« 砲弾型 LED ライト見直し 大作戦 番外編 | Main | ちょっと気になるLEDの光のお話 その2 »

March 09, 2005

今、CPF ( Candle Power Forums ) が面白い?

インターネットが盛んになってきて、ネットを使った新たな商取引が様々な形で生まれると言われ、その通りになってきました。(日本ではたしか、97年をインターネット元年と呼んでいたハズです)

そんなネットビジネスで、ネットオークションを含め今までと違った形のビジネスが独自の形で広がって来ているように思います。

また一方、商品そのものは、品質の差が少なくなり機能差だけでは価値観を高めることが出来ず、価値観の中身がブランドやデザインといったメンタルな部分に大きく影響されるようにもなって来ました。


そんな、商取引の形態や商品が変化している時代のビジネストレンドの教科書に出てくるような例では、と思うような企画が今 CPF ( Candle Power Forums ) で進んでいます。


英語の出来ない私にも様子は分かるので、盛んにウオッチしているのが、V.I.P.LionHeart の作者の MR Bulk 氏( MR Bulk がハンドル名なのであえて氏を付けています)と米国の販売店の TACTICAL WAREHOUSE との ある 試みです。(もっともこのような方法は私が知らないだけで、米国では一般的なのかもしれません(^^; )


それが、LEDライトの Lion Cub の販売です。

今年 (2005年) 2月22日に TACTICAL WAREHOUSE から 200 個の限定販売(2色各 100 個でシリアルナンバー入りの限定品)を行うというアナウンスとともに、欲しい人は名乗りを上げて送料別の299ドルを支払って欲しいという発表がありました。

http://www.candlepowerforums.com/ubbthreads/showflat.php?Cat=&Board=UBB10&Number=884891&page=0&view=collapsed&sb=5&o=&fpart=all


限定品の予約販売は、別になにも新しいことではないのですが、ここで「試み」と私が呼んだのは、この時点でどのようなLEDライトなのかが全く知らされていない状況からのスタートだったからです。


私の英語力が弱いためにその形や仕様へのアナウンスを読み切れない部分もありますが、おそらく直前モデルの LionHeart の弟分だと言う程度しか分からなかったと思います。

そして、3月初めにUPされているリストを数えてみたところ、200個中149個に予約が入り、100個に送金済みという状況になっていました。

http://www.candlepowerforums.com/ubbthreads/showflat.php?Cat=&Board=UBB10&Number=886810&page=0&view=collapsed&sb=5&o=&fpart=1


その後、3月4日(米国時間)に、ボディ外観の断面図、3月7日(米国時間)には待望のボディ試作外観(削りもの)が公開となりました。

http://www.candlepowerforums.com/ubbthreads/showflat.php?Cat=&Board=UBB14&Number=897831&page=0&view=collapsed&sb=5&o=365&fpart=1

今回の Lion Cub には、3つのポイントが有るように思います。

一つは MR Bulk 氏のブランド力を利用した限定品販売、もう一つは TACTICAL WAREHOUSE という販売店での事前集金(これにより、個人への支払いよりリスクが少ないと考えられます)、そして3つ目はモノを見せずに期待感を煽りながらどのようなモノかを想像させるゲーム性、だと思います。


MR Bulk 氏のブランド力は知る人ぞ知るといったすでに十分な知名度と品質があり、その人の作る限定品はそれだけで価値が有るように思えます。

事前の集金は集まった資金を元手に部品手配や加工を行うのことが出来るので有った方が便利です。しかし、個人ではいろいろな意味で大変なので、販売店が信用と作者の負担軽減をになったとも考えられます。本来ネットでは、製造元が流通を通さずに直接顧客とやり取り出きる事がメリットですが、規模が大きくなってくるとネットであっても中間に信用と手間を負担する業者が介在することが出来る例なのではないかと思います。もっとも TACTICAL WAREHOUSE の信用度合いは私は把握出来ていません・・・(^^;


