« 大きいの小さいの | Main | PLJさんとの照度測定比較表 »

December 22, 2005

UV LED

10月初めに福島のSさんから Nitride Semiconductors の 365nm (ナノメートル)のUVLEDを送って頂きました。この波長は可視光外の本当に紫外線の発光(放射)をするというものです。本当は、実際に放射されている波長測定をする予定だったのですが、知り合いのラボの予定が埋まっているため年内には測定が出来ないことが分かりました。このため、今回波長測定は、あきらめることにしました。

そんな訳で、違いが分かる方法は、bon さんの掲示板で belyo さんが新一万円札の印が 365nm では光り(日銀総裁印がオレンジ色に光る)400nm では光らないということを教えて頂いたので、私もその方法を取ってみました。
 

 

同封して頂いたスペック表を見ると、20mA で 363 ~ 370nm 指向性はグラフを見ると約 15 度くらい、出力はランク3なので 0.6 ~ 0.8mw らしく、形状は 5mm の金属管に入っています。

INOVA X5UV など 400nm 近いほとんど紫色の UV-A の一番長い波長側とは違い、中心波長は可視光を外れているほど短波長なので目にはほとんど見えないので、点灯状況が見え難いことが分かりました。(この波長の実測値は、http://illuminum.cocolog-nifty.com/led_light/2005/02/post_5.html にあります)

また、電源電圧を上げていくと波長は長い側にズレるようで、光が見えるようになるとともに、先の新一万円札の印が光らなくなります。

今回はこのナイトライドのUVLEDは3個も送って頂いたのですが、3個を上手く合成して出力させることが出来なかったため、1個では出力が弱く実験に無理があった(写真に写り難いため)のですが強行してみました(^^;

写真:ナイトライドセミコンダクターの 365nm UVLED1個で照明しました。
何とか日銀総裁印がオレンジ色に光っているのがわかります。


 

写真:イノーバX5UVです。
日銀総裁印は全く光りません。

 

写真:サンドイッチショップのUV19(クリーUVLED使用)です。
イノーバX5UV同様、日銀総裁印は全く光りません。


UVは波長が長くても出力が高いと遠くから照らしていろいろなモノがひかるので面白いのですが、雪目になる可能性があるなど使い方にも注意が必要です。また、一万円札の印のように 400nm 付近にピークのあるUVライトでは全く光らないモノがあるなどを知ると、ナイトライドのUVLEDでいろいろ照らしてみたくなります。ナイトライドのLEDはライトに組み込みいろいろなものを照らして試して見たいと思います。

また、ナイトライドのUVLEDは可視光が少ないので発光している様子が良く分かりません。やはり、belyo さんがやっていらっしゃるように、蛍光シート(ルミノーバなど)のインジケーターが有った方が良いとも実感しました。

Sさん、今回はありがとうございました。

|

« 大きいの小さいの | Main | PLJさんとの照度測定比較表 »

Comments

Inquiring about wholesale prices for the 12 led, 14 led, and 21 led flashlights.
And info on minimum order if any. I need to supply these to my customers and distributors.
Kind Regards,

Joe Imler

Posted by: Joseph Imler | October 28, 2006 at 10:59

カトキチさん、こんにちは。

そうだったのですね、ノーマークでした。
テスターで確かめると、確かにアノードと金属ケースに導通がありました (^^;

情報ありがとうございました。


さと さん、こんにちは。

UVの用途はいろいろと有るのですね。

こんど鉱物標本を照らしてみようと思っています。

ありがとうございました。


Posted by: イルミナム | December 23, 2005 at 14:09

イルミナムさん、こんにちは。
UVLEDは遊んでて面白いのですが、なかなか実用的な使い道が思いつかないのが難点ですね。
…一度はサソリを照らしてみたいのですが、なかなかそんな機会には恵まれません(^^;

現実的には、ナイトライドのUVLEDを使って冷媒配管のリークテスト用(配管回路内に蛍光物質を入れ、一定期間装置を運転した後に外部からUVを照射して蛍光物質の侵出箇所を検出する)のUVライトを試作してみましたが、指向角が狭すぎるのと絶対的なUV出力量が少ないなどのため、イマイチな感じです。(^^;
しかし以前は光源としてHIDなUVライトを使用していた(バラスト、投光ユニットがデカくて重い、最大出力に達するまでの時間が長い)ことを考えると、格段に機動性は良くなりましたが。

Posted by: さと | December 23, 2005 at 13:02

ナイトライドのUVは金属の外径皮膜とアノードに導通があったと思うので、何かに組み込む時は気を付けて下さい。

Posted by: カトキチ | December 23, 2005 at 01:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/7783565

Listed below are links to weblogs that reference UV LED:

« 大きいの小さいの | Main | PLJさんとの照度測定比較表 »