« My knives Story その3 (Swiss Army Classic) | Main | My knives Story その5 (Gerver) »

September 18, 2005

My knives Story その4 (Spyderco)

今週は、もう使わない可能性が高いナイフをご紹介いたします。


そのナイフは「栗割り1号」と呼んでいたスパイダルコのハーフセレーションです。

なぜこのナイフはもう使わないのかと言いますと、栗(天津甘栗)の皮を剥くことがもうなさそうだからです。

天津甘栗の皮は爪で横に割りを入れて皮を剥きますが、プラスチックの爪を指の腹で押し付けると割りが入るというツールもありました。そんな訳でセレーションナイフを栗の横に押し当てると簡単に程よく割りを入れることが出来ることに気付きました。
 
そこで、ちょうど持っていたスパイダルコのハーフセレーションが最適なことが分かりました。

 

 

刃渡りは約65mmです。

 

なぜ1号かと言いますと、天津甘栗は大好物でかなり食べていたため、将来もっと良いナイフにめぐり合えばそれが2号となるかもしれないと思ったためです。
 
はかない些細な夢は「甘栗むいちゃいました」に負けちゃいました(^^;
 


大きさ比較です。上の電池は単三電池です。
今のところスパイダルコはこの2個です。

 
今考えると、黒いブレードは清潔感ではちょっとマイナスでしたね。4~5年くらい前は全く気にしていませんでした。なお、このナイフを何時ごろ買ったかはすっかり忘れてしまいました。数年間は使っていたハズなので8年ほど前でしょうか・・・(^^;

 
ブレードのホールを親指と人差し指でつまんでシュッと振って・・・ハンドルが軽いので上手く開きません_| ̄|○
 

|

« My knives Story その3 (Swiss Army Classic) | Main | My knives Story その5 (Gerver) »

Comments

昼行灯 さん、こんばんは。

了解です。私は、ブレードの手入れをしていて手を切るレベルですので基本に忠実に両手で開閉をします。


と言うわけで G3さん、私は今までどおり両手で・・・・(^^;

改めまして G3 さん、シャープナー情報ありがとう御座います。早速 google してみました。いろいろな断面形状のモノがあるのですね。その中で スパイダルコ セレーションシャープナー というものは、30年前に買ったスイスアーミーの革ケースに刺さっていたシャープナーとそっくりです(L の形状で長さが短い)。・・・・そう言えばあのケースとシャープナーはどこに行ったのだろう・・・


Posted by: イルミナム | September 20, 2005 at 23:13

 こんばんは。
 黒い方は、とってもスタンダードな形でいいですね。デリカでしょうか? 
 
 スパイダルコは片手操作が基本ですよ! 穴に親指を引っかけてすっと・・・ G3、調子にのって何回か指切ってます。安全一番で使用しましょう  笑)

 あと、シャープナーは純正のものが(高いですが)売られています。
 

Posted by: G3 | September 20, 2005 at 19:30

イルミナムさん こんばんは
ちょっと補足させていただきます。
振り下ろして畳む方法は、やはり危険が伴います。
そして根元部分とはいえ、刃が移動する先に指を置くのも、刃物取り扱いの基礎的なルールに反します。
その事は充分承知の上で、且つ何度も痛い目にあってきた上で自分は行っておりますが
やはり簡単に人に薦められる内容ではありません。ちょっと迂闊でした。

Posted by: 昼行灯 | September 20, 2005 at 19:09

昼行灯 さん、こんばんは。

振って開くのは結構難しいので練習しないと出来ませんよね。練習中にブレードのホールをつまんでいた力が少し緩むとナイフが飛んでしまいます・・・・アブナイ・・・(^^;

そんな訳でムリせず両手で開閉しています(^^)

しかし、ロックを外しながら振り下ろすのは知りませんでした。今度練習してみます。


nyanmaru さん、こんばんは。

セレーションでは、硬い物は切らないのでめったには研がないのですが、研ぐ時はランスキーの三角砥石で研いでいます。また、たまにセラミックの丸棒で擦ってタッチアップしています。

Posted by: イルミナム | September 19, 2005 at 20:38

イルミナムさん、こんばんわ♪

おっ!今度はスパイダルコ…色々なナイフが並べてあっても、スパイダルコのナイフはその独特な形状から一発で分かりますね♪

…と言ったものの実はスパイダルコのナイフは持っていないんですよね。デザインが嫌いとか、そんなことは無いんですが、何故か今まで縁がありませんでした。(考えてみると不思議です)

イルミナムさんのスパイダルコを拝見していて、ちょっと気になったのですが、セレーションになっているナイフ…これって研いだりできるんですかね?
刃の形状が複雑(断面も含めて)だと、私のような素人にはとても研いだりできそうな気がしません(汗
その上、黒だと…表面処理まで研いじゃいそうで、ボロボロになりそうな予感がします(笑

Posted by: nyanmaru | September 19, 2005 at 20:21

はじめまして
昼行灯と申します。
私もスパイダルコのナイフは好きで大小何本か愛用しております。

「釈迦に説法」みたいで恐縮なのですが
スパイダルコの、このクラスのものはハンドル材が軽量なので
ハンドルを振って刃を開くのは困難かと思われます。
サムホールに親指の腹を当て、そのまま素直に開いた方が
静かに且つ確実に開けると思います。
油断すると親指の腹をスライスしてしまうこともありますが・・・。

私は自己流ですが
刃を畳む時にはロックを外しながら振り下ろし
慣性で刃を回転させてリカッソ(刃の根元)を人差し指の爪で受けて一旦止め
持ち直して静かに畳むようにしています。
慣れれば片手でスムーズに開閉出来ます。
(でも写真の下にあるスケルトンタイプは無理ですね・・・。)

Posted by: 昼行灯 | September 19, 2005 at 15:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/6005922

Listed below are links to weblogs that reference My knives Story その4 (Spyderco):

« My knives Story その3 (Swiss Army Classic) | Main | My knives Story その5 (Gerver) »