ゲーム性の方は、変な例えになってしまいますが、ゴルフ場でゴルフをする時は、往復の交通費とプレー代が、1日の運動とプレーする楽しみとに交換されるのですが、そのような1日で消えるお金と同じようなお金の使い方が、このライト代に入っていると考えられるのではないでしょうか。


そのような3つのポイントがある今回のライトは、CPFのスレッドをまだかまだかとワクワクしながら見て、出て来る情報に一喜一憂するような楽しみと ライト を299ドルで如何ですか、と言う提案だったのではないではないでしょうか。


なお、これを高いと思うかそうでもないと思うかは、このようなことが好きかそうでないかが違うというだけで、好きで参加し支払った人がすでに100人(予約はさらに49人)いたということですが、これが多いのか少ないのかは現状では何とも言えないと思います。

しかし今回の量は、感覚的には製造業者であれば大変に少なく、個人としてはそこそこ多く、販売店としては、200個完売となるでしょうから600万円の売り上げということで、1ショップの一回の扱い額としては十分な金額だと思います。そして、今後も手を変え品を変えて仕掛けて行けばそこそこの事業になる可能性があるのではないでしょうか。


ところで、モノが出来上がった時に参加者が満足しなかったらキャンセルが出たり、オークションに直ぐに売り出したりする人がでるのでしょうね・・・。MR Bulk 氏は、多くの人の期待に間違いなく答えないといけないので結構プレッシャーではないかといらぬ心配をしてしまいます。

なお、TACTICAL WAREHOUSE は直接の海外出荷はしないので、輸出業者さん CPF の有志の方 が日本へ転送してくれるようです。このため、はじめに支払う送料は TACTICAL WAREHOUSE から輸出業者さん CPF の有志の方 への送料となり、別途海外出荷費用が掛かるようです。


なお余談ですが、広告ではギリギリまで商品を見せず隠し、どのようなものかを期待させ関心が高まったところでお披露目するという手法はたまに見かけます。手法としてはかなり古いものですが、今回はネットでそれを仕掛けたということだと思います。コンサートなどでも演奏内容を当日まで知らせないというものなどありそうですね。いずれにしても、私も支払った好き者の一人として Lion Cub を引き続きウオッチして行きたいと思います。

|

« 砲弾型 LED ライト見直し 大作戦 番外編 | Main | ちょっと気になるLEDの光のお話 その2 »

Comments

この記事で触れた TACTICAL WAREHOUSE の商品を日本に送ってくれる方は、輸出業者さんではなく ボランティアのように活動している CPF の有志の方 だったと分かりました。

情報を下さったT様ありがとう御座いましたm(_ _)m

Posted by: イルミナム | March 13, 2005 at 23:27

kon さん、こんにちは。

その後、電子基板の写真、LionHead の3Dグラフィック、ナーリング(ローレット)付きボディと進んできましたね。

どんなものになるのでしょう。結構サプライズを感じながら楽しんでいます。

一緒にワクワク・ドキドキしましょう・・・・(^^;

Posted by: イルミナム | March 12, 2005 at 19:20

Illuminumさま

この記事を読んで、思わず支払ってしまいました。いつかは、自分で作ってみたいと思っているライト入門者です。

Posted by: kon | March 12, 2005 at 15:32

Silve さん、こんにちは。

色々な意味でお一人でこなして行くのはご苦労が多そうですね。

これから Silver-AA など頑張ってください。応援しています。

Posted by: イルミナム | March 11, 2005 at 00:01

こんにちは、Illuminumさま

この頒布方法、ゲームみたいで面白いですね。
私も少し数を作るMODの場合は方法に悩むことがあります。
基本的には製作完了後の後払い方式なのですが、部品調達費用も結構大変で、資金繰りに困った時には受注時先払い方法を取ることもあります。^^;

Posted by: Silver | March 10, 2005 at 09:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73650/3227514

Listed below are links to weblogs that reference 今、CPF ( Candle Power Forums ) が面白い?:

« 砲弾型 LED ライト見直し 大作戦 番外編 | Main | ちょっと気になるLEDの光のお話 その2 »