく単三1本での点灯が可能となります。


また、キーリングの付いている部分は外すことが出来るので、Kroll switch を使うこともできます。

Cab は、本来は、JIL Intelli の Li-ion 14500 用ですが、JIL を荒くれMODしてMadmax+ を入れたり、Lux3 の Vf L ランク品+ Badbay を Li-ion 電池で駆動するなど、いろいろと面白そうな使い道が考えられそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 09, 2006

季節外れの大掃除で出てきたもの・・・

昨日今日と年末に出来なかった部屋の整理を行いました。今回は、今まで後生大事に取って有ったPCのパーツをどんどん捨てました。

10年ほど前に流行ったDOOMなどの本も出てきたのでそれも捨ててしまいました。DOOMは、当時小学校5年の息子とPC2台をシリアルケーブルでつないでネットワークプレイで遊んだ思い出深いゲームなのですが、ネットワークで遊ぶと面白さの次元が違うので子供がゲームにハマるといけないと思い封印してしまったという経緯があったのですが・・・。

さて、ゲームの話はさておき、まだ1/3位しか整理できなかったのですが、2年ぶり位に見る古いマイクロメータが出てきました。これは、私が中学生位の時に親父から貰ったものなのですが、その時すでにかなり古びていたのでおそらく50年以上昔のものではないでしょうか。

30年くらい前に油を注した記憶がありますが、その後手入れはほとんどしていないものの今でもちゃんと使えます。


USAと書いてあるので米国製のようです。校正していないので精度の方は??ですが、狂いそうもない構造なのでそこそこの精度は出ているのでしょう。

10年前のPCパーツやソフトは性能面でどうしようもないため再利用はかなり難しいのですが、良く出来た機械は50年経過してもしっかり機能するところが凄いと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 01, 2006

明けましておめでとうございます

旧年中はお世話になりました。

今年も宜しくお願い申し上げます。

 

| | Comments (13) | TrackBack (1)

« December 2005 | Main | February 2006 »